記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

10 << | 2017/11 | >> 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
説明できないほど物凄いアルバムです。
[魏如萱/ウェイ・ルーシュエン/娃娃/Waa/台湾]

「不允許哭泣的場合」2011年11月10日 亞神音樂
 歌詞  iTunesストアweb試聴

Waa05-01 01. 溶話
 02. 三個字 →新MV
 03. 一時
 04. 脫光光
 05. 抽屜
 06. 隕石 →MV
 07. 勾引
 08. 晚安晚安 →MV
 09. 我們 →MV
 10. 飛鳥
 11. 吼友
 12. 嗚           ※リンクはWaaのYouTubeチャンネル

う~ん…。言葉が見つかりません。しかし書かずにはいられないほどの感動があります。形の見えない何か得体の知れないエネルギーが迫って来ます。
そもそもWaaの1stを聴いた時からこの人は捕らえ所がありませんでした。(前回の2ndはレビューを書いていませんが)その捕らえ所のない所へ2ndの更に捕らえ所のない進化をしたWaaがやって来て、今回も更に大きく進化しています。先日の東京ライブで1stの曲を1曲もやらなかった理由が分かりました。もうあの1stのWaaは存在していないのです。
ライブではいたって愉快なおねーちゃんでしたが、それがまた余計に捕らえ所をなくします。

プログレッシブ・ロックという言葉で語ると、ちょっと説明が楽になります。MVが先行で出ていた「隕石」を聴くとその言葉が当てはまる気がします。しかし、そもそもプログレとは前衛的で説明出来ないロックをそう呼び始めたわけで、結局説明出来ていないことになるのかも知れません。

このアルバムは2ndと同様に、パワフルな声と突如飛び出す可愛らしい声が混在していて私の脳波が撹乱します。時々その可愛らしい声が太い声に微妙にモーフィングしていく時があり、変幻自在の7色ボイスに背筋がぞくっとする感動を覚えます。

1曲目から意外な曲が飛び出してきます。1曲目「溶話」は前回書いた許茹芸 (バレン・スー) の「你聽見了 (我) 嗎?」の世界観と同じで、私は続けざまに聴いたものでちょっと混乱しました。オーケストラが入ったとてもゴージャスで小じゃれた曲で、古いハリウッドミュージカルのような世界を可愛らしい声で歌っています。
ところが2曲目「三個字」のロカビリーでストレートパンチを食らいます。Waaはどこからこんなセンスを仕入れたのでしょう。
「脫光光」の前半ではちらっと1stのWaaが顔をのぞかせます。
5曲目「抽屜」はインストゥルメンタルで、ピアノと弦によるタンゴです。これは切れ目なく次の「隕石」へとつながります。
「勾引」は8分を超える楽曲で、歌にラジオボイスの語りが絡む、これもプログレと呼んでいいような前衛的な曲です。
「晚安晚安」は可愛らしい声で歌う華麗で切ないバラードで、素晴らしく美しいストリングスアレンジがされています。Waaの歌声が沁みてきて遠い気持ちにさせられます。続く「我們」もストリングスやホルンが入ってくる穏やかなバラードです。かと思うと「吼友」では脳をぐちゃぐちゃにシェイクされました。信じられないほどの声の変化、キャラの変化です。

捕らえ所が無いままに取り留めも無く書いてしまいましたが、このアルバムには世界のどこにもないWaaの宇宙があります。これは聴いてもらわないことにはとても言葉で説明出来る世界ではありません。とにかくこれは物凄いアルバムです。

Waa05-02・・・・・・・・・・・・・・
上のジャケ写は外箱のもので、中はハードカバーの本になっていて、これ自体が写真集&歌詞カードです。いつもながらアーティスティックな写真で飾られています。このあたり陳綺貞 (チアー・チェン) との共通点が多くあります。

 →[預購版] HMV  →百楽園  →[預購版] アジアンドロップス
 →[預購版] YESASIA (香港・日本語)  →博客來 (台湾)

※台湾の博客來から発売日の10日に発送通知が来て、翌日届きました。早っ。



さて、預購版には特典でライブCDが付いていました。(現時点で預購版はまだ入手出来ます)

「2010魏如萱<優雅的刺蝟>香港音樂會Live」
Waa05-03
 01. 我爸的筆
 02. 買你
 03. 門+香格里拉
 04. 一刀兩刃
 05. 問號
 06. Ophelia+冰冷的狂熱
 07. 麋人
 08. 局部的人
 09. 一顆灰塵
 10. 泡泡

この特典は嬉しかったです、東京ライブを思い出します。「我爸的筆」は今度のアルバムの新曲かと思ったらアルバム未収録曲だったんですね。ほかに「Ophelia+冰冷的狂熱」も未収録曲です。「局部的人」からの3曲の熱唱が素晴らしく、「泡泡」はやはり感動します。
このライブではプロデューサーの陳建騏 (チェン・ジエンチー) がピアノで参加しています。東京ライブには陳建騏は来ていたようですが、キーボード2人分のスペースがなかったのでしょうか。ステージがあまりにも狭かったですから。

日付のクレジットがないのですが、これは明らかにYouTubeに上がっている2010年12月13日のときのものです。
泡泡 - 魏如萱優雅的刺蝟音樂會 - YouTube
ophelia+冰冷的狂熱 - YouTube


