記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
張韶涵ディスコグラフィ全記事へ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
公式アルバム・5
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

5枚目のアルバムです。様々なアルバムバージョンやMVも紹介します。

「Ang 5.0」2007年12月14日
福茂唱片 (Linfair Records)



 01. 我戀愛了
 02. 不想懂得
 03. 親愛的, 那不是愛情
 04. 床邊故事
 05. 頭號甜心
 06. 重來
 07. 能不能勇敢說愛
 08. 失憶
 09. 樂園
 10. 誰愛誰

歌詞
iTunesストアweb試聴

Angela145-01
※台湾初回盤
AngelaのCDデビュー以来、CMの介入を受けながらも、それを取り込んで一つの方向で形が作られてきた頂点が前回の「夢裡花」だったような気がします。総合プロデューサーの陳俊廷 (チェン・ジュンティン) としては、あれ以上のものを作ることを考えるよりも、そろそろ違う方向へ向かったほうがいいと考えたのか、今回は周杰倫 (ジェイ・チョウ)、蔡健雅 (ターニャ・チュア)、Angelaの先輩范瑋 (ファンファン) などの大物アーティストたちへ楽曲が依頼されています。スタッフも入れ替えたかったのか、今までずっとAngelaの面倒を見てきた陳偉 (チェン・ウェイ) も今回は2曲しか参加していません。更にAngela自身もロングヘアをバッサリ切り、大きくイメチェンしました。
しかし作り手達が迷走した感は否めません。
今回はAngelaが久々のドラマ「公主小妹 (ろまんす五段活用)」に主演したこともあって、そのドラマ用の曲がサントラ盤を兼ねたように4曲も入っています。「公主小妹」はこの年(2007年)の5月から放送が開始されており、つまり前作「夢裡花」のヒット中にすでに4曲は録音されていたことになります。ドラマですからそれほど注文はなかったでしょうし、歌詞を見てもドラマを意識せずに作られたとは思います。しかし方向性など何も決まらないうちにドラマ用に4曲が書かれ、そのあと大物に3曲を依頼し、大物に依頼すると没には出来ないわけで、もう方向性など関係なくその7曲で固められてしまったわけです。そして残り3曲「床邊故事」「重來」「失憶」は曲数を埋めるために作られたような気がしてなりません。スタッフ間で何かちぐはぐなやりとりがあったとしか思えないような出来の曲もあります。売り文句に「コンセプトは女神」などと書かれてありますが、そんなものは音には表れておらず、Angelaの衣装だけのものです。結局のところ、いつものAngelaの声のいいところを活かせる曲が少ないまま、まとまりのないアルバムになってしまいました。このアルバムからはAngelaの粘りのある太い声はあまり聞こえてきません。
とは言え、ドラマ「公主小妹」の空前の高視聴率とともにこのアルバムは大ヒットし、3rdバージョンまで出されました。
これまで順調に年1枚のペースで出してきたAngelaのアルバムも、これ以降は様々な要因で滞りぎみになります。

実のところ、このディスコグラフィを書くに当たって、この「Ang 5.0」がネックでした。好きな曲もあるのですがあまりいいことは書けません。「このアルバム大好き」と言う人で、人の意見に流されやすいと思う人は「楽曲レビュー」は読まないほうがいいと思います。音楽はどこまで行っても主観的なもので、その人のものですから「このアルバム好き!」でいいと思います。これのMVに関しては私はどれも好きなのでMVレビューは大丈夫です。
ちなみにこのアルバム発売当時にも一度レビューを書いていますが、あのときはかなり遠慮して書いていました。

台湾初回盤パッケージ内容
Angela145-02
私はサイン入りを買いました。外箱と中ジャケは同じデザインで、CDケースはカスタム型、20ページの歌詞カードと、2ヶ月ごとの月めくりカレンダーが付いています。ジャケ写撮りではこの時からメイクの游絲棋 (ヨウ・スーチー) さんが参加しています。
台湾初回盤はあっという間に売れたのか、市場にはほとんど残っていないようです。

  →百楽園「Ang 5.0」台湾盤 サイン入り掘り出し物です。ここは実店舗のお店なのでサイン入りが何枚か残っているようです)

