記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴージャスなアルバム
[許茹芸/スー・ルーユン/バレン・スー//台湾]
ブラウザによっては化けるので→[王秀][王秀]

企画物を除くルーユンの通算16枚目(かな?)のアルバム。
いや、もうこれは「素晴らしい音楽」のひと言に尽きます。ルーユンのやりたかったであろうことの一つがここに集約されているのではないかと思えます。

「許茹芸的微醺音樂 你聽見了 (我) 嗎?」
 2011年11月4日 亞神音樂 紙ジャケ   iTunesストアweb試聴

Valen06-01 01. 夜.微醺 when the night falls…
 02. 老實情歌
 03. 巴黎草莓 →MV
 04. I Wanna Be Loved by You
 05. 浪人情歌
 06. 只愛陌生人
 07. 藍色啤酒海
 08. 春光乍洩
 09. 秘密 →MV
 10. 向前走

全編を彩る甘い音色のストリングス。それにおしゃれなピアノ。時にジャジーに、時にロマンチックに、そしてゴージャスに、まるで50年代のハリウッド映画の世界に入り込んだようなイメージに包まれ、1曲目を聴き始めると、あっという間に最後まで聴いてしまえるという、見事なトータルイメージでこのアルバムはまとめ上げられています。1曲ごとのルーユンの歌がどうのといことではなく、ボーカルも全体のサウンドの一つとしてまとめられているのです。
サブタイトルに「許茹芸的微醺音樂 (許茹芸のほろ酔い音楽)」とあるだけあって、ワインやウイスキーやいろんなカクテルなどをテーマにして、それらに合う曲が作られたそうで、このアルバムは全体のサウンドのトータル性も含めてコンセプト・アルバムと受け取れます。
上の曲目にオフィシャルMVへのリンクを張っていますが、1曲ごとではなく全体を通して聴かないとこのアルバムの魅力は分かりません。そこに「アルバム」という形態の意味と魅力があるのです。クラシックによくある組曲と捉えることも出来ます。

このアルバムは10トラックありますが、歌としては9曲で、トラック1はストリングスとピアノによる短い前奏曲です。これがトラック2、つまり歌としての1曲目にも後半に同じフレーズが出て来るのでそのイントロともとれますが、このアルバム全体の序曲と言えるでしょう。そして最後の「向前走」の終わりにも美しいストリングスの演奏が出て来て、全体の終章ともとれる形でこのアルバムが閉じられています。
あっという間に聴けてしまえるのですが、何度聴いても聴き終わった時に「聴いた~…」という満足感を感じます。素晴らしいです。

カバーが1曲あります。なんとトラック4の「I Wanna Be Loved By You」は、あのマリリン・モンローが「♪ププッピドゥ~」と歌ったあれです。もうこれはたまりません。ルーユンおねーさん、本当に惚れてしまいます。この曲は1959年の映画「お熱いのがお好き」の中でモンローが歌ったものですが、調べてみるとそれもカバーだったようで、モンローが歌ったことで有名になったようです。邦題は「あなたに愛されたいのに」。→モンロー版 - YouTube

今回ルーユンは自分では曲を書いていませんが、「提供&エグゼクティブ・プロデュース&アルバム・プロデュース : 許茹芸」とクレジットされていて、自分の会社であるValen Voice Production で、全てルーユンの考えでこのアルバムが作られたと思われます。
ルーユンは2作前の「北緯66度」からアルバム・プロデュースをして、レコード会社の「製品」ではない「自分の作品作り」を始めていますが、大陸の新人歌手とデュエットしたり、多少レコード会社側からの茶々が入ったように見えます。しかし前作「愛.旅行.一公里」から完全にルーユンの世界で創作され、今回は更にルーユンの思いが花開いたように見えます。
創作する人が行き詰まった時に、他人の才能を借りることで途方もない作品を作り上げることがあります。ルーユンは自分が曲を書くよりももっとうまい人を選ぶという、自分がやりたいことを自分でプロデュースしたことでこのアルバムが産み出されたと思います。
私にとっては今年最高のアルバムです。

Valen06-02

 →HMV →百楽園
 →Yesasia(香港/日本語) →博客來(台湾)


 ◯ 許茹芸 - 新浪微博(未登録では最近の記事のみ閲覧可能)
 ◯ 許茹芸 Valen Hsu - Facebook
 ◯ 許茹芸 - Plurk
 ◯ 許茹芸 - Google+
 ◯ 許茹芸公式サイト
 ◯ ValenVoice - YouTubeチャンネル


許茹芸 xǔ rú yún スー・ルーユン 発音→

許茹芸の全記事へ
許茹芸を含む全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 許茹芸 バレン・スー バレン・シュー 台湾女性歌手 CDレビュー


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


今年1番

こんばんは。いつも楽しく拝見しています。
つい先日僕もこのCD手に入れました。確かにイイです!!
北緯66度以前はあまり好きじゃない歌手だったんですが、北緯66度、というよりも好聴からですね、がらっと変わりましたね。

Re: 今年1番

e-68 こんばんは、あかんべいさん。
このアルバムは来年の金曲奨のアルバム賞関係にノミネートされるんじゃないでしょうか。C-POPのワクを取っ払ってもかなり良く出来たアルバムだと思います。

私も昔のルーユンは味が濃過ぎてあまり好きではなかったのですが、最近昔のベストアルバムを聞き直したり、YouTubeでMVを見ているうちに、あの情熱的な歌い方がけっこう良くなってきました。別の歌手のように聴けます。
昔の曲では「Don't Say Goodbye」が素晴らしいです。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。