記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

09 << | 2017/10 | >> 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GoogleマップやGoogleEarthを使ってのMVのロケ地探し。前回の続きです。
最新のMVのロケ地探しでネックになるのが、現時点でGoogleマップの台北衛星写真の2006年という古さと、ストリートビューも多くが2009年の初めから更新されていないことです。今回もそれで一部手間取ったところがありました。



■杭士琁 (オリ・ハン)「Go Go Fighting」MV …YouTube
 アルバム「首張同名全創作專輯」(2012年5月) より。 →CDレビュー

【後編】 →前編へ
撮影隊は「第1エリア」から1Kmほど北東へ行った「第2エリア」へ移動してきました。きっとこのあたりのどこかで大急ぎで昼メシを食って午後1時過ぎ頃から撮影を開始したと思われます。(影の向きから見た推測ね)
 ※各ストリートビュー画像はストリートビューにリンクしています。

このエリアを見つけたのはこのカットに見える「九信松山分社」の看板を検索したことからです。(「九」は別のカットで判読できます)
Google31-0

Google31-02これをマップ検索するとすぐに出て来ました。
そしてここからストリートビューでうろうろしてみると、芋づる式に次々ロケポイントが見つかったのです。

「第2エリア」をマップにしてみました。  ※Googleマップへ
Google31-03

この画面の上下が丁度200mです。この「第2エリア」を更に分けると「荘敬路エリア」「防空洞跡エリア」「四四南村エリア」「公園エリア」に分けられます。

■記事内ジャンプの目次を作りました。
荘敬路エリア
防空洞跡エリア
公園エリア
四四南村エリア
街の風景
カメについて
オマケ

※追記(2012/08):「節々が痛い」のHOさんがこのロケ地を直接取材してこられて、ストリートビューでは見えない部分なども写真を撮っておられます。
ロケ地探訪の旅 (Oli Hang 「Go Go Fighting」MV その1) - 節々が痛い。
ロケ地探訪の旅 (Oli Hang 「Go Go Fighting」MV その2) - 節々が痛い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■荘敬路エリア
まず九信松山分社の斜向かいの公園っぽい林。
Google31-04
この林は敷地内にストリートビューが入れます。
ここで撮られた主なカットがこれらです。
Google31-05 Google31-06

林の前の歩道はほぼ同じポイントにビューがありました。
Google31-07 Google31-08

更に九信松山分社からカメラをバックさせた画面のこの左側の歩道。
Google31-09
林からバス停附近までのこの歩道で、ウサギちゃんとカメの追いかけっこが全て撮られています。以下が主要なシーンで、女の子もOliも「違う日」を表現するためか、ここでの撮影中に1度着替えています。
Google31-10 Google31-11
Google31-12
Google31-37 Google31-38
ほぼストーリーの順に撮ったようで、この歩道のシーンだけを見ていくとどんどん陽が傾いて、最初は陽が当たっていた歩道もビルの影に隠れていきます。最後に女の子にウサ耳を渡すあたりでは背景の日差しを見ると夕方5時近い感じです。ここから撮影隊と太陽の追いかけっこです。きっと監督は焦っていたことでしょう。撮影の量から考えて「第1エリア」での撮影は午前10時頃には終わらせてこちらに来るはずだったのではと思います。

↑「第2エリア」マップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■防空洞跡エリア
上記歩道のすぐ隣のこの公園のようになっているところは、あまり情報が出てこないのですが、戒厳令時代の防空壕を保存して公園にしたもののようです。ストリートビューでこの敷地に入っていけます。
Google31-13

この金網はその通気孔らしきところです。この構造物はたくさんありますが背景の建物(好丘)でここだと判ります。
Google31-14 Google31-15
エリアごとにOliは着替えていますね。

その金網のところから左を見たのがこのカットで、ベンチらしき黒い棒があります。
Google31-16 Google31-17

カメが歩いているのは、三角丘のてっぺんにある構造物のどこかです。
Google31-18 Google31-19
カメの影が短いので、前記歩道のシーンを撮影中に出演者の着替え待ちのあいだに撮ったのかも知れません。

さて、監督はきっと焦っています。隣の四四南村というところは後回しにして、陽が落ちないうちに先に公園エリアへ向かったと思います。公園は木で覆われていて暗いので、早く撮らないといけません。

