記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

06 << | 2017/07 | >> 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王心凌全記事へ 王心凌1回目へ

これはHoney-Gさんの記事「王心凌カバー原曲リスト」からのトラックバックです。

Cyndi03-1s台湾のスーパーアイドルCyndiの今までのアルバムを見るとやたらとカバー曲があり、一番多いのが韓国からのもので、あと日本、欧米と続きます。
CyndiファンのHoney-Gさんがそれらをまとめてくれました。貴重なリサーチなのでこちらにも貼っておきます。(若干の補足とリンクを加えてます)

--------------------------------------------------------------------

「Begin…」(2003年2月) より

「灰姑娘的眼涙」…イントロのみダニエル・リカーリ
         『ふたりの天使』(フランス)
「On My Way」…J (チョン・ジェヨン)『8318』(K-POP)
「Baby Baby Tell Me」…オム・ジョンファ『同題』(K-POP)
「As Time Goes By」…T (ユン・ミレ)『同題』(K-POP)
「這…」…DANA『DIAMOND』(K-POP)

「Cyndi Loves you」(2004年3月) より

愛你」… PAPAYA 『ネ イェギル トゥロバ』(K-POP)
「月光」 …ヴィレッジ・シンガーズ 『亜麻色の髪の乙女』
「愛的套餐」…金賢珠 (キム・ヒョンジュ)
       『ヨネウィ キチョ(Yeon Ae Eui Gi Cho)』(K-POP)
「第一次愛的人」 …M2M 『The Day You Went Away』(ノルウェー)
「心心相印」 …SWI-T 『ノワナンハナンゴヤ』(K-POP)

そのほか、
「明天見」は原題が『頑固』となっていますがそれ以上の情報なく。
キム・ヒョンジュは超有名な同名の女優さんがいるそうですが、そうではない方で表記はhyun zoo。
1st album「first story」に収録されています。

『亜麻色の髪の乙女』は青山ミチ『風吹く丘で』を改題したもので、先に録音された青山ミチ版が幻のオリジナルだということです。
 ※『風吹く丘で』試聴ページ ←ページの一番下にあります。

「Honey」(2005年2月) より

Honey」 …イ・ジョンヒョン『Summer Dance』 (K-POP)*
飛吧」…古謝美佐子『童神』(夏川りみがヒットさせる)
「失恋歌迷党」…S'MAX 『ALOHA』 (K-POP)
「青春考巻」…SweetS『虹色の永遠』
愛的滑翔翼」…大塚愛『桃ノ花ビラ』
「往幸福出發口巴」…ソヨン(seo yeon) 『SWEET JULY』 (K-POP)

 *微妙にメロディーが違うので正式にはカバーではないようです。

また、カバーではありませんが『愛情城砦』の作詞は日本でもおなじみのビビアン・スーですね。

「閃耀2005 新歌+節奏精選」(2005年7月) より

DA DA DA」 …黄鶯鶯 (トレーシー・ホァン)『同題』
「2005月光閃耀」…『亜麻色の髪の乙女』
          島谷ひとみと言ったほうがいいかな。

「Cyndi with U」(2005年12月) より

「打起精神来」 …竹内まりや 『元気を出して』(薬師丸ひろ子へ提供)
Woosa Woosa」 …2005 Tiwa Hula Hula 『Hula Hula』(タイPOP)
「太陽万歳」 …吉村ナオミ『太陽の公園』

「微笑PASTA (テレビ・サントラ)」(2006年7月) より

彩虹的微笑」…Buddy Holly 『It's so easy』(アメリカ)
  これは Linda Ronstadt もカバーしています。

「MAGIC CYNDI」(2007年4月) より

「火車快開」 …GAZOSA 『WWW MI PIACI TU』(イタリア)
蝴蝶」 …夏川りみ『雨降樹の下で

「Fly! Cyndi」(2007年11月) より

「還是好朋友」 …Gavy NJ『Happiness』(K-POP)
「泡泡糖」 …ベ・スルギ bae seul gi
      『malgwalryangi (おてんば) = TOMBOY』(K-POP)

