記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

09 << | 2017/10 | >> 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ※今日は3つ目の記事です。

「情歌沒有告訴你」12月24日現地発売。
 本日3日より予約開始!

 予約限定盤にはDVDが付きます。
アルバム広告ページ

国内でも予約を開始しています。
香港王オンライン  ●百楽園  ●ファイブスターミュージック など。

Fish26-1遂にFishが始動します。「靜茹 & 情歌」から約2年ぶりのアルバムです。今回は移籍に伴い新しいメンバーと組んだようですし、自らもプロデュースを手がけています。従兄弟の張智成 (Z・チャン) とのデュエット曲もあり、これも楽しみです。張智成はマレーシアの歌手で、あの結婚式ビデオにもちらっと出ている面長のイケメンです。
Fish自身も超ショートカットにして大きくイメチェンしました。これは音楽の変化をアピールしているように思えます。

先行曲「情歌沒有告訴你」MVが公式に公開されています。
YouTube - 梁靜茹[情歌沒有告訴你] 完整官方 HQ MV

梁靜茹は大きく羽ばたこうとしています。
Fishは今年2月に結婚し、10月にはユニバーサルに移籍。そして11月には自分の会社を設立しました。Facebookに書かれてある「FISH MUSIC PRODUCTION」がそれだと思います。この会社はマネージメント会社(タレント事務所)ではなく音楽製作会社のようで、つまりレーベルと言うことでしょう。自分の思う通りに音楽をやれる場を作ったわけでしょうね。今回のアルバムもそこで製作されてユニバーサルから発売されます。
今Fishには「マレーシアの音楽を世界に広めたい」と言う壮大な計画があるそうで、今後は自分の音楽活動だけでなく、マレーシアから新人を発掘してプロデュースし、更には音楽だけに留まらず、映画やテレビなどにも関わっていくとのことです。
彼女のFacebookを見ていると、結婚してから幸せを謳歌しているように見えましたが、着々と自分のプロジェクトを進めていたようで、特に結婚がFishを大きく変えたようです。旦那さんの仕事関係の多くの人々と交流することで、とても視野が広がったと言っています。
ただ、旦那さんも会社経営で忙しいので、2人は映像で毎日話をしているそうです。テレビ電話でしょうか。
アルバムだけでなく、今後の動向も楽しみです。



 ○ FishLeong靜茹Fish - Facebook
 ○ ユニバーサル台湾 YouTubeチャンネル
 ○ 梁静茹 - 新浪微博 (登録なしでも最新記事は見られます)


梁靜茹カテゴリ全記事へ
梁靜茹タグ全記事へ
梁靜茹ディスコグラフィへ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 梁靜茹 フィッシュ・リョン 台湾女性歌手 マレーシア出身


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

またまたこんばんわ。
明日からまた台湾行ってきます。会社が3連休なのを利用して土日の台北「簡単生活節」というイベントに行ってきます!
http://simplelife.streetvoice.com/festival/show/show.html

これ自体かなり豪華な出演陣なんですが、今日になってフィッシュがこの日曜日に台北駅前でイベントする告知発見!

どっちに行こうか迷うところですが、その時間は多分フィッシュの方に行きますよ!
(これでハマった中華系歌手、全制覇です)

で、シメは「簡単生活節」の方で張恵妹アンプラグド。贅沢な週末だ・・・

Untitled

e-68 いいな…。贅沢だ…。

Untitled

Fish帰ってきたんですね!!
新曲もさすがです。いい曲です♪

Untitled

e-68 お久しぶりです、ヒラリーさん!
ブログお休みしているのでどうしたのかなと思ってました。
お元気ですか?

新曲を聴くと、もう本当に女王の風格です。
公私共にとても充実しているように見えます。

Untitled

行ってきましたよ、FISHのイベント。
2曲歌いました。
1曲は当たり前ながら新曲の「情歌沒有告訴你」。
で、2曲目はなんと「没有如果」!
新アルバムの予約会なのに~!前のレコード会社のときの曲を!
・・・本人も観客もノリノリだったのでヨシですが。台湾はおおらかですねぇ。

前金100元出してポスターにサインもらってきました。以前は予約といえば300元という相場だと思ったんですが、今回は100元でした。なぜ?

Untitled

e-68 HOさん、そんなに言われると、このイベントごった煮を逃したのが悔しくなるではないですか^^;。
「簡単生活節」は、初日からYouTubeに上がりまくっていました。
2日目のアーメイはHDノーカットで見ました。
陳綺貞がいい画質音質のものが上がってないのが残念です。
実は小野リサも大好きなのです。
どれも、あのお金をかけられなくて簡素なステージこそがいいですね。じじいとしては70年代が思い出されます。
来年は行きます。

日本の場合ですが、歌はカラオケと同じで、商用でもちょっと権利料を払えばステージで歌えます。カバーでCDに収録する場合はまとまった金額が支払われます。

Untitled

Tenrinrinさん
色んな歌手が4か所のステージで同時進行的にやっているので、時間がかぶってしまったり、場所取りに時間が必要な場合は判断に悩みますね。

思いの他良かったのが、蔡健雅。
最近の2枚のアルバムを持ってはいますが一度聞いただけで仕舞いこんでたクチでした。が、生で聞いて非常に気に入りました!で、その晩には3/26のコンサートチケット買っちゃいました!&翌日主だった店を回ってCDを買い漁って来ました。

蔡健雅を最後までしっかり聴いてたら陳綺貞の方は豆粒くらいにしか見えないところまでしか行けませんでした(大人気)。

張恵妹は、いい歌の場面では会場中カラオケ大会になってしまってチョット厳しいですね。張恵妹の情歌は日本で聴くのが一番かも?と思いましたよ。

簡単生活節は毎年同じような時期にやってるみたいですね。
聞くところによるとチケットは売り切れたとか。以前は、当日券で良いかな~と思ってたんですが、前売りだと割引になるという理由で、前に台湾に行った時に現地の7-11の端末でチケットは購入しておいたのが図らずも奏功。ネット販売は無かったような気がしますので、現地の人に頼んでおく必要がありますね。

Untitled

e-68 HOさん。
目当ての歌手を間近から見ようと思ったら、きっと2つぐらい前のステージから陣取っておかないとダメなんでしょうね。
こういうウッドストック型の音楽フェスで、日本で毎年行なわれるのは新潟のフジロックフェスか、仙台にもあるようですが、複数のステージがあるというのは珍しいですね。
GoogleEarthで会場の敷地を見てみましたが、静かになると隣のステージの音が聞こえてきそうな距離ですね。
こういう音楽フェスは、雰囲気を楽しみにいくもののような気もします。リュック背負ってバンダナを締めたりなんかして^^。
チケットを日本から買えないのは不便ですね。台湾に知り合いがいて良かった!

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。