記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙が出るほど染みてくる歌声です。

紅葉Fish梁靜茹(リャン・ジンルウ/通称:フィッシュ・リョン)は、マレーシア出身。北京語も広東語も操れる人で、1999年に台湾でデビューしました。(台湾、大陸は北京語、香港は広東語です)
中華圏では「バラードの女王」「ラブソングの女王」と呼ばれていて、他に「最もカラオケで歌われる女王」でもあります。つまり、中華圏では知らない人はいないような人です。
この人の歌、心に染みてきます。限りなく癒されます。
私が最初にC-POPに出会ったのがこのFishだったのですが、正直なところ、最初に聴いたときはあまりインパクトは感じませんでした。ところが何度か聴いていると、じわじわと来るんです。Fishの歌は。


「崇拜」2007年11月
崇拜
 01. 崇拜
 02. C'est la vie
 03. 每天第一件事
 04. 會呼吸的痛
 05. 101
 06. 一秒的天堂
 07. 給未來的自己
 08. 知多少
 09. 生命中不可承受的輕
 10. 三吋日光
 11. 原來你也唱過我的歌 (広東語)

先日出たばかりの12枚目(ライブとベスト含む)の新譜「崇拜」は、私にとっては待ちに待ったアルバムでした。
最初にこのアルバムを聴いたとき、何かFishは一つ階層が上がったような、一皮むけたような感じがしました。
この春ごろ彼女は大きな失恋をしたそうです。その心情を歌ったものが表題曲「崇拜」です。「他の人と違って、私たちは大丈夫だと思っていた」なんて歌詞は、とても切ないものがあります。
人によって違いますが、悲しいことに出会ったとき、ブログに書いたり小説にしたり音楽にしたりして、それを他人と共有することによって少しだけ客観的なものにすることができます。この歌は彼女にとってそういうもではないかと思います。
この表題曲「崇拜」のMV(北海道で撮影)の中で、Fishは教会のコンクリートの水抜き穴に向かって力いっぱい歌っています。台湾のMVの巨匠と言われている周格泰監督の作品ですが、Fishにとっては穴に埋めてしまいたい言葉だったのでしょうか。それとも懺悔の穴だったのでしょうか。最後にその穴の横に「崇拜」という文字が出ます…。(ちなみに周格泰監督のこともいつか書こうと思います)
とにかくこのアルバムでは、Fishは今まで以上にすばらしい「歌」を聴かせてくれました。
失恋した女性は大きくなるのですね。

このアルバムに関しては、私にはあまりにもすばらしすぎて曲ごとに解説することがとてもできませんが、補足解説をすると、最後に入っている「原來你也唱過我的歌」という曲は、今年5月にFishは香港でコンサートを行ったのですが、それにむけての始めて広東語で発表したシングル曲だったものです。日本語にすると「あなたも私の歌を歌ってくれていたのですね」という長いタイトルですが、広東語圏のファンへの感謝を表した曲です。曲中には、Fishのそれまでのヒット曲のタイトルが歌詞としていくつか出てきます。アルバムを聴いていてこの歌が聞こえてくると、「あ、もう終りか」と思うと同時に、コンサートでアンコール曲を聴いているような感じになりました。
もう一つ、「崇拜」と言う曲は先日東京国際映画祭で上映された「遠い道のり(最遙遠的距離)」という台湾映画のテーマ曲にもなっています。

いいですか、最初聴いたときはあまりインパクトは感じないかも知れません。しかし、何度か聴くとじわじわ来ます。
私にとってはこのアルバムを聞いているときは至福の時になっています。もう何回聴いたことやら。ちょっとお酒が入ったときなど、目がうるうるしてしまいます。
どこまでも美しく、心に染みてくるアルバムです。
いいなぁ、Fish…。

Fishのことはまだまだ書き足りないのでまた今度。

梁静茹 日本のオフィシャルサイト(2009年4月頃閉鎖)
梁静茹 - Wikipedia
台湾中央放送局「ミュージックステーション」- 梁靜茹 (日本語)

梁靜茹次の記事へ
梁靜茹 全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 梁靜茹 フィッシュ・リョン 台湾女性歌手 マレーシア出身 CDレビュー


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


引っ越しコメント

ブログ引っ越しにより、コピペでコメントを持ってきました。(tenrinrin)
------------------------------------------------------------
1. Posted by Zooy 2007年12月06日 11:42
tenrinrin様

ブログ開設おめでとうございます。これから
ちょいちょい遊びにきます。よろしくお願いします。
------------------------------------------------------------
2. Posted by tenrinrin 2007年12月06日 21:29
e-68 Zooyさん、ようこそおこしくださいました。
こちらこそよろしくお願いします。いつでも遊びに来てください^^。
------------------------------------------------------------
3. Posted by メロンパン 2007年12月08日 00:00
日本のオフィシャルサイトがあるのですね。
aもしっかりしてもらわないと・・・
あっどうしても方向が(笑)!
一回聴いただけだとどうかなと思ったアルバムも
何回か掛けていると、急にこれいいじゃんになる
時も結構ありますからね。
それが一番恐いんですよ~全て揃えるハメになるので(汗)!
------------------------------------------------------------
4. Posted by tenrinrin 2007年12月08日 00:55
e-68 メロンパンさん。
Fishの場合は、ロックレコードの日本支社があるので日本版も出ていますし、一応オフィシャルサイトはあるのですが、ほとんど開店休業状態で^^;、話を聞くとファンクラブに入会を申し込んでもなんの音沙汰もないようです。新譜の日本版もまだ出ておりません。頑張って欲しいんですけど。うれしいのはiTunesストアでダウンロード販売をやっていることです。私は買う必要ありませんが^^。
とことんハマってしまうと、どんどん過去のアルバムも欲しくなってしまいますよね。公式アルバムだけでなく、企画もののVCDだとか、聴いたことがないものの情報ががあれば聴きたくなってしまいます。どこかで自分に歯止めをかけないと大変なことになりますね^^;。今回のFishの新譜も違うオマケが付いた2種類の預購版を買ってしまいました^^。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。