記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「声動2010 張韶涵潘朵拉星球演唱会 上海站」

レポート後編です。
その後の報道によると、それぞれのシーンにはテーマタイトルが付いていたようです。
和訳すると前回の分は、第一幕「蘇る大地・巨星誕生」、第二幕「仙女の旅・愛情探索」でした。

第三幕・圧巻の音楽劇「灰色世界」
このシーンは普通のコンサートではなく、歌と踊りとAngelaのモノローグ(独言)による重厚な音楽劇が30分に渡って演じられ、「女優張韶涵」の顔を観ることが出来ます。出てくる曲も全く新しいアレンジで、Angelaの演技部分も含めて途切れることなく一つの音楽としてまとめられていて、今回のツアーの最大の見せ場だと言えます。物語は、これから出てくる曲の歌詞の内容をつなげて作られたと思われるもので、記事によると「愛に飢えた女」の物語のようです。

第二幕でのゲストの韋禮安 (ウェイ・リーアン) が去った後、場内は暗転し、半透明の幕にCGの薔薇が映し出されると、物悲しい音楽が流れてきます。それに乗って聞こえてくるのはAngelaの「復活節」の歌声。すると半透明の幕の向こうに照明を受けてぼーっと浮かび上がるのは黒いAngelaです。その歌は「真的」に変化し、また「復活節」に戻るという重々しいアレンジのミックス曲です。やがて幕が開くと、その黒い衣装の全貌が明らかになります。
Angela88-01

Angela88-02そして音楽は更に変化し、重低音のパーカッションが鳴り響く中、歌は「第五季」へと移ります。そのサビの部分を生で聴くと、Angelaのダイナミックレンジの広さというのかそのパワーに感動します。
この黒いAngelaが、女の中に潜む恐ろしい部分を表現しているかのように、本当に恐い顔を見せます。

短縮された「第五季」が終わる頃、黒装束の女2人がAngelaの黒い衣装を脱がせ始め、舞台は暗転します。音楽は続き、暗闇の中からAngelaの物悲しい台詞が聞こえてきます。照明で浮かび上がると白いAngelaです。これが表の部分の女なのでしょうか。台詞に続けて自然に歌い出すのは「我要你的 (あなたが欲しい)」。そこへ白い男ダンサーが現われます。この人はSunnyと言って、香港の有名な振付師だそうで、Angelaが香港でリハーサルを続けていたのはそのせいだったのです。
Angela88-03
Angela88-05 Angela88-04
Angelaの「我要你的」の歌い上げがまた胸を打ちます。本当に素晴らしい声です。踊りで男女の絡みを描きながらも歌は続きます。

男ダンサーは、Angelaが語りかける男の象徴のような形なのでしょう。そして他の女ダンサー達は、その男を奪おうとする女達の象徴だと思います。それと、黒いAngelaから全くメイクを変えていないのに、愛に苦しむ弱い女を表情で演じているというのも凄いです。
Angela88-07 Angela88-08
Angela88-06

歌が終わるたびにAngelaのモノローグが入り、次の曲が自然に歌われます。
「不痛 (痛みは感じない)」のアレンジでは、予めレコーディングされたと思われる、数十名の合唱団による荘厳なコーラスが流れます。その歌いながらの演技にも目を奪われます。

次に「都只因為你 (すべてあなたのため)」が歌われた後、Angelaの泣き叫ぶような台詞が入ると、その迫力に観客から歓声が上がります。そして歌い出すのが「吶喊 (叫び)」です。ここでは女達の戦いが描かれているようです。

Angela88-10
崩れるようにしゃがみ込むと、台詞のあと静かに歌い出すのは「白白的 (むなしい)」。ハープのアルペジオで物悲しく歌います。北京公演ではこのとき舞台がせり上がって花吹雪が舞ったようですが、上海ではできなかったようです。

ここからがこの音楽劇のクライマックスです。
いきなり激しいリズムでAngelaが力強く踊り始めると、ダンサーの衣装がここまでに何度も変わり、和風を思わせる赤い衣装のダンサー達が舞い始めます。歌い出すのは「直線」。この曲自体あまり歌われた事がないと思いますが、CDとは全く違うヘビーロックになっています。
Angela88-11

このシーンが写真でたくさん報道されましたが、男ダンサーがAngelaを半回転させて肩に乗せます。
Angela88-12

全員による力強いダンスは続きます。このシーンは正面から見るとマンダラのように見えるわけですね。
Angela88-13
Angela88-14
最後の決めでは思わず「ブラボー!」と叫びたくなりますが、私はビデオを回しておりました。曲ごとに少し回しては止めていたのですが、このクライマックスは止める場所を見つけられませんでした。
音楽は一度途切れますが、続けざまにそのエンディングが繰り返され、AngelaとSunnyは手を取り合って速やかに去ります。ただひたすら魅せてくれたという感じです。
おそらくAngelaとSunnyとアレンジャーが作り上げた音楽劇でしょう。そこにはAngelaの思いがたっぷり入っているように思えました。この音楽劇を観るだけでも価値があります。

