記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【特別企画^^】
日本で撮られたC-POPのMV - その他の地方編

先月末に、また2人の最新日本ロケMVが公開されました。
最終回は、京都、金沢、福岡と、例外編では長崎、新潟で撮られたMVです。

※MVへのリンクはYouTube。


ロケ地:京都
■嚴爵 (イェン・ジュエ) アルバム「謝謝你的美好」(台湾・2010年) より
Google17-01 「謝謝你的美好」MV
 「愛就是咖哩」MV

現時点で日本ロケの最新MVです。
4月23日にアルバムが出たばかりの21歳の新人ですが、ただものではありません。梁靜茹 (フィッシュ・リョン) の大ヒット曲「沒有如果」を書いた人で、台湾ドラマ「敗犬女王」「下一站,幸福 (秋のコンチェルト)」のサントラも手がけ、作詞作曲編曲演奏歌唱プロデュースをこなす才人です。歌もなかなかの実力派です。

「謝謝你的美好」MVは前半は台湾でのシーンですが、後半のメインは京都嵐山で、京都市内各地でも撮られています。これも桜狙いです。

この車両は京福電鉄の嵐山線だけで走っている古い車両で、一度引退しましたが、鉄道ファンに応えて2年前に復帰したそうです。この踏み切りはおそらく嵐山駅の近くだと思います。
Google17-02

これは一瞬見える看板の文字で検索しました。京福嵐山駅の近くです。
Google17-03 Google17-04
※ストリートビューで表示
この茶屋は、嵐山から北へ行った高雄山の山越えをする国道沿いにポツンとある、正に峠の茶屋です。
Google17-05 Google17-06
※ストリートビューで表示
Google17-07
茶屋の中庭は、渓流の音が聞こえるはずです。
 ※グルメガイドサイトへ

鴨川です。建物から見てマップのここかと思います。私は幼稚園の頃にこのもう少し川上のほうに住んでいました。鴨川にはまって泣いて帰ったことを覚えています。
Google17-08 Google17-09
※Googleマップで表示
ついでに台湾のシーンでは、この辺はMVでよく使われる台北の広大な河川敷、觀山河濱公園です。
Google17-10 Google17-11
※ストリートビューで表示

・・・・・・・・・・・・・・・・
Google17-12「愛就是咖哩」MVは、日本は成田空港がちらっと出てくるだけなのですが、これは凄いMVです。台北、ロンドン、パリ、NY、成田、香港の空港にピアノを運び込んで撮っています。よくこんな撮影が出来たと思います。着陸態勢に入った飛行機の窓からも撮られていますが、これは16mmフィルムのカメラなので電子機器ではないので許されたのでしょう。
ところで、冒頭で引用されているジャズの名曲スタンダードナンバー、曲名を思い出せません。グレン・ミラーの曲だったっけ。(※デューク・エリントンの「A列車で行こう (Take the 'A' Train)」でした)

「沒有如果」では青山テルマ「そばにいるね」からの盗作疑惑が起こり、会社 (相信音楽) が簡単にそれを認めてしまいました。一部のフレーズが似ていただけなんですけどね。私にはこの人はなかなかの才能の持ち主に思えます。




ロケ地:福岡
■劉若英 (レネ・リウ) アルバム「在一起」(台湾・2010年) より
 「我不想念」MV     「風和日麗」MV

Google17-13

こちらも日本ロケ最新で、嚴爵と同じ相信音楽から4月16日に出たばかりのアルバムからです。MVの巨匠、周格泰 (チョウ・グータイ) 監督によって福岡で撮られています。「4月初旬に菜の花がきれいなところはどこだ」ということで福岡が選ばれ、2本のMVに3日間で500万元 (約1500万円) もかけたことが報じられています。30名ものスタッフを引き連れてやって来たようです。福岡と言ってもいささか広うござんして、私はスペースワールドしか行った事がないうえ、観光ビデオのような撮り方もされていませんので、画面からは何もロケ地の手掛かりをつかめません。どこかの温泉と、美術館のようなところが出て来ます。
「我不想念」MVのこのお話は、12歳の時に未来の自分に宛てた手紙の「幸せですか?」の言葉に、「今の自分は幸せなのだろうか?」と自問自答の旅をするお話です。いつもながら、周監督のショートショートフィルムのような世界です。それに「女優レネ」が出ているだけでもその演技で画面が締まります。素晴らしいMVです。蕎麦がうまそうです。