↑「第2エリア」マップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■公園エリア
ここはストリートビューは入れませんが、道路から覗けます。
この鉄棒はきっと公園の中だろうなと、思った通りにありました。
Google31-20 Google31-21
このOliの顔を見ていると彼女のキャラの一端が見える気がします。

カメがウサギ跳びをするのもこの公園です。ここではかなり暗くなっています。
Google31-22 Google31-23

さて、この黒いフェンスのある歩道とアスレチック遊具が見当たりません。撮影の段取りからしてこれらだけを離れたところで撮るとは考えられません。
Google31-24 Google31-25
手掛かりとなったのは背景に写る緑色のひさしのアパートです。

Google31-26公園の向かいにこのアパートがありました。
ストリートビューは現時点で2009年2月のもので、まだフェンスや遊具が出来ていなかったのです。

この工事用のフェンスらしき向こうにそれらが出来ているはずです。
Google31-27
何年か経ってこの画像をクリックしたら更新されているかも知れません。

↑「第2エリア」マップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■四四南村エリア
ここも戒厳令時代の建物を保存したもので、今は公民会館になっていて、博物館や展示スペース、「好丘」という時々ライブもやるレストラン&雑貨店が入っています。ここもストリートビューが入れます。
Google31-28

イベントがあるときは広場に屋根が設置されるようで、前述の金網のシーンのバックにこの屋根が写っていて、人が賑やかに動いています。
Google31-29 Google31-30

MV冒頭で街の風景の一つとして映るこのカットは、イベントが行なわれていない別の日に撮られたことが判ります。
Google31-31 Google31-32

で、この四四南村の裏口前で撮られたのが…
Google31-33

後半の歌い踊るシーンです。
Google31-34
たぶん外の撮影では最後に撮ったものでしょう。左上に木漏れ日が見えていますが、これはPhotoshopのレンズフレアというエフェクトを合成したものです。この画面は北を向いています。Google31-35窓の明かりがけっこう明るく見えるので周りは少し薄暗くなっていたはずで、もうこの感じは陽が落ちかけています。光でも合成しないと雨が降りそうな画面にも見えたからでしょう。
外での撮影はこれで時間切れで、もしかしたら撮れなかったシーンがあるのかも知れません。

Google31-36さて、この室内シーンの場所は断言出来ませんが、ドアの色の感じや撮影の段取り的にも四四南村の中ではないかと思います。窓の外は陽が暮れているのでここを最後に撮ったのでしょう。ここで何カットか撮られていますので、撮影終了・撤収は午後8時頃というところでしょうか。お疲れさまでした。
 (→四四南村情報
↑「第2エリア」マップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■街の風景
MV冒頭に街の風景がたくさん映りますが、多くが「第2エリア」で撮られていて、それらはほとんど場所を確認出来ました。
Google31-39 Google31-40

この木はたぶん、              これです。
Google31-41 Google31-42

エリア以外で撮られたものもあり、この3カットは場所を確認出来ました。
Google31-43 Google31-44
Google31-45 Google31-46
Google31-47 Google31-48
台北では自転車のレンタルが出来るのですね。(→レンタルサイクル情報

それでこのMV中全く確認出来なかったのはこの2カットだけです。
Google31-49 Google31-50
左のヘビイチゴらしきものはおそらく防空洞跡だろうとは思います。右はお店のウインドウに瓦屋根が写り込んでいますので、四四南村の「好丘」のレストランかも知れません。

これら街の風景は明らかに別の日に撮られています。まず天気が違うのと、これまでの撮影スケジュールを見るとこれらを撮っているゆとりはないでしょう。おそらくロケハン(ロケ地探し&下見)のときに撮ったと思われます。このMVの画面の質感からしてキヤノンの一眼レフカメラEOS-5Dあたりを使っているようなので、監督が街を歩きながら気楽に撮ったのかも知れません。ドキュメンタリー映像作家でもありますし。(ロケハンというものは突撃取材や追跡取材以外の撮影では必ず行なうものです)

