記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
許慧欣の1回目へ
麗しきイボンヌの華麗なる世界が…

イボンヌの新譜はいつ出るのかと思っていたら、遅れに遅れた上、なんのアナウンスもなく出ていました。ただしアルバムというより、新曲3曲入りシングルにMV集のDVDが付いたもの、というか、ベストMV集にオマケでシングルが付いた内容です。
イボンヌは昨年腰を痛めて(椎間板ヘルニア?)長期療養していたのですが、昨年の10月には完治して復帰しています。普通のアルバムは出せなかったのでしょうか。今回のものはちょっと間に合わせ的に出された感はありますが、イボンヌのことをあまり知らない私にとっては、ベストMV集はとても楽しめました。MVは新曲3曲も含めて15曲も入っています。

eVonne_03「欣的記憶」DVD+EP 2008年7月

DVD (新曲3曲含むMV集)
 全15曲
 曲目はこちらで

CD (新曲)
 1. 記憶鋼琴
 2. 萬眾矚目
 3. 純屬意外

MV集を観て思いました。イボンヌとはこんなキャラだったのですね。お嬢様っぽい感じはありましたが、白雪姫と呼ばれているだけあってこれはもうお姫さまです。
クラシックバレエにピアノ。子供の時から習っていたのでしょうか。特にバレエはMVのそこかしこに出てきます。イボンヌはヒップホップ系のダンス曲も売りのひとつのようですが、そのダンスもバレエの影響か、どこか身のこなしが優雅で品があります。「イボンヌ」というフランスっぽい名前が付けられたのがなんとなくわかりました。

eVonne_04新曲の「記憶鋼琴」はまさにイボンヌにぴったりの麗しきバラードです。そのMVがとにかく素晴らしくよくできています。私の中では最近見たMVのベスト1と言ってもいいかも知れません。この曲には「忘れじのピアノ」とか「想ひ出のピアノ」なんていう邦題を付けたくなりました。特にその曲と「孤單芭蕾」「威尼斯迷路」の3曲のMVを観れば、華麗なるヨーロピアンな世界へといざなわれます。
他の曲もイボンヌが恐いほど低い声で歌っている曲や、そのか弱い声でシャウトしている曲など、これは本当にイボンヌの魅力満載です。曲のベストでもありMVのベストでもある内容は、とても見ごたえ聞き応えがあります。そして、見る限りほとんどのMVには破格の予算がかけられています。

MVと言えば黄中平 (ホァン・チュンピン) 監督。2曲出てきました。「愛情抗體」と「兩個人的下雪天」。売れている歌手でこの人に撮られていない歌手はいないのではないかと思うほど、どこにでも名前が出てきます。ただしこの人が撮るものはなぜかほとんど低予算のMVで、豪華なセットやCGは出てきません。

ところで前のイボンヌの記事でも簡単な彼女の経歴を書きましたが、イボンヌはアメリカテキサス州東部の小さな村で生まれました。そこでバレエやピアノを習っていたと言うのは、もしかしたらその村で1番の金持ち一家だったのではないかなどと想像してしまいます。
このMV集でイボンヌの魅力に引き込まれてしまった私は、またいつものクセでいろいろ空想してみました^^。

題して……
小説・イボンヌ物語

アメリカはテキサスの片田舎。
地平線の果てまで続くような農園。
その中にたたずむ白亜の豪邸。
そこには、地主である中国系の一家が住んでいました。
その一家の3人娘は容姿が美しく、特に真ん中のイボンヌは、色白で美しい肌をした天使のような娘でした。しかし、村人がその姿を見るのは、朝その娘が学校へ向かうときぐらいでした。
それも、家のドアを出たイボンヌに、ばあやが日傘を差しかけ、家の前に停められたロールスロイスに乗り込むまでのほんの数ヤードのあいだです。
運転手のボビーは、イボンヌに少し気があるようでした。
幼い頃からイボンヌは、自分の祖国は台湾だと両親に教えられて育ちました。
20歳を過ぎたイボンヌは、ある日言い出します。
「私、台湾へ行って歌手になる!」
ママは卒倒しました。
パパは青筋を立てて怒りました。
「そんなことは許さん!」
「私もお姉ちゃんと一緒に台湾へ行って歌手になりたーい」と騒いだのは、末娘のアイビーでしたが、これはパパの一括で黙りました。
運転手のボビーも反対しました。
「そんな遠い東洋の島国なんかに行ってどうするんですかお嬢様。ずっとここにいてください!」
しかし、ばあやだけはイボンヌの味方でした。
「イボンヌお嬢様はもう大人ですよ。可愛い子には旅をさせろと言うじゃありませんか」
長いばあやの説得と、イボンヌの一途な想いに両親は根負けしました。
かくしてイボンヌは単身、未だ見ぬ祖国台湾へと向かう飛行機に乗ったのでした。
いや、それを影から見守るばあやも、実はその飛行機に乗り込んでいたのです。
そして、少し遅れてボビーもアイビーとともにそのあとを追いました。

                            つづく… (うそ)

YESASIA: 欣的記憶 (影音DVD + CD)


関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 許慧欣 イボンヌ・シュー 台湾女性歌手 音楽映像レビュー アメリカ出身 CDレビュー


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

いろいろとまとめて注文しようと思ってまだ手元にないです><
新曲はイボンヌらしい2曲も良かったですが“純屬意外”の軽い感じも気に入りました。

小説、良くできてますね。続きもお願いします^^
この内容でMVも作ってほしいです。

Untitled

e-68「純屬意外」もいいですね。70年代後半のアメリカン・フォークみたいです。

小説の続きはむずかしいです^^。だんだん現実に近づいていきますから。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。