Angela145-03s予約版オマケ「Ang 5.0月曆磁鐵」
今回の予約特典はカレンダーのマグネットクリップでした。これは1月から6月までですが、台湾セブンイレブンで予約した物には色違いの7月からのものが付いたようです。キャラクターは前回の「夢裡花」のジャケットから登場した「Ang娃娃」で、今回はショートヘアになっています。これは作り過ぎたのか、昨年(2010年)の台北公演の会場でも売っていましたし、台湾のアイドルショップにもまだ出回っているようです。

Angela145-19先日、その色違いバージョンをHOさんが台湾で入手されました。
目次・・・・・・・・・
 ・楽曲レビュー
 ・その他のバージョン
 ・MVレビュー
 ※今回は「関連情報・トリビア」はありません。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
楽曲レビュー

01. 我戀愛了(恋に落ちちゃった)[ドラマ「公主小妹」挿入歌]
作詞/王雅君 作曲/黃淑惠 編曲/呂紹淳 製作/陳俊廷

CM曲以外で初めてアイドルPOPが作られました。「あなたのやること成すこと何でも好き!」と言ういかにもアイドルPOPらしい曲で、Angelaには今までになかったようなノリノリの曲です。アレンジも凝っていて面白いです。音程が大きく上下するところは難易度が高く、Angelaにとっては新しい挑戦だったようです。ただ、あまりにも曲がノーテンキ過ぎて、どこかにAngelaの声のカッコよさみたいなものが活かされていないと、ずっと聴ける曲ではないと思います。売れ線だけを狙った使い捨て的な曲に見えます。CM曲でもないのに居直ってこういう曲を作ったことからもそれは伺えます。当時第一弾の先行曲だったので最初は人気ランキングの上位にありましたが、すぐに下がってしまいました。一応「つかみ」にはなったわけです。

02. 不想懂得(わかりたくない)[ドラマ「公主小妹」エンディングテーマ]
作詞/姚若龍 作曲・編曲/動靜音樂(阿滾) 製作/陳俊廷

ドラマ「ろまんす五段活用」を見てこの曲を知った方も多いと思います。やはりこのアルバムではこの曲でしょう。阿滾 (アグァン) が書いただけあって抑揚の大きな美しいメロディでAngelaの声を余すところ無く使っています。このアルバムでAngelaの歌唱力が最高に活かされているのはこの曲だけと言ってもいいかも知れません。しかしこのメロディの大きな流れに対して、音符が多すぎると言うかフレーズが細か過ぎて伸びやかな声を聴けないのがちょっと残念です。
ドラマからこの曲の依頼が来た時点では、主題歌になるかエンドテーマになるかは決まっていなかったのでしょう。一応イントロはオープニング曲の作りになっています。イントロが静かに始まって一度盛り上がるところでドラマのタイトルが出る仕組みになっているのです。やはりラブコメということで、S.H.E.と飛輪海のアップテンポのコラボ曲が主題歌になり、この曲はエンディングで短かく使われただけでした。
→「不想懂得」歌詞翻訳 - BitEx中国語

03. 親愛的, 那不是愛情(拝啓, あれは愛ではありません)
[韓国ドラマ「宮」台湾版エンディングテーマ]
作詞/方文山 作曲/周杰倫 編曲/動靜音樂(阿滾) 製作/陳俊廷

周杰倫 (ジェイ・チョウ) と方文山 (ビンセント・ファン) というゴールデンコンビによる楽曲で、それだけでも話題になりました。ちょっと悲しげな美しい曲で、ジェイにしてはとても抑揚の大きなメロディアスな曲です。阿滾によるアレンジも美しいです。ただ、もうちょっと(2音ぐらい)低いところで作ってあげて欲しかったです。聴いているとAngelaは高いところが苦しそうで、私は聴くのが辛いです。
おそらくプロデューサーはジェイに「張韶涵に合う曲をお願いします」程度しか注文を出さなかったと思います。出したところでジェイは職人ではありませんからマイペースで作ってきたことでしょう。Angelaが個人的にジェイに「曲書いて」とおねだりしていた可能性もあります。MVでは車を借りたぐらいですから。
詞は、彼から貰った手紙に対して返事を書いているような内容ですし、MVを見ていても「親愛的」は「拝啓」と訳したくなります。
このアルバムからは上記「不想懂得」とともにこの曲が最もヒットしました。ジェイのファンも聴いたと思います。
→「親愛的, 那不是愛情」歌詞翻訳 - BitEx中国語