ついでなので…

Waaの東京ライブ後日談
WaaのFacebookによると、10月26日、ライブ後に恵比寿の焼き肉屋で打ち上げをやったそうです。
Facebookの写真と記事1
「ライブでは多くの成熟した大人たちがとても熱心に聴いてくれた」「日本語をしゃべったら笑われた。私もおかしかった」など書いています。日本の報道で「4年ぶり」などと書かれたものがありましたが、「初めての日本ライブ」と書いてあります。Waaはライブの時も「今日ちょっと寒いね」と言っていましたが、東京の気温はやはりWaaにはかなり寒かったようです。

翌日27日はまず横浜のラジオ局での出演と、産経新聞のインタビューなど。
Facebookの写真と記事2

更に3つの雑誌のインタビューで日本での仕事は終了。
Facebookの写真と記事3

これらの記事は新浪微博のほうにも同じものが文字も画像にしてアップされているのですが、微博には3つ目の記事の最後に「では、お大事に、またそのうちに :) 」と日本語で書いてあります。そのコメント欄に自分で「間違えた!お大事には病人に言う言葉だ」と書いています。
新浪微博の写真と記事

そして翌日28日には香港へ向かい、29日と30日に「香港海洋音樂祭 HOHAIYAN 2011」という音楽フェスに出演しました。

トリビア情報
ルーユン(許茹芸) のYouTubeチャンネルを見ていたら、Google+というのを使って、プロデューサーの陳建騏 (チェン・ジエンチー) とルーユンがPCでテレビ電話をしている動画がありました。陳建騏は「今日本にいるよ。娃娃魏如萱のライブがあるんだ」というようなことを動画の冒頭で言っています。
許茹芸 用Google+ Hangouts 與在日本的 陳建騏 & 歌迷 對話 - YouTube



 ◯ 魏如萱 Facebook(未登録では最近の記事のみ閲覧可能)
 ◯ 魏如萱waa 新浪微博
 ◯ 魏如萱のYouTubeチャンネル


魏如萱 wèi rú xuān ウェイ・ルーシュエン 発音→
※ウェード式表記 : wei ju hsuan

「魏如萱」を含む記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン 台湾女性歌手 CDレビュー


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

いいなぁ~。僕のほうはまだ出荷されていないんですよ。
10/16に誠品にオーダーしたので、予約扱いになっていたはずなのに・・・
これで特典のライブCDが付いてこなかったりしたら怒り心頭です。

Untitled

うちにも11日に届きましたよ。
前回By2の時も最速で届いたのでこれで2回目です!
※前日のフライング発送していますが

まだ一回しか聴いていません。

Untitled

e-68 imustakさん。
予約が多すぎて確保した分が切れるんでしょうね。博客來でも時々ありますが、大抵2~3日で入荷していますし、ちゃんと預購版を送ってくれます。
大丈夫でしょう。

博客來はちょっと高目ですけど私は気に入ってます。
実はWaaと許茹芸の新譜や、ほかにもたくさんまとめて注文してあったのですが、4日に許茹芸の新譜が出た時点で、Waaの新譜だけ残して先に送ってくれました。その分の送料はサービスです。
これ、よくやってくれるので、今回もそれを狙ってまとめて頼んだのでした。
よく頼むので「白金会員」というのになっているせいかも知れませんが。

Untitled

e-68 meronpanさん。
私も翌日届いたのはこれが2回目でした。
混んでなかったらスイスイっと来るんでしょうかね。
それと最近は日本側の宅配業者が毎回違ってますので、業者にもよるのでしょう。
フライング発送は今まで私はなかったです。

Waaのアルバムはいつも変な世界へ連れて行かれそうになるので気をつけてください^^。

Untitled

今日、やっと買ってきましたが預購版でした。自分は町田のショップまで買いに行ったりするのですが、この『不允許哭泣的場合』がなかなか入荷しないので、こちらのサイトで紹介されてる新宿のショップに行ってみました。
かなりいいですね。また日本に来てほしいですね。

Untitled

e-68 zuihongさん、どうもです。
町田のショップというとオリエンタルムーンですね。
私は行ったことはないですが、超レアなのものがあったりしてそれなりの値が付いていますね。
1回のぞきに行きたいと思っています。

日本人が中国語の音楽に馴染むようになれば、Waaの音楽は充分に評価されると思うのですけどね。

Untitled

tenrinrinさん
このアルバムはホントに素晴らしいですね。
たくさんの人に聴いてもらいたいです。

実は、3日の誠品台北駅前店でのwaaの簽唱會に友人と行って来ました。
僕らの事を覚えていてくれました。
サイン会が終わって会場を去る時に声をかけたら、日本語で『気をつけて帰ってね』と
可愛く言ってくれました。

Untitled

e-68 alangさん。
また台湾へ行ってこられましたか。
Waaは一生懸命日本語を覚えようとしているみたいですね。

Waaの応援ブログの方が、あのライブのことをいろいろ書いておられます。
また日本へ来るようなことを言ってたようですので期待したいです。

Untitled

tenrinrinさん

Waaの応援されてる方のブログにご挨拶がてらコメントしてきました。

Waaはまた日本へ来てくれるのですね。
楽しみにしています。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。