記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「許茹芸的微醺音樂 你聽見了(我)嗎?」
11月4日現地発売


Valen05-01ルーユンおねーさんのニューアルバムが2年3ヶ月ぶりに出ます。アルバムタイトルを直訳すると「許茹芸のほろ酔い音楽 あなたは (私が) 聴こえた?」。
今回はお酒をテーマにしたコンセプトアルバムで、ワインやウィスキーなど、歌ごとにアルコール濃度が違うそうです。「私の歌をお酒のつまみにして」ということでしょうか、アルバムのCM (MVのダイジェスト) を観ると、とてもアダルトな世界で、ルーユンの新しい挑戦が伺えます。

2011 許茹芸的微醺音樂 專輯預告片 When The Night Falls... - YouTube (4分)
先行MV《秘密》 - YouTube

私はこういう「コンセプトアルバム」というのが好きです。iTunesストアの設立以来、1曲ごとのダウンロード販売のおかげで「アルバム」という概念がやや失われつつありますが、私個人の好みだけではなく、「コンセプトアルバム」はビートルズ以来ひとつの表現手段として確立されて来たものですから、「アルバム」という概念は多くのアーティストにとって無くされては困るものです。

ルーユンのアルバムは2007年から前作「愛. 旅行. 一公里」まで「種子音楽」というレコード会社から出ていましたが、この会社は昨年中に経営がうまくいかなくなり、香港のレコード会社と合併し、所属歌手は総入れ替えになっています。いろいろごたごたがあったと想像します。ルーユンはその後どことも契約せず、自分の「バレンボイス・プロダクション」だけでマイペースに活動していました。
そして今回のCDは亞神音樂というレーベルから販売されます。

中文Wikipediaで亞神音樂を調べてみました。
2006年に設立された比較的新しいレーベルですが、現在はすでに38組ものアーティストと契約しています。その中でもルーユンは「唱片発行契約」という形で会社同士の契約をしているようで、「バレンボイス・プロ」でアルバムを製作して亞神音樂でCDを販売してもらうと言うことでしょう。
他の所属歌手を見ると、蔡健雅 (ターナャ・チュア)、阿牛 (アニュウ) という大物や、JS、徐佳瑩 (ララ・スー)、魏如萱 (ウェイ・ルーシュエン)、蕭賀碩 (デビー・シャオ)、許哲珮 (ペギー・スー) など、私の知る範囲でも自分のアイデンティティーを主張するタイプのシンガーソングライターが多く見受けられます。

※追記(11/03) : 台湾の亞神音樂は、1991年に発足した日本の「アジアミューズ (当時株式会社中華芸能)」が始まりで、2005年から2007年のあいだに設立された亜神音楽娯楽集団の一つです。日本のアジアミューズはいわゆるタレント事務所です。
AsiaMuse Japan
亞神音樂娛樂 - AsiaMuse (台湾)



 ◯ 許茹芸 - 新浪微博(未登録では最近の記事のみ閲覧可能)
 ◯ 許茹芸 Valen Hsu - Facebook
 ◯ 許茹芸 - Plurk
 ◯ 許茹芸 - Google+
 ◯ 許茹芸公式サイト
 ◯ ValenVoice - YouTubeチャンネル


許茹芸 全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 許茹芸 バレン・スー バレン・シュー 台湾女性歌手


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

亞神音樂、最近よく見かけますね。たしかに微妙に旬な感じの歌手がたくさん所属してますね。
でもHPをもうちょっと整理してくれると嬉しいですねぇ。
あと、蔡健雅と那英に街頭イベントさせて欲しいッス。(無理っぽいですが)

Untitled

e-68 HOさん。
台湾は今こういう人たちがどんどん出て来てますね。
亞神音樂は新しいタイプの会社なのかも知れません。
改版なんて騙しのような商売はしないとか。
古いしきたりに乗らず、街頭イベントもあまりやらないのかも知れません。
マイナーレーベル的なアーティスト思考にも見えます。

Untitled

許茹芸のニューアルバムはかなり楽しみです。今月は他にも戴佩妮と魏如萱が出る(た)んですね。嬉しいです、ホント。

Untitled

e-68 こんばんは、zuihongさん。
ルーユンおねーさんは、また歌い方を変えようとしているような感じですね。
戴佩妮は忘れてました。
今年に入ってあまりCDを買ってなかったので、博客來の購物車の中に山ほどCDが入っています。
とりあえずWaaはサインを貰ったから、まず予約しなければ^^。

Untitled

ルーユンさんの新曲MVなかなか大人な感じでいいですね~♪
私もプログレとかの「コンセプトアルバム」好きです。

ペギーもAsiaMuse music groupだったんですね。
彼女も才能溢れたアーティストですよね。
亞神音樂さん是非日本進出してほしいです。

Untitled

e-68 alangさん。
いいですね〜。「おっ、そう来たか!」って感じで。
ジョアンナの「バーニーの大冒険」も、正にコンセプトアルバムで、プログレからロックを抜いた感じですね。

亞神音樂は改版とかおまけ付き預購版は出さないみたいなので、安心して買えます。
昔の滾石唱片みたいにMVだけDVDで出してくれると更に嬉しいのですけど。

亞神音樂を更に調べてみると、日本のアジアミューズが始まりのようです。
訂正追記しておきます。

Untitled

tenrinrinnさん
ジョアンナの「バーニーの大冒険」はプログレからロックを抜いた感じですか。
ジョアンナは最初のアルバムを購入して以来購入してなかったのでチェックしてみますね。

昔の滾石唱片や華研みたいにMVだけDVDで出してくれるといいですね。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。