04. 床邊故事(枕元のお話)
作詞・作曲/戴蕙心 編曲/洪敬堯・謝明祥 製作/陳俊廷

童謡のような詞で、子供たちと合唱する心温まる曲です。シンプルで短い詞なので全部訳してみました。
  小さい頃眠る前 枕元でよく聞いた あのおとぎの国へ入っていくお話
  明かりを消して行かないで 夢の世界に入るまでお話を聞かせて
  ある時は 私は海賊になって宝探しに行く
  ある時は 私は幸せな人魚
  夜ごと 一ページ 空想すれば全ては本当のことになる
  これが枕元のお話の魔力
  夜ごと 一ページ 世界中を旅することができる
  これが枕元のお話の魔力

これを何度も繰り返しています。私は「每一晚 每一頁」のフレーズがとても好きで、時々泣きそうになります。こういう曲は何かのきっかけで、トトロのように子供たちと一緒に歌える名曲になる可能性があるのですが、ちょっと詞が短過ぎましたね。2番3番と違うお話が出てくれば良かったです。

05. 頭號甜心(恋人一番乗り)
[伊利アイスクリームCMソング/韓国ドラマ「咖啡王子1號店(コーヒープリンス1号店)」台湾版エンディングテーマ]
作詞/王雅君 作曲/范瑋 編曲/呂紹淳 製作/陳俊廷

伊利アイスのアイドルPOPも第3弾になりました。バグパイプの音が摩訶不思議で面白いです。ファンファンが書いた単純明快縦ノリロックです。おそらくスポンサーからは曲にはあまり注文は来なかったと思います。ファンファンも職人ではありませんからダメ出しが来ても対処できなかったでしょうから。大抵のスポンサーは詞の内容にこだわるはずで、そのへんは作詞の王雅君 (NaNaちゃん) は職人ですから、いつも通りビジネスとしてうまくまとめています。チョコレートアイスなので、毎度のことながら必ず「チョコレート」「甘~い」「一口食べたら」などの言葉を恋愛に結びつけてストーリーを作っています。たった5行を繰り返しているだけですが。
こういうノリノリ曲はAngelaのレパートリーとしてコンサートでは必要でしょう。忘れもしない上海公演(2010年)では、この曲をきっかけに後ろの客が押し寄せて大混乱になりました。
→「頭號甜心」歌詞翻訳 - BitEx中国語

06. 重來(邦題を付けるなら:再び訪れることを)
作詞・作曲/韋禮安 編曲/陳偉・何官錠 製作/陳偉

学生対象の音楽コンテストで優勝した韋禮安 (ウェイ・リーアン) が書いた曲です。Angelaの昨年のツアーの多くでゲストで出ていました。この時はほとんど無名でしたが、今年の台湾金曲獎では新人賞を獲得しました。この曲はアレンジ次第ではAngelaの名曲の一つになっていた可能性はあります。
今回はやっと陳偉 (チェン・ウェイ) の名前が出てきました。この人はそれなりにセンスを持ってはいますが、O型っぽい性格と言うか、自分が分からない部分は完全に人任せにするように思えます。シンセストリングスを弾いているのが編曲で2人目にクレジットされている何官錠という人で、特に後半自分の出番だと言わんばかりに主張しています。本来こういう曲では生のストリングスを使うべきですが、予算が無かったのか、段取り的にこうなってしまったのか、とにかくこのヒャラヒャラした音がボーカルを邪魔していますし、デモ録音みたいで安っぽさを強調しています。エレクトーン教室みたいです。陳偉はロックではないと全然ダメな人です。阿滾を呼べば良かったのに…。
歌詞はいかにも学生の書きそうな「自分はこれからどの方向へ向かっていけばいいんだろう」というような短い歌詞です。
※あの、別にO型に偏見を持っているわけではありませんので^^;。

