記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

09 << | 2017/10 | >> 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怒濤のノリノリアルバム

新譜が出ると聞いていて、出てみたら新曲+ベストでした。過去に2枚しかアルバムを出していないのにもうベスト。それも前回は5曲入りミニアルバムでした。3曲の新曲を含めて16曲も入っていて、正直、これを買ったらよほどのファンでもない限り過去の2枚は買う必要はないと思います。売り手としては「過去の2枚はいいから、とりあえずこれを聴いてくれ!」ということでしょうか。そのミニアルバムからは1年9ヶ月ぶりでもありますから。
8月8日、つまり北京オリンピック開催に合わせて発売され、タイトルも「Jillympics」。しばらく時間が経てば古くさく感じそうな安易なタイトルですが、香港もそれだけオリンピックに沸いていたのでしょうね。

「Jillympics」2008年8月 →試聴と歌詞  →iTunesストア試聴

Jillympics 01. 聽得見的青春
 02. 因獸鬥
 03. 小圈子 MV
 04. 傻女 MV
 05. Get Out MV
 06. Lonely MV
 07. Axel F
 08. Heartbreaker MV
 09. De Ra Go
 10. Mon Saturday
 11. 可可 MV
 12. 意料之外
 13. Funny Jealousy MV
 14. 隨時忘記
 15. Be A Man
 16. Wordy Rappinghood

さて、その内容ですが、新曲3曲は雷頌匇 (マーク・ロイ) 作曲によるもので、どれも思いっきりポップな曲です。1曲目などはperfumeのようなボイスエフェクトで始まり、ハイテンポでありながら歌い上げていて、ジルの歌のうまさを堪能できます。2曲目は80年代のシンディ・ローパーへのオマージュともとれる曲で、3曲目も含めていつもながら妙ちきりんなフレーズが出てきてユニークなアレンジです。
4曲目「傻女 (バカ女)」は、双子の姉である衛蘭 (ジャニス) のコンサートに合わせて昨年出たシングル曲で、1987年に陳慧嫻 (プリシラ・チャン) が歌った曲のカバーです。
以下の12曲は過去のアルバム16曲からの選曲で、まあ、ほとんど過去の曲が入っていると言ってもいいのですが、ジルは元々C-POPでは珍しいハイテンポな路線で、その中でも少しでも「ノリノリ」を阻む曲を排除した選曲になっていて、曲間も短く、たたみかけるように曲が流れてきます。スローテンポの「Get Out」や「Lonely」も入っていますが、これはファンにとっても外してほしくない曲ですし、このアルバムの色合いを裏切ることのない選曲になっています。
全体にR&Bやヒップホップをベースにしていますが、11曲目カリビアンな「可可」と、15曲目ロック系の「Be A Man」が特に私のお気に入りです。

このアルバムが出たときは「なんだベストか」と思いましたが、1枚のアルバムとして聴いてみると、なかなか強力なアルバムになっています。

さて、ジルのアルバムが出たということは、そろそろ姉のジャニスのアルバムも出るのかな。

※追記 : 1曲目「聽得見的青春」はJ-POP元気ロケッツの「Heavenly Star」のカバーでした。

衛詩 次の記事へ
衛詩の1回目へ
姉・衛蘭の全記事へ

関連記事


テーマ : 香港ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 衛詩 ジル 衛蘭 ジャニス 香港女性歌手 CDレビュー Amusic


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。