記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


この「ふりむけばC-POP」も昨年11月30日で3年目を迎えました。
思い起こせば昨年は、C-POPにおいて私にとっては大変な年でした。5月にAngela張韶涵の上海公演を見に行くという快挙(!)を成し遂げ、それ以来Angelaに夢うつつとなり、8月には台湾公演にも行ってしまいました。ずっと行きたかった台湾へ行けたことも大きな出来事でした。
それは実のところ、昨年の私の仕事が比較的ヒマだったからということもあります。それはそれで大変だったわけですが、今年は忙しくなりそうなのでどういうことになるか…。
このブログの記事も8割がAngela関係の記事になってしまいましたが、ほかの人のことも今年はもう少し書いていきたいと思っております。

ところで。
昨年の元日の記事で「C-POPの現状」と題して、台湾のレコード会社の状況について書きました。「今年中に台湾のレコード会社がほとんど潰れるかも知れない?」などということを書きました。幸い潰れたところはありませんでしたが、外目にはいろいろ動きはあったように見えます。全部の会社を見ていたわけではありませんが、種子音樂 (Seed Music) は香港の会社と合併し、所属歌手はガラリと顔ぶれが変わりました。少数精鋭の福茂唱片 (Linfair Records) は、あまり売れていなかったベテラン歌手2人はいつの間にかいなくなりました。と言っても新人を次々発掘してはいます。華納音樂 (ワーナー台湾) は所属歌手が激減しました。各社でリストラがあったのかどうかは分かりませんが、かなり業界内で「人事移動」があったようですし、各社生き残りをかけてあれこれ動いているように思います。
そんな中で面白い動きがありました。
星娛音樂 (XY music) は、昨年4月、元種子音樂の江美 (チャン・メイチー) の加盟でレーベルが設立され、同じ月にやはり種子音樂にいた光良 (マイケル・ウォン) が加盟しました。この会社はアルバムは出さずにシングル曲だけのダウンロード販売が基本です。一応シングルCDも出してはいますが、台湾ではファミリーマートのみの販売ということで、他社との競合を避けています。CDショップでは販売されない上、KKBOXなどの試聴サイトにも出てこないので、ヒットチャートには出てきません。果たしてどの程度うまくいっているのか今のところ計るところがありません。(香港ではCDショップで販売されているようです)
星娛音樂の所属歌手は今のところこの2人だけで、まだテストケースという段階にも見えますが、世界の風潮としてこういうレコード会社が次々出てきてもおかしくないと思えます。
ただ、私はたまに1曲だけ好きになった曲があればDLで買うことはありますが、個人的にはアルバム単位で音楽を聴いてきましたので、「アルバム」という概念がなくなるのはちょっと寂しいです。

XYmusic.com …支払いはUSドルで1曲の値段は日本円にすると約64円で、着うたは約40円。カラオケもありますがMVは売ってくれないようです。日本からアクセスしているせいか、日本円の参考価格が出ています。確かに、買いやすいことは買いやすいですね。

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

新年快樂~~

たくさんの情報をいつもどうもありがとうございます。
ゆっくりマイペースで続けられるといいですね。

張韶涵の新譜も早く出て欲しいですねぇ。

今年もよろしくお願いします。


Untitled

e-68 Lauraさん。
新年快樂!

こちらこそいつも梁靜茹の情報をありがとうございます。

Angelaの新譜は、前回は最初の予定から9ヶ月以上待たされました。
のんびり待ちます。

今年もよろしくお願いいたします。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。