第四幕「隠れた天国」
しばらく幻想的なアンビエントサウンドが会場内に響きます。それとオーバーラップして聞こえてくるのが「看得最遠的地方」のイントロです。歌いながら上手から出て来たAngelaは、あの宇宙女王の衣装です。この第四幕は叙情バラードの大合唱シリーズになります。
Angela88-15
Angela88-16
ここではAngelaがまた別の顔を見せます。いつも営業などで歌う時は、観客を乗せるために「さあ、みんな一緒に歌って~!」というノリで、イントロも間奏もAngelaは叫びまくりますが、ここでは優しい笑顔を見せるだけで多くを語りません。ぽつりぽつりとエンディングなどで語りかけますが、まるで弟を見つめる優しい姉のように、更には母のような優しい表情で観客に笑顔を贈ります。

「不想懂得」を歌い終わったあと、再び幻想サウンドが間をつなぐと、いきなり「夢裡花」を歌い始めます。鳥肌が立ちました。私にとってAngelaはこの歌から始まったのです。
歌い終わるとAngelaは笑顔を残しただけで何も語らず、観客に背を向けて静かに階段を登り、リフトに乗って一旦消えます。

途切れなく幻想サウンドは続き、しばらくすると再び階段の上にせり上がってくると、同じ衣装で今度は翼を付けています。幻想サウンドにのせて力強く歌い出したのは「隱形的翅膀」のサビです。それに続くイントロは全く新しい感動的なアレンジです。更に叙情的に、更にドラマチックにこの曲は歌われました。
Angela88-17
Angela88-18
Angela88-19

間奏のあいだも「2階のみんなも一緒に歌ってください」と優しく語ります。この曲はAngelaの最大のヒット曲で、これは観客へのお礼なのでしょうか。ダンサーの衣装も凝っていて、この曲のためだけに作られたようです。この曲だけ違う世界が作られました。
歌い終わると、やはり何も語らず静かに去りました。

Angela88-20ここで一旦幕が降り、5分ぐらいだったでしょうか、このコンサートのメイキング映像がステージ両側のスクリーンに映し出されます。その中でAngelaはこのツアーのために相当体を鍛えたようで、「ほらっ!」という感じで力こぶを見せたりしていました。ここまで観ただけでも、これだけパワー全開で歌って踊ってというのにはそれは必要だったのでしょう。

第五幕「パンドラ究極世界」
VTRが終わると、聴こえてきたのは「潘朵拉」のイントロです。ここからは「アイドルAngela」の世界になります。
幕が上がると球体の上にAngelaが背を向けて人形のように固まっています。それが踊り出すと、これがまた可愛いにもほどがある! 全ての振り付けが新しいものになっているのですが、この振り付けもシンプルで可愛いのです。
Angela88-21

それまでも後ろの観客たちが、通路の前まで行って写真を撮って席に戻るということを繰り返していて、とにかく人がうろちょろして終始会場が落ち着かなかったのですが、ここではぞろぞろやってきて、通路に座り込み始めました。
Angela88-22
これが通路にぎっしり座っている状態で、この状態でも人が往来します。両側の2つの頭は前の席のカップルです。みんな座っているうちはまだ良かったのですが…。

しかし何というか、このAngelaの表情を見ると、あの黒いAngelaからメイクを変えている間はないわけで、とても同一人物とは思えないほど、ここでは「女の子」を演じています。髪型や衣装が変わっただけではなく、表情やしぐさもノーテンキに弾けています。
Angela88-23 Angela88-24
Angela88-25 Angela88-26

この曲では長い間奏があって、Angelaがバンドメンバーを紹介するとそれぞれのソロが演奏されるのですが、その間Angelaは弾けまくって踊っています。ギターソロが聞こえてくるとエアギターをやったりして、それはもう可愛いにもほどがあるわけで、誰も演奏者を見ていなかったはずです。
Angela88-27 Angela88-28

Angelaのデビュー当時、最初は全く演技に興味がないままドラマの主役に抜擢されて、「どうして自分が演技なんかやってるんだろうと」思ったそうですが、のちに「あのとき演技を勉強したことが歌の役に立っている」と語っています。Angelaは自分の置かれた位置をよく知っていますから、ここでは思いっきりアイドルを演じているのです。
このあとはメドレー式にエンディングが省略されて次のイントロが飛び込んでくる形で進行し、曲も少し短めになっているようです。「給你給我」も同じようにノーテンキに歌い踊ります。

