記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

10 << | 2017/11 | >> 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苦節10年のサクセスストーリー    蔡淳佳 (ジョイ・ツァイ) の前回へ


JOI-01蔡淳佳 (ツァイ・チュンジア)、通称ジョイ・ツァイ。(シンガポールではジョイ・チュアらしい)
台湾で活躍するシンガポールの歌手ジョイの経歴については日本ではあまり見かけません。簡単なものはいくつか見かけるのですが、それを統合してもどうしても長い空白の部分があるのです。特にディスコグラフィには謎めいた部分がありました。日本語Wikipediaには、最近の台湾の新人歌手でも誰かが投稿しているのに、彼女のことは中文版Wikipediaにしかありません。その中文版をがんばって翻訳しながら、それをベースにいろいろ調べてみると中華圏のネット上の至る所に情報が散らばっていていました。この経歴はWikipediaよりかなり中身が濃くになっています。多少推測も入っておりますが、決してフィクションではありません。ちなみに私は今回これを調べるまでジョイをずっと台湾の歌手だと思っておりました。


その始まり

シンガポールの幸せな家庭で育ったジョイは兄と弟との3人兄弟。父は銀行員で、母は専業主婦でした。両親は子供たちに独立心を育てる教育をしたようです。子供の頃から歌うことが好きだったジョイは、高校生になると様々な歌のコンテストに挑戦します。そして歌がうまかった兄と一緒にシンガポールで有名な音楽レストラン「木船民歌餐庁」というところでよく歌っていました。この店からは多くの歌手が育ったそうです。
ジョイは将来については、父親と同じ銀行員にあこがれていたそうです。しかし、自分が数字に弱いことを自覚していました。ある日高校からシンガポール理工学院へ進学のための見学に行きます。そこの視力測定学部というところで見た授業に魅力を感じ、その道へ進むことを考え始めます。しかし、歌手になりたいという気持ちもどこかにあったと思われます。

1996年、ジョイ18歳。シンガポールのレコード会社「海蝶音樂集團」主催の「歌手の育成訓練」にジョイは参加します。いつものコンテスト荒らしのつもりだったのかも知れません。しかしその最終段階の公開オーディションで、ジョイは2000人の中から選ばれ、デビューの栄誉を勝ち取ってしまいます。彼女を最も推薦したのは後にシンガポールの大プロデューサーとなる許環良(スー・ホァンリャン)です。まさか2000人の中から自分が選ばれるとは思っていなかったジョイは、大学進学かデビューか悩みます。その時、折りしも母親が亡くなります。ジョイは悲しみの中で人生の決断に迫られることになります。結局ジョイは母親が勧めていた進学を決意し、4年後に大学を出てからのデビューを許環良と約束します。
ジョイが進学したのは、シンガポール理工学院視力測定学部でした。
(ちなみに許環良が育てた歌手は、阿杜(ア・ドゥ)、林俊傑(JJ)、金莎(ジン・シャー) など)

1998年、シンガポールの国慶節のパレードの曲の1つとして作曲された「細水長流」を、ジョイは別の新人と3人で合唱します。この曲を作曲したシンガポールの大物アーティスト梁文福 (リャン・ウェンフー)は、後にジョイの成功の鍵になるいくつかの曲を書くことになります。

1999年、ジョイを含めて前述の音楽レストランで歌っていた歌手5人によるコンピレーションアルバム「Re Plugged (新音楽人記本)」がEMIよりローカルリリースされます。この中でジョイは2曲歌っていて、1つは89年から台湾で活躍している超大物歌手張信哲 (ジェフ・チャン) のカバー「愛如潮水」。これはその後の1stアルバムに収められることになります。もう1曲の「看見」は2ndアルバムで歌われることになりますが、このときこの「看見」がシンガポールで少しヒットしたという記述も見られます。ちなみに5人の中の1人にジョイの兄、蔡立章 (ツァイ・リーチャン) も含まれています。この人はシンガポールで作曲家として活躍することになります。

ジョイのデビュー

JOI-042000年、22歳のジョイは大学を卒業し、いよいよ約束のデビューの時です。希望と不安を胸にジョイは海を渡って台湾へ行きます。海蝶音樂集團のバックアップでソニーミュージック台湾と契約し、11月、1stアルバム「JOI」が出ることになります。ジョイのメジャーデビューです。
海蝶音樂集團はこのアルバムに「製作」としてクレジットされていて、このCDには権利を持っていますが、ジョイ個人との契約はこの年のうちに切れます。
このアルバムは全体的にアコースティックで、ジョイの歌声は「さわやか」とか「すがすがしい」という言葉しか見つからないほどで、とても心地いいアルバムです。更に言えば、とてもピュアな歌声の中にすでに大人を感じさせる深い部分も感じます。
 ●「愛如潮水」MV -- 張信哲 (ジェフ・チャン) のカバー
 ●「有心人,有情人」MV
 ● iTunesストアUSA試聴

なぜジョイがシンガポールから遠い台湾へ来ることになったかというと、北京語ポップスでは台北が総本山のなのです。台湾でヒットを出せば北京語圏全体に広がる可能性があるのです。日本で言うと地方から東京へ出て行くようなことでしょう。(北京語圏=大陸、台湾、シンガポール)
このアルバムはヒットとは言えないものの、張信哲 (ジェフ・チャン) のカバー曲「愛如潮水」が話題になったこともあり、台湾で少し注目されたようで、その「心洗われる歌声」は台湾の人たちの印象には残ったようです。それは6年後に影響が表れます。
ジョイにとっての新しい土地台湾では、微妙な言葉の違いやカルチャーギャップに最初はとまどったようですが、しだいに慣れていきます。
しかしこの後、歌手ジョイにとって最もつらい時代を迎えることになるとは、ジョイには知るよしもありませんでした。

     …今日はここまで。次回につづく。
      かなり長くなるので数回に分けます。
      2008年2月4日更新


余談:1stアルバム「JOI」は、ブックオフの中古CDで250円で買いました^^;。すいません。

蔡淳佳の次の記事へ


関連記事


テーマ : 中華ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ ジョイ・チュア 蔡淳佳物語 シンガポール歌手


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

こんにちは。

蔡淳佳の項最後まで読ませていただきました。トップの画像にも使われてますので思い入れが強そうですね。

この夏大陸を旅行してきたのにその前に知ることが出来なかったことを後悔・・・。知っていれば当然CD買ってきたのに。

先日yesasiaで早速注文して今は到着待ちです。

これからもC-POPの紹介記事読ませていただきます。

Untitled

e-68 ようこそayasofyaさん。
トラックバックもしていただいてありがとうございます。
そちらのリンクから来てくれている人もいるようです。

上のバナーの3人は思い入れが強いですね。
特にジョイの歌声はどの曲を聴いても癒されます。

大陸では正規版の店を探すだけで大変だったと思いますよ。
外見は本物と見分けが付かないものもあるそうですし。
それに上海の空港で買うと、日本で大陸版を買うのとあまり値段は変りませんでした。

ジョイの新しい情報というのはあまり出てこないのですが、また何か記事を書いてみます。
今後ともよろしくお願いいたします。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


蔡淳佳 等一個晴天

中華圏を旅すると必ず立ち寄るのがCDショップ。 一昔前なら王菲の新譜は必ずチェックしていたけどただいま活動休止状態。 そんなわけでこの夏の大陸の旅では特に何も買わず帰ってきたわけですが、 ちょっとだけ、いやかなり後悔。 一青窈「かざぐるま」の北京語カバ...

\"元\"mono買う旅びと 2008/11/12 22:09


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。