--------------------------------------------------------------------

以上、Honey-Gさんのリサーチでした。
よくここまで調べられたと思います。特にハングル文字とは悪戦苦闘されたようです。

私なりにこれに補足と能書きを書いてみます。(単なる感想も)
『ふたりの天使』は、元々フランスのサン・プルー楽団というイージーリスニング楽団が、1970年にダニエル・リカーリという歌手をフューチャーして発表したものが、リカーリの名前のほうが有名になってしまった曲です。
『亜麻色の髪の乙女』はCyndiは2回カバーしていますが、当然どちらも島谷ひとみを聞いてのカバーでしょうね。
『童神』も原唱は古謝美佐子ですが、夏川りみがヒットさせましたので、それを聞いてのカバーでしょう。
「Honey」は原曲とおぼしき『Summer Dance』とは、そっくりだけど微妙に違うと言うのは、う~ん、これがカバーなら問題ないのですが、作曲家も中国名だし、カバーでないとしたら盗作と言われても仕方ないです。イントロのフレーズまで微妙にそっくりです。
「DA DA DA」は台湾の国民的歌手黄鶯鶯 (トレーシー・ホァン) が1983年に歌ったもので、「Changes」というアルバムに収められています。この人は70年代なかばから欧米のカバー曲をたくさん歌ってきた人で、「DA DA DA」も原曲は英語なので、もしかしたらと思って調べてみたら、シンガポールに更に原曲があることだけわかりました。更に調べてみましたが、同名の曲が世界中に山ほどあってお手上げです。黄鶯鶯の曲は中華圏の多くの歌手がカバーしてきたようで、この方はまだ現役です。(公式サイト)
「Woosa Woosa」の原曲『Hula Hula』のMVを見ると、タイというよりカリビアンな感じですね。Cyndiが歌うと、なぜかコメディになってしまいました。
「彩虹的微笑」の原曲『It's so easy』は、バディ・ホリーが1958年にヒットさせ、1977年にリンダ・ロンシュタットがリバイバルヒットさせました。リンダのほうは当時ラジオで耳にタコができるほど毎日流れていました。(だそうですよ^^;) バディ・ホリーは57年にデビューして59年に飛行機事故で亡くなりましたが、ビートルズやストーンズなど、後のアーティストに多大な影響を残してる人です。

Cyndi03-2どうしてこんなにカバーが多かったのでしょう。特に選曲にトータル性があるわけでもなく取り留めがありません。K-POPが多いのはやはり韓国へのセールスを狙ってのことでしょうか。「Loves you」以降「MAGIC」まではJ-POPが1曲以上入っています。やはりカバーされてると言うことで、いろんなブログなどで話題にはなりましたから、日本でのセールスにも少しは効果があったと思います。しかしカバーは少しずつ減ってきてはいますね。私としてはCyndiのために書かれた曲を歌ってほしいので、今ぐらいがちょうどいいです。
しかし最初にHoney-Gさんの書き込みを見たとき、「こんなにカバーだらけなのか…」と思ってしまいました。ほかの歌手がすばらしいオリジナル曲を発表してきた中で、正直、Cyndiのスタッフが安易に曲を用意しているように思えました。

私は詳しくはわかっていませんが、最近Cyndiは何かレコード会社ともめているようです。「契約」というものがあるので、すぐにやめられないでしょうし、レコード会社もすぐにはクビにできないでしょう。
Cyndi、もめているのなら契約が切れたらすぐやめちゃいなさい。いくらでも歓迎してくれるレコード会社があるよ!
Cyndiは実はとても実力を持った歌手なのです。まだまだ秘めたものを感じます。たぶん、どこかに移籍したときにCyndiが大きく変るんじゃないかと思います。

王心凌 - Wikipedia
●応援ブログ 瞳&心凌迷 Cyndi & Future

王心凌 次の記事へ
王心凌全記事へ


関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 王心凌 シンディ・ワン 台湾女性歌手 カバー曲


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

「Honey」 …イ・ジョンヒョン『Summer Dance』 (K-POP)* はK-popのカバーではなくABBAのHONEYHONEYが原曲ですね。DADADAもアメリカのグループが原曲です。

Untitled

e-68 aさんはじめまして。
いろんなことが言われていますね。
私はABBAをリアルタイムで聴いていた者です。あの曲以前からも、その後も「ハニハニ」という歌詞はひとつのノリとして無数に使われています。ABBAの「HONEY HONEY」と韓国の物は「ハニハニ」という歌詞以外はまるで違う楽曲です。それに比べ韓国の物とCyndiの「Honey」はメロディが似ているだけでなくイントロまでそっくりです。微妙にメロディを変えて訴えられないようにしていますが、どう客観的に見てもそれを真似たとしか思えないことです。
ただこれはCyndiが悪いわけではなく、中華圏では2ヶ月に1回ぐらいはこういうパクリ疑惑の話がネット上に出て来ます。あまりにもパクリが多いので、中華圏ではそういうことを恥と思って目くじらを立てている人が多くいます。
逆に言うとその歌手が矢面に立たされるわけで、歌手が被害者になっています。
これは大陸・香港・台湾全てにおいての話です。
「DADADA」のほうは、あまりにも同じタイトルの曲が世界中にあります。そのアメリカのグループからという根拠をお教えいただければありがたいです。何と言うグループで、何と言うタイトルでしょうか。