ダンサーがAngelaの帽子を取ると、「保護色」のイントロです。ちょっとセクシーな振り付けで、「どうなのよ!」という挑発的な表情で踊り始めますが、これはこれでまた可愛いにもほどがあります。歌い始めると、あばずれ娘のような表情になります。また違う顔です。
Angela88-29 Angela88-30

このニュアンスは次の「喜歡你沒道理」にも続きます。Angela自身がこのステージを楽しんでいるかのように、時々歌うのをやめて「イェ~イ!」とか叫んでいます。
北京公演で報道されたこのスカートめくりは振り付けでした。
Angela88-31
こんなこと振付師が思いつくわけないことで、Angelaが「男の子達はどうすれば喜ぶのか」ということを知っているから取り入れたのではないかと思います。「喜歡你沒道理」の間奏に入った最初の「ナインティナイ~ン」のタイミングで突然めくりますので、行かれる方はお見のがしなく^^。私は液晶モニターで見てしまいました。

「頭號甜心」のイントロが聞こえてくるとモンキーダンスです。ここでAngelaは歌いながらステージ左のほうへ行って、観客に握手しようと手を伸ばします。左の通路に人が押し寄せて警備員が力ずくで押し返しています。Angelaはそれを尻目に手を差し伸べたまま右のほうへ走ってきます。前のほうの客達が一斉に立ち上がって手を伸ばします。
私の前のほうにやってきたときは人のすき間から一番アップを撮れました。
Angela88-32 Angela88-33
Angela88-34

しかし通路に座っていた連中も立ち上がり、更に後ろから通路へ次々人が押し寄せてきました。見えないので私も立ち上がりますが、もう通路は人がぎっしりで何も見えません。Angelaの頭がちらちら見えるぐらいです。前の客席の連中も通路から前に出ようとしているのか右往左往しています。大混乱です。もう、ビデオを高く持ち上げて液晶モニターで見るしかありませんが、人の頭が半分かぶっていますし、みんなカメラを高く持ち上げているので、そのすき間からAngelaが見えるだけです。このあとはほとんどAngelaを生で見ておりませんしビデオもブレブレです。以下の画像はかろうじてAngelaが映っているところを抜き出したものです。

混乱の中から聴いたことのないイントロが聞こえてくると、「搖擺頭」をノリノリで歌い出しました。新しいアレンジです。これだけ歌って踊っているのにパワーが全く落ちていないどころか、これでもかというぐらいノリノリで歌っています。
Angela88-35
Angela88-36 Angela88-37

メドレーの最後は花火で紙吹雪が舞いました。
Angela88-38


大陸にはアンコールがない!
Angelaが何か言ってますが、見えません。みんな席に戻りません。ステージは暗くなり、「I Started A Joke」が聴こえてきました。
この画像は一瞬全身が映っただけで、あとは人の頭ばっかりです。
Angela88-39

静かな曲になるととにかく観客はガヤガヤとしゃべっています。特にこの曲は英語なのでみんな一緒に歌えないせいもあります。華人はどこへ行ってもみんなおしゃべりらしいので仕方ないにしても、何と言うか、みんな普通の声でしゃべっています。更に前の女が大きな声で電話をかけ始めました。これが最初ではなく、静かな曲になるとあちこちから電話で話す声が聞こえてきます。Angelaが歌ってるんだからみんな聴けよ!
このあと「親愛的 那不是愛情」「我的最愛」と大合唱になります。
Angela88-40 Angela88-41

終わるとAngelaはしきりにお礼を言っているのが聞こえてきますが、何も見えません。そのまま幕が降ります。
私の中ではここまでがあっという間の短い時間に感じていましたので、「あれ? もしかしてこれで終わり?」と言う感じでした。「でもいいや、みんな席に戻り始めたし、このあとはアンコールだ!」
と、思っていると、明かりが点いてみんな帰り始めます。「ウソだろ。お前らアンコールがあるだろうが!」と思うも、季くんも「さあ、帰りましょう」とか言ってます。「ノーノー、アンコールがあるだろ!」と叫ぶと、彼は理解できない様子でした。数人のグループが「アンコー、アンコー」と連呼し始めましたが、もう客席にはほとんど人がいません。台湾か香港から来たファンだったのかも知れません。そのうち偉そうな警備員に我々は追っ払われました。
どうやら大陸にはアンコールの習慣がないようです。あとからセットリストを見ると、最後のバラード3曲はアンコール用の曲に思えます。これは昔、台湾か香港の歌手のコンサートで、アンコール曲を残して引っ込んだらみんな帰ってしまったということがあったに違いありません。
とにかく最後は何も見えないままコンサートは終了しました。とても不愉快な気持ちで会場を出ました。「はるばる上海まで観に来たのに!」
他人の迷惑をかえりみていたらこの国では生き残っていけませんから、日本の常識をここへ持ち込んでも全く無意味なことで、それはよく分かってはいましたが、コンサートでもやはりこうなるかという感じです。