07. 能不能勇敢說愛(勇気を持って愛を語れる?)[ドラマ「公主小妹」挿入歌]
作詞/王雅君・黃文萱 作曲・編曲・製作/陳偉

やっと陳偉の手腕発揮でかっこいい曲が出て来ました。ドラマのために初期に作られたせいか、いろんな意味で唯一これまでのAngelaのノリを残している曲です。逆にこのアルバムの中で浮いている気はしますが、私はかなり好きな曲です。何か指示が出ていたのか陳偉にしては珍しくAngelaの高い声をメインに作っていて、叫びの部分で活かされていると思います。
ただ、陳偉と言う人はやはりO型の性格に見えるんですが、全体をまとめるのはうまいのですが、細かいことがちょっと大ざっぱです。2番に入る直前のシンセストリングスの短いフレーズ。アタックの弱い音なのでヘロヘロになっています。陳偉が弾いているようですが、ここだけとても安っぽくて私は嫌いです。ちょっとシンセをいじれば直せることなんです。それと陳偉はミキシングまでやる人なのですが、いつもなんだか簡単なミキシングだなと思います。曲の頭のほうはほとんどモノラルになっています。細かいことには気を遣わない人です。いい曲なのに音がペラッとしているのがちょっと残念です。
もう一つ、この曲はイントロがなく、エンディングもフェードアウトで終わっています。営業ではほとんどカラオケでライブをやりますから、Angelaが困ると思います。イントロ付きのカラオケを用意しているのかも知れませんが、今のところライブで歌っているのを見た事がありません。カラオケショップでも歌う人が困りますよね。
歌詞の内容は、煮え切らない彼に苛立ちながらも、その彼を愛している自分にも苛立っているということだと思います。たぶん。

08. 失憶(記憶をなくす)
[韓国ドラマ「開朗醫師奉達熙」台湾版エンディングテーマ]
作詞・作曲/林隆璇 編曲/呂聖斐 弦楽編曲/動靜音樂(阿滾) 製作/林隆璇

美しいバラードです。詞曲製作の林隆璇 (ケビン・リン) はAngelaを見いだした人で、この人の紹介記事では必ずそのことが書かれてあります。歌のコンテスト番組で審査員をしている時も、その評価基準で「張韶涵」の名前がやたら出てくることが報道されたこともあり、かなりAngelaの歌声に惚れ込んでいることが分かります。この曲の前半では、Angelaはマイクに近付いて蚊の鳴くような声で歌っています。林隆璇の頭の中にはAngelaに歌わせたいイメージがあったのだろうと思いますが、Angelaはその部分をぼそぼそ歌っているだけで歌いこなせているとは言えません。Angelaはだんだん声を出し始めて中盤から良くなるのですが、こともあろうに阿滾のストリングスアレンジがおかしくなり始め、後半の歌い上げ部分ではボーカルとぶつかって音が団子になり、とてもごちゃごちゃした音になっています。ストリングスだけでなく阿滾が全てアレンジすれば良かったのにと思います。これもアレンジによっては「手心的太陽」に匹敵する名曲になっていたかも知れません。時間が無かったのかなあ…。

09. 樂園 [ドラマ「公主小妹」挿入歌]
作詞・作曲/王雅君 作曲/DJ Eric 編曲/洪敬堯 製作/陳俊廷

とにかく、アルバムの話なんて遠い先の頃にドラマ用に作られていますから、「こんな曲も1曲あっていいかな」程度に作られたように思えてなりません。この曲だけ取り出して聴けば面白い曲だとは思いますが、結局今回の曲の多くがそうなっていて、Angelaの声の良さや個性をあまり活かせないままB面曲ばかり集めたようになっているわけです。

10. 誰愛誰(誰が誰を愛してるの?)
作詞・作曲/蔡健雅 編曲/毛琮文・廖偉傑 製作/阿弟仔

これもこの曲だけ取り出せば面白い曲で60年代ポップス風です。私はAngelaの「ンまっ!」というところが好きです。しかし大物蔡健雅 (ターニャ・チュア) に曲を依頼して誰がこんな曲を期待したでしょう。蔡健雅と言えば90年代から素晴らしい曲を書き続けている人です。「張韶涵に合う曲を」と頼まれて、きっと彼女の頭の中にはCMでよく見る「可愛い張韶涵」のイメージがあったのでしょう。彼女はプロデューサーでもあるので彼女なりにAngelaに合わせた可愛い曲を作って来たのだと思います。大物プロデューサーの阿弟仔 (アー・ティーツー) まで起用して、おそらく一押し曲になるはずだったのが、総合プロデューサーの陳俊廷 (チェン・ジュンティン) からすると、「あれ? なんでこうなっちゃったの?」という曲が上がって来たわけです。しかし大物蔡健雅に頼んだものを没には出来ません。その名前を出すだけで宣伝にもなります。結局アルバムの最後に入れることになりました。あっさり終わる曲なので、このアルバム自体が「あれ? これで終わり?」という物足りない終わり方になってしまいました。

