記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企画物を除くと2年以上ぶりに出たF.I.R.の5枚目のアルバム。期待して聴きました。

「讓我們一起微笑吧!」2009年12月25日  歌詞

Let's Smile! 01. Find My Way →MV
 02. I Am Here
 03. 向日葵盛開的夏季
 04. 紀念日
 05. 衝浪季節
 06. 紅潮
 07. 荊棘裡的花 →MV
 08. 讓我們一起微笑
 09. 貓頭鷹的夢
 10. We Are... →MV
 11. Hero

1曲目でいきなりどこかで聞いたようなギターのフレーズが出て来ます。昔のF.I.R.のいろんなフレーズをつなぎ合わせたような元気のいい曲で、前回のアルバムでは「ちょっと違うF.I.R.」というのを聞かせてくれましたが、それ以前のF.I.R.が戻ってきたかのようです。かつては似たフレーズがやたら出てくるのがF.I.R.の特徴でもあったのですが、今回はこの曲以外はそれほどでもありません。
ラストの「Hero」をフェイが作詞作曲している以外は全て阿沁が作詞作曲していて(一部フェイが共同作詞)、プロデュースもこの2人がやっています。イアン先生はエグゼクティブプロデューサーとして演奏にも参加せず、「今回は2人を自由に遊ばせた」と言って、見ていただけのようです。
さて、今回は何と言っても上記「Find My Way」と「I Am Here」「We Are...」が彼ららしいかっこいい曲です。特に「We Are...」の曲の展開が気持ちいいです。ただ後半の耳が遠くなるような機械的ブレイクはやり過ぎというか、遊び過ぎのように思えますが。
5曲目「衝浪季節」というコミカルな曲。バリエーションとしてこういう曲も入れてみたのでしょうけど、飛ばしたくなります。ちょっと遊び過ぎです。彼らにこういう曲を期待する人がどれほどいるでしょう。
アルバムの中盤、「紅潮」から3曲バラードが続きます。「荊棘裡的花」は素晴らしいバラードなのですが、次の「讓我們一起微笑」があんにゅいな曲で、単体で聞くと不思議で面白い曲なのですが、このあたりで眠気をもよおします。ちょっと曲順に問題があって中だるみを作ってしまっています。ここを通り越すのがちょっと辛いです。
ラストのフェイが書いた「Hero」は、フェイは阿沁から影響を受けているのか、やはりF.I.R.らしさがあるのが面白いです。
全体に曲はいいけど構成に問題ありというところでしょうか。しかし時間をかけただけあって、アレンジやミキシングなどアイデア満載で、とても緻密な作りにはなっていますし、細かいところで新しい挑戦をたくさんやっているように思えます。台北の「強力録音室」というところでミキシングが行なわれていますが、丁噹 (ディンダン) の「夜貓」など、ここでミキシングされたものは音がかっこいいです。ストリングスはこれも北京で録られています。

F.I.R.のライブ演奏
ところで、彼らのライブ演奏というのは、以前にもYouTubeなどでカラオケでやっているのを見た事がありましたが、阿沁のギターは当てぶりで、イアン先生のキーボードは元々そんな音は入っていない振りだけをしています。カラオケでやる場合は現場の段取りとかもあるので仕方ないのかと思っていましたが、最近生で演奏している動画がけっこう出て来ています。テレビ番組「週日狂熱夜」に出た時のものを見ると、ギターソロはバックのサポートメンバーがほとんど弾いています。阿沁はというと、驚くほどへたなリズムギターを弾いてるんですねこれが。1人でリズムをはずしまくって汚い音を出しています。たまにソロを弾くと聞くに堪えません。イアン先生も弾いている音は全く聞こえておらず、やはりバックのメンバーがシンセを弾いています。イアン先生の場合は完全に割り切って振りだけに徹しているようです。
生演奏を聴いてかなり私は引いてしまいました。
YouTube - F.I.R.飛兒樂團 - 千年之戀 (2007-10-14 週日狂熱夜 LIVE) …ほかの曲はこのアップ主のチャンネルから探してください。夢を壊されたくない人は見ないほうがいいです。

アルバムのクレジットを見ても、ギターをメインで弾いているのは阿沁ではないようです。今までもどれほど阿沁が弾いていたのか分かりません。ただ、似たフレーズがよく出てくるということは彼がフレーズを作っているということでしょうし、サウンド全体がデビューから一貫していますから、彼らがプロデュースしていることには間違いないでしょう。それにアルバムとしてはとても完成度の高い音を出していますし、阿沁は多くの人に素晴らしい楽曲を提供している才能のあるソングライターだと思います。
これは考え方の問題ですが、彼らはプロデュース集団であって、あくまでも周りのスタッフの力を借りてフェイという歌手のプロデュースをしているのではないかということです。F.I.R.はブランドで、ステージでは男2人は振りに徹しているというところでしょうか。ただ、ユニットに更にバックバンドが付いていると言う状態で、もはやバンドサウンドとは言いかねますね。これはフェイの歌を聴かせるためのユニットです。
ただ、彼らはとても日本人好みの音を創るわけですが、これでもし日本へ乗り込もうとしても当てぶりはもちろん、この演奏では日本で通用しません。結局フェイという歌手を売り込むしかないでしょう。フェイは本当に歌がうまい上に、とびきりの美人ですから、充分ソロでもやれるはずです。
ちょっと最近彼らを引いて見ています。

さて、この記事を書くのにもたもたしているうちに、まもなくこのアルバムの2ndバージョンが出てしまいます。DVD付きで、台北のライブハウス「河岸留言」で行なわれたライブの映像が入っています。狭い部屋での収録は、あとから音をいじりにくいのでちょっと聞き物です。

「讓我們一起微笑吧 ! <榮耀典藏版>」2010年2月12日現地発売。
F.I.R. / 讓我們一起微笑吧! < 榮耀典藏版>CD+DVD …博客來網路書店 (台湾)
讓我們一起微笑巴-榮耀典藏版(DVD付き, New Version)-F.i.r. …HMV ONLINE



飛兒樂團F.I.R オフィシャルサイト
Faye.飛 - Facebook



F.I.R. 全関連記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : F.I.R. 飛兒樂團 台湾グループ


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。