今回は、室内シーンと上記2カットを除いて、ほぼ全てのロケ地を特定出来ました。こんなにロケ地を見つけやすいMVは初めてです。

↑「第2エリア」マップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■カメについて
Google31-51MVに登場するこのカメの種類を調べてみました。弟がカメに少し詳しいので聞いてみると、「ヨツユビリクガメ」ではないかということです。別名「ホルスフィールドリクガメ」と言います。普通カメは5本指ですが、唯一この種類だけ前脚が4本指なのだそうです。(→Wikipedia
カメは飼っているとけっこう人になつくようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■オマケ 防空洞跡で見つけたストリートビュー画像

丘の上の3匹。ビューを移動してもずっとこちらを見ています。
Google31-52

明日を指さすGoogleスタッフ。(後ろで犬がまだ見てます)
Google31-53
向こうのスタッフはノリが良さそうです。(このあたりで撮られた写真にも犬が写ってました
ちなみにこういう敷地内でのストリートビューの撮影は、車は入れませんので人力三輪車型や手押し車型の特殊な専用車で撮影していて、日本でも遊園地や大きな寺社などで入っていけるところがあります。
→YouTube →ストリートビュー公式サイト

↑「第2エリア」マップへ

Google Earth フリーダウンロードページ

 ○ 音樂大夫 oli - Facebook
 ○ Oli Hang - Facebook …ログインが必要


Googleでロケ地めぐり 全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 杭士琁 オリ・ハン 台湾女性歌手


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

sasanojiさんところのコメントからやってまいりました。

四四南村、MV撮影にも使われているんですね~。知りませんでした。今年の春に古い建物もとめて行ったばっかりだったので。
隣が防空壕だったとは、行ったときなんだろうと不思議だったのですが。
近くには101があって、村から101が見えるというシュールな風景も楽しめるとこでした。そしてたぶんローカル民率高し。(某ビルは某国の皆さんでいっぱいなので)

行く機会があったらぜひ。

Untitled

e-68 ようこそ、YOUCOさん。
このロケ地探しをやっていると、台湾のいろんな場所を知ることが出来ます。
行ってみないと分かりませんが、四四南村はライブハウスがあったりしますので、西門紅楼のような台湾の新しい文化の発信地になっているように見えます。
ライブを見に行ってみたいです。

Untitled

どうもです。

四四南村、私が行ったときは昼間で「フリーマーケット(たぶん)」やってました。ライブハウスあったのには気づきませんでした~。
ご存知だと思うけどネットでの記事。
http://www.tabitabi-taipei.com/more/2008/0929/

たまたま張智成のライブで華山のレガシーに行ったのもあったのですが、西門紅楼というより華山に似てますね。古い建物を外側だけ残して中はリフォームしてライブハウスやカフェ、博物館になっていました。

たぶん台湾の人がみると「ちょっと昔懐かしい建物」って感じだと思います。

Untitled

はい、お約束どおり行ってまいりましたよ、この撮影現場に。
ストリートビューで追い切れない遊具、フェンス、お人形さんはバッチリ捕捉してまいりました!

「木」まで見つけられているとは思いもよりませんでしたが(笑)
当然、右折禁止標識は気付かれてますよね?(笑)

好丘 はですね、ライブハウスではないです。雑貨店とベーグルの食べられる喫茶店の合わさった店です。
時々夜に喫茶店の机を片付けてそのスペースでミニライブをやってるみたいです。→林凡のはそれでした。

Untitled

e-68 YOUCOさん、遅くなってすみません。
華山も古い倉庫街を利用して新しい文化発信地になっているみたいですね。
レトロ感と新しいセンスの融合が新鮮で、日本でも地方ではけっこう根付いていたりします。
私は2年前に1度台湾へ行っただけですが、またいつか行く時のためにいろいろ研究はしております。

そのリンクはこの記事中にも張ってましたけどね^^。
ありがとうございました。

Untitled

e-68 この2年以内に台湾行き40回を超えようとしていると思われる台湾王HOさん、まだ行かないと言っておきながらもう行ってこられましたね^^。
HOさんの情報では時々ライブもやるレストランという雰囲気には見えていましたけど、まあライブハウス的なところだろうと思って言い切りました^^。若干記事を直しておきます。
いずれにしても、新しいセンスとか新しいライフスタイルの提案みたいなものをなんとなく発信している場所のようですね。
右折禁止標識は分かりませんが、またブログにアップするのを楽しみにしております。そうしたらリンクを追加しておきますのでうちとタイアップ記事にしましょう^^。ディンダンの「花火」にもリンクを張っておきます。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。