そんな感じで、このアルバムはスタッフ間でちぐはぐなことが起こったような気がします。そしてやってみてうまくいかなかったものも、やり直す時間もなくそのまま仕上がったのでしょう。今までのアルバムのアイデアに満ちた素晴らしいサウンドや、Angelaの変幻自在の百変ボイスから比べると、「なんだかな~」という感じで私には物足りないアルバムです。

▲トップへ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
その他のバージョン
台湾盤と大陸盤で、同じジャケットで違う内容のものがありますのでご注意ください。また今回も幻のバージョンが存在します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台湾 2ndバージョン「Ang 5.0 女神生日慶祝版」CD+DVD
Angela145-042008年1月18日
福茂唱片 (Linfair Records)
※外箱と中ジャケは同じデザイン

CD
 初回盤と同じ

DVD(NTSC リージョンALL)
 01. 我戀愛了 MV
 02. 不想懂得 MV
 03. 親愛的 那不是愛情 MV
 04. 床邊故事 MV
 05. 頭號甜心 MV
 06. 能不能勇敢說愛 MV

Angelaの誕生日の前日に出されたものです。MV6曲入りのDVDが付いていて、作られたMVが全て入っています。日本のDVDプレーヤーで普通に再生できます。
Angela145-05
歌詞カードは基本的に全バージョン共通です。これの入手は比較的容易です。
 →Amazon  →HMV  →クイックチャイナ  →百楽園  →博客來(台湾)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台湾 3rdバージョン「Ang 5.0 女神華麗寫真影音版」CD+DVD
2008年3月7日 福茂唱片 (Linfair Records)
Angela145-06※外箱と中ジャケは同じデザイン

CD
 初回盤と同じ

DVD(NTSC リージョンALL)
 01.『女神變髮圖強記』花絮
 02.『女神性感鋼彈馬甲變身記』花絮
 03.『女神新專輯ANG5.0封面』拍攝花絮
 04.『我戀愛了MV』拍攝花絮
 05.『不想懂得MV』拍攝花絮
 06.『親愛的 那不是愛情MV』拍攝花絮
 07.『床邊故事MV』拍攝花絮
 08.『能不能勇敢說愛MV』拍攝花絮
 09.『ANG5.0女神改版封面』拍攝花絮
52ページ写真集『女神的幕後大追蹤』付き

3rd盤はMVなどのメイキング集DVDと、その内容に沿った写真集が付いています。2nd盤のMVを持っていない人がこれだけ買っても面白くないわけで、ファンは全部買わされてしまうわけですね。DVDの冒頭いきなりスッピンに近いAngelaのアップから始まります。子供っぽい顔が可愛いです。トラック2では、初回盤ジャケの衣装製作で、ボディ部の堅いプラスチック部分を作るためにAngelaの体の石膏型を取っています。その石膏の上に自分でオッパイとパンツの絵を落書きしているのが笑えます。全部で約40分。メニューはなく、チャプターも打たれてないのが不便です。
Angela145-07
これの入手は容易です。
  →Amazon  →クイックチャイナ  →百楽園
  →博客來(台湾)  →YesAsia(香港・日本語)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Angela145-08大陸初回盤「Ang 5.0」
2007年12月15日
珠影白天鹅音像
※外箱と中ジャケは同じデザイン

曲目、装丁、歌詞カードは、簡体字になっていること以外台湾初回盤と同じですが、カレンダーは付いていません。大陸盤は今回から発行会社が変わりました。次回もまた変わります。予約特典は不明です。これも入手は困難になっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大陸 2ndバージョン「Ang 5.0 写真影音版」CD+DVD
Angela145-092008年5月
珠影白天鹅音像
※外箱と中ジャケは同じデザイン