Google17-14「風和日麗」MVは列車を一両借り切って撮影したようです。駅がいくつか出て来ますが、これは地元の人でないと判らないでしょう。今のところ画質のいい動画が出ていませんので、DVDで見るといろいろ文字情報を判読できるかも知れません。出演しているのは五月天 (メイデイ) の瑪莎 (マーサ) で、今回レネが移籍した相信音楽は、五月天が経営者の一員です。プロデュースをしてるのかな?
詳しいことが判ればこの項目を更新するか、新しい記事を書くかも知れません。

※ちなみに今回のアルバムの一曲目「繼續 - 給十五歲的自己」は、アンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ」のカバーです。C-POPのカバーでは珍しく、オリジナルのテーマを変えずに、これも10代への応援歌になっています。




ロケ地:金沢
■洪卓立 (ケン・ホン) アルバム「愛・無膽」(香港・2007年) より
Google17-15 「愛・無膽」MV
 「苦行僧」MV
 「愛・別等」MV

洪卓立 (ケン・ホン) は、このデビューアルバムでブレイクし、その後2008年の10月まで立て続けに2枚のアルバムを出していて、映画やドラマでも活躍しています。この時20歳です。
MVは桜満開の金沢へ撮りに来ています。観光ビデオのように様々なところで撮られているようですが、金沢には名所旧跡寺社が山のようにあるうえストリートビューがありませんので、観光ガイドサイトなどを頼りに探してみました。私は金沢は石川県立歴史博物館へ仕事で行ったぐらいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・
「愛・無膽」MVから、これは金沢城の石川門だそうです。桜の下で絵を描いているシーンもこの敷地内のようです。
Google17-16 Google17-17
Photo by 継之助 (Wikimedia Commons)
古い街並みはひがし茶屋街。
Google17-18 Google17-19
※Wikimedia Commonsで表示
この背景の橋は浅野川大橋。
Google17-20 Google17-21
Photo by Hirorinmasa (Wikimedia Commons)

Google17-22これは私も行った石川県立歴史博物館です。あとの「愛別等」MVにも出て来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「苦行僧」MVで判ったのは尾山神社だけです。絵馬のシーンなども神社の境内は全て尾山神社です。
Google17-23 Google17-24
おそらく地元の人ならすぐ判るだろう場所がほかにたくさん出て来ます。
・・・・・・・・・・・・・・・・
Google17-25金沢と言えば兼六園。「愛・別等」MVで判ったのは、先ほどの博物館以外ではこの兼六園の入り口を入ったところにある江戸町通りだけです。
 ※観光ガイドサイトへ

これらのぼけた動画から場所を割り出すのは大変でした。
判った場所だけを地図上にポイントを入れてみると、半径700m以内の観光コースを巡ったような感じです。

洪卓立 (ケン・ホン) は2009年初めに大病を患い、ずっと入院していたそうですが、2009年末に復帰し、今年3月には新曲入りベストアルバムが出ていて、この3本のMVもボーナスDVDに収録されています。ルックスも声もさわやかで、また活躍が期待される人です。




ロケ地:東京
■許茹芸 (バレン・スー) アルバム「日光機場」(台湾・1997年) より
Google17-28 「日光機場」MV
 「破曉」MV
 「愛在黒夜」MV
 「讓你走」MV
 「金絲雀」MV

ルーユンおねーさんのものが「東京・神奈川編」から漏れていました。
これらは林錦和 (リン・ジンハー) という監督によってまとめて撮られています。東京とその近郊だと思われますが、これもあまり場所を特定できるような撮り方がされていません。それに13年も前なので、駅など現在と様子がかなり違っているところもあると思います。

「日光機場」MVで判るのは、新橋から豊洲まで湾岸を走る新交通システム「ゆりかもめ」から見た景色です。この三角のビルは芝浦ふ頭にある建物です。
Google17-29 Google17-30
※ストリートビューで表示