コンサートをビデオで撮るなんてもちろん初めてのことです。旅行でもあまり回し過ぎるとファインダーの想い出になってしまいますので、それを恐れてあまり回すつもりはなかったのですが、ついついたくさん回してしまいました。撮っているとコンサートに参加できません。Angelaを観たという実感はあったはずなのですが、何度もビデオを観ているとそれが想い出にすり替わっていきます。しかしいい記念にはなりました。

最後は大変な状態でしたが、コンサートそのものは素晴らしかったです。丁度2時間半のステージで33曲もやったというのは、長いあいだコンサートが出来なかったのでとにかくたくさん聴いてもらおうと言うことだったのでしょう。多くを語らず、ひたすら聴かせて魅せてくれたコンサートでした。Angelaは単なる歌手ではなく、あらゆる要素を取り入れたエンターテイナーになろうとしているようにも思えました。

それで、台湾でもう一度見直すことに決めました! ちょっと決断が遅かったので前から11列目です。
8月7日、また行くぞAngela!!

Angela88-42ちなみに、会場で大陸盤「第5季」を売っていたので50元 (約670円) で買いました。大陸にしてはちょっと高目です。DVDは付いていません。歌詞カードは文字が違うだけで内容は全く同じでした。



コンサートチケット情報→ (広州は売り出しています)

Angela張韶涵 A6 官方資訊站 - Facebook
福茂唱片 - Facebook
LinfairRecords (福茂唱片) YouTubeチャンネル
LinfairRecords (福茂唱片) YouTubeチャンネル2
ANGnation.com



張韶涵 次の記事へ
張韶涵 全記事へ
張韶涵 関連記事も含めた全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 張韶涵 アンジェラ・チャン ライブ 台湾女性歌手 2010張韶涵上海コンサートレポート


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

こんばんは。
詳しいリポートありがとうございます。
衣装がすごいですね。
ミュージカルは、なんか怖そうな。
だけど他のシーンは目一杯明るい感じ。
そしてコンサートの終盤はわけわかんない状態・・・。
行った人に聞かないとわからないナウな情報に感謝です。


Untitled

結局台湾に行かれますか(笑)

大陸ではないですが、ELVAの台北での年越しコンサートでも、カウントダウンと会場の終了時刻の関係からか、観客がアンコールと言い始める前にアンコールが始まっちゃいました。

Untitled

お疲れ様です!
コンサートというより、
なんか中島みゆきの夜会みたいな感じなんですね。
(ってたぶんtenrinrinさんは夜会知らないかもしれませんが^^)

で、台湾買っちゃいましたか!w
私と一列違いですね~
一緒に楽しみましょう~!

どうでもいい話ですが、
台湾だと「アンコール」の発音が日本と違いますね。。

Untitled

e-68 きじねこさん。
向こうのコンサートは豪華絢爛ですね。
ナウな情報でした^^。

e-68 HOさん。
台湾に知り合いが出来たこともありますので^^。

相手が年越しカウントダウンならしょーがないでしょうね。
アンコールなんて立て前のものですから、香港のレオン・ライなどはアンコールはやらない主義だそうです。
でも、やはりやってほしいですけど。

e-68 hiroさん。
夜会知らないです^^;。

10列目ですか? 特1区の前のほうは、やはり早くに売れてたんですね。
よかったら、近付いたら左の「自己紹介」のところからメールをください。
上海と同じなら、夜10時に終了です。
向こうは遅くまで店は開いてるんでしょうかね。
上海は夜10時は電車も終わってます^^。

「アンコール」よりも「アンコー」のほうが原語に近いかも知れませんね。
上海では「アップル」は「エポー」でした^^。

Untitled

tenrinrinさん

>向こうは遅くまで店は開いてるんでしょうかね。

台北市内は地下鉄もバスも深夜0時くらいまで動いてますよ。
私の席は12列の41番です。
前方の席は瞬殺でしたorz

Untitled

面白そうですね~
かなり興味あります。
臺北小巨蛋の座席配置図ってどこかに無いですかね~?

Untitled

e-68 hiroさん、ravenmadさん。
私の席は11列02番で、特1區の右から二番目です。声はかけやすいと思います。
ただ、開演前にお会いできなければ、終わって席を立ってしまえば会うことは不可能ですから、みなさん1度左の「自己紹介」のメールフォームからご連絡をいただいたほうがいいかと思います。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。