CD
 初回盤と同じ

DVD(NTSC リージョンALL)
 01. 我恋愛了 MV
 02. 不想懂得 MV
 03. 親愛的 那不是愛情 MV
 04. 床辺故事 MV
 05. 頭号甜心 MV
 06. 能不能勇敢節愛 MV

52ページ写真集『女神的幕後大追蹤』付き

台湾3rd盤とジャケ写は同じですが、DVDはMV入りです。大陸盤なのにDVDはNTSCになっていて、日本のDVDプレーヤーで再生できます。大陸のDVDプレーヤーは海賊版に対応して何でも再生できるので、方式は気にしていないようです。MVの文字は簡体字に乗せ変えられているようですが、おそらく台湾盤の画面にそのまま普通のテロップをベタッと乗せただけだと想像します。ジャケ写の「張韶涵」という文字だけなぜか繁体字です。入手はやや困難になりつつありすますが、お店に問い合わせれば入荷の可能性はあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幻のバージョン
「Ang 5.0」台湾セブンイレブン独占初回予約限定版
Angela145-012007年12月14日
福茂唱片 (Linfair Records)
※外箱と中ジャケは同じデザイン

 01. 我戀愛了
 02. 不想懂得
 03. 親愛的, 那不是愛情
 04. 床邊故事
 05. 頭號甜心
 06. 重來
 07. 能不能勇敢說愛
 08. 失憶
 09. 樂園
 10. 誰愛誰
 11. 不想懂得 (鋼琴弦樂演奏版)
 12. 樂園 (華爾滋弦樂演奏版)


見た目は普通の初回盤と全く同じですが「不想懂得」と「樂園」の演奏版が2曲追加されています。台湾セブンイレブンだけの予約限定版です。(ずっと謎のバージョンでしたが、HOさんが情報を見つけてくれました)
↓台湾のオークションサイトで見つけた外箱の裏側の写真。
Angela145-10
おそらく枚数はそんなに出ていないと思われますので、幻のバージョンです。調べてみるとKKBOXの試聴にはこの2曲が追加されていました。聴いてみましたが、「不想懂得」のピアノはきれいですが、打ち込みのシンセが入ってくるととたんに安っぽくなります。「樂園」はシンセだけのかなり情けない音で、下手な人が打ち込んだ自宅レコーディングという感じです。或いはスーパーでかかっている有線みたいな…。

先日このバージョンが存在することをHOさんに教えたら、なんとその2週間後に台湾の中古CD屋であっさり手に入れてしまわれました。しかもサイン入り!
↓HOさんの写真から、歌詞カードの写真。
Angela145-11
右側に無理やり押し込んで2曲追加されています。

HOさんのブログ記事「台北 中古CD発掘の旅 その1」 …CDの中身の写真などいろいろあります。

▲トップへ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
MVレビュー
台湾2ndバージョンのボーナスDVDに収録されていたMVについてです。これは以前もレビューを書いておりますが、改訂版ということでここにまとめておきます。今回も黃中平 (ホァン・チュンピン) 監督が2本撮っていますが、今回はちょっといつもの黄監督と違いますねえ。「Ang 5.0」に関しては、このボーナスDVDが最高傑作MV集と思っています。

Angela145-12■我戀愛了MV [監督 : 珍妮花]
このMV好きですぅ~^^。イケメンロボットと恋をするお話しで、「なんでも言うことを聞く彼」というのが発想らしいです。しかし「Ang3.0」で動いているのでイマイチ完璧ではない彼なわけですね。歌っているAngelaの顔をよく見ていくと変幻自在に表情が変わって無茶苦茶面白いです。
Angela145-13冒頭のシーンに登場する車は周杰倫 (ジェイ・チョウ) がAngelaに個人的に貸したポルシェで、MVとしては取って付けたようなシーンになってはいますが、「ジェイから車を借りた」という話がいい宣伝になったようです。そのシーンでよく見ないと分かりにくいのですが、交通整理ロボットをAngelaがはねてしまいます。あまりにも一瞬なので1回見ただけでは気付かないかも知れません。それが夢落ちになって無理やり本編に結びつけているわけです。この冒頭で使われている音楽は著作権フリーの音楽で、日本のニュース番組でも聞いた事があります。
監督の「珍妮花」は「ジェニファー」と発音します。ちょっと美人のかっこいいおねーさんです。ジェイの大ファンだそうで、ジェイは自分でMVの監督をしますから、撮影の時はよくアシスタントで参加しているようです。ジェイから車を借りる話になって、Angelaと一緒に大喜びしたのではないでしょうか。Angelaはこの年、大陸のアパレルメーカーのCMで初めてジェイと共演しています。
 (→当時の報道記事 [台湾]