Google17-31「破曉」MVに出てくる赤いラインの列車は、東急東横線のようです。桜木町行きの表示が確認できますが、現在は東急桜木町駅は廃止されています。

この時計台は、湾岸埋め立て地の月島にある小学校のもので、勝どき橋から見た映像のようです。
Google17-32 Google17-33
※ストリートビューで表示
と言うことは、この橋の欄干らしきものは、勝どき橋だと思われます。
Google17-34 Google17-35
※ストリートビューで表示

「金絲雀」MVは、新撮に加えて、メイキングや台湾でのサイン会の様子などを織り交ぜて編集されたものです。



例外編

ロケ地:長崎
Google17-26■楊坤 (ヤン・クン)
シングル「恋愛長崎」(大陸・2005年)より
 「恋愛長崎」MV
「北京歡迎你」に出ていた人です。長崎県観光連盟の企画で、中国への観光PRソングとして楊坤に歌と作曲を依頼したものだそうです。「Redpurple Studio」という台北と北京に拠点を持つ制作会社が作ったもので、撮影スタッフは北京から来たようです。つまり製作者は長崎県で、大陸から楊坤と撮影スタッフ一式を呼んで作られた中国向け観光ビデオです。主にハウステンボスで撮られていて、女神大橋も出て来ます。

ロケ地:新潟・京都
Google17-27■陳綺貞 (チアー・チェン)
アルバム「讓我想一想」(台湾・1998年) より
 「孩子」MV
デビューアルバムからですが、チーチェンの顔立ちと髪型から見て、なぜか2005年以降に撮られたものではないかと思います。後半にプライベートで日本旅行したときの8ミリフィルムの映像が映り、若いチーチェンが出て来ます。「フジ・ロックフェスティバル」の映像が出て来ますが、旅館の名前が新潟なので、苗場スキー場で行なわれるようになった1999年以降のものです。京都比叡山のロープウェイも出てきます。8ミリにはチーチェンがよく映っているので、彼女の友人が撮ったのでしょう。この時代に8ミリをやっていたと言うのはかなりマニアックです。
このMVはチーチェンがかつて所属した滾石唱片から昨年に出た「陳綺貞 BEST」というMV集に収められた以外、今までどこにも収められなかったようです。



オマケ

劉匇華 (アンディ・ラウ) のサントリー・ウーロン茶のCMが日本で撮られています。今年3月から香港で放送。
道地極品清烏龍 雪猿篇 30" …傑作CMです。
道地極品清烏龍 雪國丹頂篇 30"

C-POPではないけれど。
Aloha From Hell「Can You Hear Me Boys」 …たぶん渋谷、六本木、秋葉原、お台場、浅草あたりです。




現時点で見つかった日本ロケMVは以上です。いろいろ情報を下さった方、ありがとうございました。この特別企画を思いついた時点では30本あまりだったのですが、書きながら調べるとどんどん見つかり、例外編を除いて58本に上りました。そのうち昨年12月から今年4月までに発表されたものが7組16本もあります。
時々彼らは、日本人ならわざわざこんなところで撮らないと思うような場所で撮っていたりします。それは体裁を整えられて作られた観光地ではなく、日本のさりげない町並みが新鮮に見えたからかも知れません。
日本ロケMVはおそらくまだあると思います。また見つけて数がまとまったら紹介しようと思います。日本で誰もやったことのない「まとめ」を今後もやりたいです。

Googleでロケ地めぐり 全記事へ

関連記事


テーマ : 中華ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 劉若英 許茹芸 陳綺貞 日本ロケ


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


劉若英

劉若英っていいですね。
いやー久しぶりにCDを買う衝動が走りました。

今はyoutubeで学習中ですw

日本のPVってなんか凄い♪
新鮮に感じてしまいますね。何故なんだろう。

Untitled

e-68 こんばんは、ケッツアールさん。
彼女は私より歳下ですが、あの声を聞くと「おねーさま!」と呼びたくなります^^。

いきなり日本のPVの話に飛んでおりますが、それはもう言わずもがな良くできていると思います。でも台湾も香港も頑張ってねと応援したくなります。
やはりCDが売れなくなったと言っても日本は中華圏よりもまだ売れている方でしょうから、PVへのお金の掛け方も違うわけですね。映像は予算とクオリティがほぼ正比例します。希に例外もありますが。
あれ? そういうお話でしょうか^^;。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。