Untitled

初めてカキコさせて頂きます。
コメにも出ている「Honey」ですが、イントロは「ケニー・ロジャース」の「フットルース」と言う曲の
イントロがモロに使われています。
年代から見ても、韓国が「ケニー・ロジャース」のイントロをパクり
それをそのまま使った物と思われます、あくまでもイントロだけの話しですが。

Untitled

e-68 ようこそ、chinapopsさん。
「フットルース」も私はよく知っている曲です。
80年代に同名の映画とともに大ヒットした曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=h7OyWvyt6mI

ただ、「フットルース」は「Honey」とは全然違う曲です。
「DA DA DA」と間違っておられるのではないでしょうか。
「DA DA DA」のイントロと少し似ていますが、あのギターフレーズは50年代のオールディーズあたりから、ロックンロールの定番フレーズになっています。
「フットルース」は80年代のタイトなリズムに、その懐かしい定番フレーズを混ぜてアレンジされたと思われます。
そして、Cyndiの「DA DA DA」は、50年代から60年代ポップス風に、やはり定番フレーズを使ってアレンジされていますから、たまたま似た感じになっただけだと思います。
私にはパクリとはとても思えません。

いろんな噂が出ているんですね。
ほかにもあったら、またお教えください。

Untitled

tenrinrinさん、どうもです。
確かに間違えてますね、失礼致しました。
「冬ソナ」の主題歌のパクリ(愛は陽炎)を聴いて以来
韓国のパクリには神経質になっているもんで (;^_^A

日本でも80年代くらいまでは、結構欧米曲のパクリが行われていましたね。
「ナイト・レンジャー」の「Don't Tell me You,Love me」のイントロが
キーを変えて「シブがき隊」の「ぞっこんラブ」なんかに使われていましたから。
今度出た「心電心」の元となったオレンジレンジなんかも
「花」に盗作疑惑が出てましたし...

元々12個の音しか存在しないから、似るのはしょうがないのでしょうね。

駄文失礼致しました m(u_u)m


Untitled

e-68 chinapopsさん。
あ、なかなかあの時代にお詳しいようですね^^。
あの頃は映像も音楽も、欧米からのパクリだらけでしたよね。
「おしゃれなものをパクるのがおしゃれ」という風潮だったように思えます。

Untitled

tenrinrinさん

今も欧米コンプレックスは抜けてない感じですね。
欧米ドラマが流行ったせいで、今まで「なんとか物語2」とか言ってた物を
最近では「なんとか物語 シーズン2」とか言ってますから(笑)

とは言え、80年代ほどではないですけどね(^-^)

お返事ありがとうございました m(u_u)m

Untitled

e-68 chinapopsさん。
なるほど、おっしゃる通りですね。
「エピソード2」というのもあります^^。

Untitled

話しは変わりますけど、張韶涵が一番のお気に入りのようですね^^
3~4年前くらいですかね?正月に北京に行った際
たまたま張韶涵のサイン会に遭遇してサイン貰って来ました。
確か「Ang5.0」だったと思います。

5枚くらい買ったんですが、勝った枚数の半分しかサインはしてもらえないようでしたので
「日本来了!」「日本的朋友!」と大きめの声で意味不明の中国語で言ったら
張韶涵のスタッフのお姉さんが私の持っていたCDを全部持って行ってサインをもらってくれました。
日本から来たと言う事に張韶涵も驚きつつ喜んでくれました。
間近で見る張韶涵可愛かったです^^

...ここに書く話じゃないかとも思いますので
目障りだったら削除して下さい m(u_u)m

Untitled

e-68 chinapopsさん。
「Ang5.0」だと2008年の新年の前後かと思います。
ショートカットのおかっぱのAngelaだったのではないでしょうか。
ひたすら羨ましい限りです。
「日本来了!」「日本的朋友!」は、いつかそういう機会のために覚えておきます^^。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。