Angela145-14■不想懂得MV [監督 : 黃中平]
黄監督、やれば出来るじゃないか! 魔法使いが出てくるファンタジーの世界です。これはいつもの黄監督の「現場に行って適当に撮る」ではできません。ちゃんと計算して絵コンテを描いているはずです。たった2面だけ作った岩の壁のセットで、工夫していろんな場所に見せています。CGの使い方も少し判り始めたようですし、いつものグラビア写真のような画も活きています。それに何よりもAngelaが女優としての顔を見せてくれるところが嬉しいです。名作とまではいかないものの、見応えのあるMVに仕上がりました。ただ、中平くん、現世のシーンになるとまた理屈っぽい画になって意味が分かりませんよ。そこだけ注意しなさいね。その分減点です。それと歌と全く関係ない映像になっているのも減点で75点。でもよくできましたっ。
 (→当時の報道記事 [大陸]

Angela145-15■親愛的 那不是愛情MV
[監督 : 珍妮花]
これも監督はジェニファーさんです。この人も日本が好きなのか、ここに昭和ノスタルジーを持ってくるところは日本人から見ても驚きます。更にそこにお嬢様女子高生風のAngelaが出てくるのは、とても妖しい世界を醸し出していますし、それらを含めた全体の映像センスに驚きます。幼い2人と今の2人を対比しているようですが、当時の記事を読むと「姉と弟の恋」という危ない設定だったようで、正に昭和の江戸川乱歩や横溝正史の世界を思い浮かべます。特にその意味が分からなくても曲と融合して独特の世界が創り出されています。Angelaは本当はジェイに撮ってもらいたかったそうですが、スケジュールが合わなかったとかで (ギャラが合わなかったんでしょうけど)、代わりにジェニファーさんが撮る事になったようです。しかし素晴らしい一篇になったと思います。
 (→当時の報道記事 [大陸]

Angela145-16■床辺故事MV [監督 : 楊大慶]
Flashアニメを多用して曲に合わせたメルヘンの世界を創り出しています。セットを90度横倒しにして撮影すると言う大掛かりなことをやっています。せめて逆さまの画面もあればもうちょっと面白い画になっていたと思いますが、撮影に20時間かかったと言うことで、それは朝までかかって時間切れだったと言うことでしょう。子供も朝まで引っ張ったのでしょうか。しかし全体としてはいいMVになっていると思います。「NHKみんなのうた」という感じです。
ところで、見ていていつも不思議に思うのは、何カットかロングヘアのAngelaが出てくることです。カツラに見えないのですが、状況を考えるとやはり生え際を活かしたカツラなんでしょうか。
この楊大慶 (ヤン・ダーチン) という監督は楊佈新 (ヤン・プーシン) という名前でも撮っていて、どう使い分けているのか「香水百合」「C大調」「幻想愛」などを撮っています。
 (→当時の報道記事 [大陸]

Angela145-17■頭號甜心MV [監督 : 張清峰]
なぜウサギなのか分かりませんが、Angelaがウサギたちに指令を出して彼を捕まえさせるわけですね。賑やかなMVで、見ていて飽きません。この監督はいろんな作風を持っていて、どんなタイプのものもこなせる職人です。楽しいMVになると人が走り回るのが好きなようで、他に「再快樂一點」や范瑋 (ファンファン) の「放電」などもこの作風です。この人は晴れ男なのでしょうか。どれも凄くいい天気です。
 (→当時の報道記事 [大陸]

Angela145-18■能不能勇敢說愛MV [監督 : 黃中平]
黄監督です。いつものグラビア写真を並べたタイプの作風ですが、これは程よいテンポの中でかっこいい映像になっています。ドラマ風の部分になるとやはり理屈っぽくなってわけが分かりませんが、カラーコンタクトを付けたAngelaがお人形さんのように可愛いので見ていられます。この前髪斜めカットの髪型は、どうもカツラのようですね。今回はAngelaの可愛さにだいぶ助けられました。ドラマ風部分が減点ですが、黄監督の個性が出ているので85点。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も作られたMVは全てDVDに収められました。
これらのMVは「公主小妹 (ろまんす五段活用)」の撮影終了後に作られました。ドラマの撮影と言うのはとてもきついもので、かなりのオーバーワークがあったことでしょうし、その後のMVも徹夜だったり徹夜明けから開始だったりと、オーバーワークが続いたようです。その間に流感にもかかっています。それらがたたったのか、2008年の2月の末にAngelaは倒れます。回りのスタッフもあまり知らなかったのか、Angelaは先天的な心臓疾患の持病をかかえていたのです。しばらくカナダで療養した後、4月にCMキャンペーンで顔を見せ、6月1日のシンガポールコンサートで完全復帰しましたが、仕事は控えめになり、次のアルバムは長いあいだファンは待たされることとなります。

「公式アルバム・6」へつづく

▲トップへ


 ○ Angela張韶涵 A6 官方資訊站 - Facebook
 ○ 張韶涵 新浪微博 - 個人ブログ(未登録では最近の記事のみ閲覧可能)
 ○ 福茂唱片 - Facebook
 ○ LinfairRecords (福茂唱片) YouTubeチャンネル
 ○ LinfairRecords (福茂唱片) YouTubeチャンネル2 (非公式)
 ○ angnation.com (登録が必要)

tenrinrin YouTubeチャンネル

張韶涵 zhāng shào hán チャン・シャオハン (台湾) 発音→
張韶涵 zhāng sháo hán チャン・シャオハン (大陸) 発音→
※ウェード式表記 : chang shao han
「張韶涵」のイントネーションに関しては、最近は一部の堅い司会者を除いて大陸でも台湾訛りのイントネーションが一般的になっています。

張韶涵ディスコグラフィ全記事へ
張韶涵カテゴリ全記事へ
張韶涵タグ全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 張韶涵 张韶涵 アンジェラ・チャン 台湾女性歌手 張韶涵ディスコグラフィ CDレビュー 音楽映像レビュー


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

このアルバムは全体に好き
中でも、我恋愛了か
不想憧得かなあ

Untitled

e-68 きゃまさん。
そう、それでいいと思います。
私は「ang5.0」に関しては、iTunesに入れたMVを観ていることのほうが多いです。

謎のバージョンの謎が解けたので、また更新しておきます。

Untitled

一番最初に買ったアンジェラのCDです。
ドラマでアンジェラをはじめて知り、その時に流れていた曲が耳から離れなくてアマゾンでCDを購入しました。
それからアンジェラのCDを少しずつ買い揃えてきました。アンジェラの声と発音が好きでこの人がいたからC-POPにはまりました。
それでtenrinrinさんのブログに辿り着きました。
やっぱりCDを購入する時は初回版がいいのでしょうか?豪華ですよね、いつも購入するのが遅いから今度は気をつけてみようと思います。

Untitled

e-68 スイカさん。
初回版の場合は、預購版にだけオマケが付きますので、通常に買うと何も付いていないほうが多いです。
予約していなくても、日本の通販には余分に仕入れた預購版がしばらく売れ残っている時はありますけど。
やはり2ndバージョン(改版)のほうが豪華と言えば豪華で、特に私はMVが好きなので、どちらかを買うならDVD付き2nd版のほうがいいと思っています。
しかし、その人が何に興味があるかですよね。MVが入ったDVDよりも、小物のほうがいいという人もいるかも知れませんし、預購版にだけ付くシングル曲というのもたまにあって、それを逃すと2度と聞けなかったりすることも希にあります。
それと、2nd版と言うのは出るかどうか分からない物です。これが困ったものです。「第5季」は出ませんでしたし。
Angela以外の歌手も2枚ずつ買わされることが多いです。
私は置き場所にも困るほどC-POPのCDを買ってますので、最近はAngelaや注目している人以外は2nd版が出るのを待つようにして、2ヶ月ぐらい経っても出なかったら初回版を買うようにしています。
普通は初回版の発売から40~50日目ぐらいで2nd版が出ます。

とにかく台湾のレコード会社は、あの手この手でファンに余分に買わせようとします。
CDが売れなくなってきているので仕方ないことなのでしょうけど。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。