記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

09 << | 2017/10 | >> 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回です。今日は「情歌」MVを中心に。(→前の記事へ

「敗犬女王之情歌無雙 影音雙冠原聲天作之盒」CD+DVD 2009年5月22日

FishLeong-MV_2CD(敗犬女王サントラ)
 劇伴17曲入り

DVD(靜茹&情歌 MV+KARAOKE)
 01. 別再為他流淚
 02. 沒有如果
 03. 用力抱著
 04. PK (with 曹格)
 05. 情歌
 06. 天燈
 07. 不敢當
 08. 愛情之所以為愛情
 09. 屬於
 10. 找個人
 11. 風笛手
 12. 兒歌      ※リンクはYouTube


■情歌MV

LoveSongMVa粗筋は前にも書きましたがもう一度。
Fishがある高校を訪れます。そこで、ずっと昔に起きたある切ない物語が映し出されます。
少年は軽音楽部で、好きな女の子に歌をプレゼントしようと思います。それは彼が思いを込めたラブソングなのです。しかし、彼女の前でチューニングをしていてギターの弦が切れてしまいます。翌日机の中に誰かが新しい弦を入れてくれていました。それは彼女からのものです。
Fishはその高校でその少年の過去の足取りをたどります。過去と現在がリンクし、やがてFishは朽ち果てた軽音部の部室で、埃をかぶったギターの中から1本のカセットテープを見つけます…。

「情歌」=「ラブソング」。
私はこの曲を最初に聴いた時、とても遠い気持ちになりました。なんて美しく切ないメロディでしょう。そしてこのMVを観た時、これも歌詞と物語はリンクしているわけではありませんが、この曲の雰囲気にぴったりの映像に仕上がっていると思いました。常に逆光ぎみの輪郭がくっきりした映像。移動撮影を多用した流れるようなカメラワーク。過去のシーンはややセピア調に仕上げられていて、キャスティングにも問題ありません。「画が深い」というのが最も適切な表現だと思います。それにセリフもないのにこれほどストーリーが見えるMVは少ないです。
遠い遠いセピア色の日々。帰り来ぬ青春の甘酸っぱい想い出というところでしょうか。
現在なら女の子が歌などプレゼントされたら重くて引いてしまうのかも知れませんが、かつてそういうことが美しいとされた時代は日本にも確実にありました。
DVDで見て初めて気付いたのですが、Fishが見つけたカセットテープのラベルには「1992.04.23」と書いてありました。何の日でしょう。
この監督林書宇 (リン・ショウユー/トム・リン) のことを少し調べてみました。この日付けの日は監督は16歳ぐらいです。この物語の主人公は監督自身なのかも知れません。(監督もメガネをかけています)

林書宇は昨年劇場映画「九降風 (邦題/九月に降る風)」(監督・脚本) でメジャーデビューした映画監督です。その映画もやはり90年代の高校を舞台にした青春ドラマです。台湾ではその映画とともに監督自身がとても話題になり、台湾のニュージェネレーションの1人だと言われているようです。
私が調べた限りではその映画のあと「情歌」を含めて3本のMVを撮っていて、どれも懐かしい雰囲気の映像が出てきます。おそらく映画がヒットしたので、「あの雰囲気で」という依頼が来たのだと思います。しかしその中でもこの「情歌」MVはどう見ても最高によくできています。
このMVは「別再為他流淚」MVとともに、来年の金曲奨にノミネートされる確率は高いと思います。

参考までに林監督の他の2本のMVのリンクなどを貼っておきます。
「如煙 」MV/五月天 …これも過去と現在がリンクするような内容です。同じ相信音楽ですからこれがきっかけで「情歌」に起用されたのかも知れません。
「塑膠味」MV/歐噴愛 (オープン・アイ) …映像でも曲調でもなくこの歌を最後まで聴けた人はえらいです。しかし他の曲を聴くと強烈で面白いです。
映画「九月に降る風」オフィシャルサイト …日本版予告篇もあります。DVD出てくれないかなあ。

※翌日の追記 : 先週発表された林監督のMVがありました。
「哼情歌」MV/徐佳瑩 (ララ・スー) …新人です。MVは切れ目のない1カットで撮られています。


■他のMVについて

mei-you-ru-guo「沒有如果」MV …この曲はドラマ「敗犬女王」のテーマ曲に使われたせいか、その主役の阮經天 (イーサン・ルアン) が出ています。映像にはとてもお金がかかっている風だし、Fishのコメディの芝居も面白いのですが、理屈っぽいカットばかりでストーリーがさっぱりわかりません。大方のドラマMVというのはこういう感じですが、メインはあくまでも歌ですから雰囲気を楽しむと言うところでしょう。Fishがこれほど芝居をするMVが最近なかったので面白いです。
画面にクレジットはありませんが、監督は「別再為他流淚」と同じ陳宏一 (チェン・ホンイー) です。
 
※アルバム「靜茹&情歌」発売前にこの曲に青山テルマ「そばにいるね」からの盗作問題が起こりました。相信音楽の自己申告で日本側 (ユニバーサル) も認識していて、相信音楽が誠意を見せているせいかその後大きな問題には発展せず、しかし解決したわけでもなくうやむや状態でアルバムが発売されてしまいました。問題はこの曲を日本で発表できるのか、「敗犬女王」は日本で放送できるのか、ということです。

yong-li-bao-zhe「用力抱著」MV …「力いっぱい抱きしめて」というタイトルだけあって、美男美女の愛憎劇がイメージで繰り広げられます。Fishの歌うシーンとは別に撮られたのかと思うと、歌っているところにもそれが絡んできたり、凝った作りになっています。男のほうは張迦國 (テディ・チャン)。モデルだと思いますが、Fishの「C'est La Vie」MVでFishの唇を奪っていたガイジンです。女のほうは吳亞聲 (ウー・ヤーション)。こちらもモデルでしょうか、游鴻明 (クリス・ヨウ) の「倦鳥餘花」MVでもセクシーな肢体を見せてくれています。このMVも逆光を多用して美しい映像を作っています。今回は逆光を使う作品が多いですね。監督は游紹 (ヨウ・シャオ)。

PK「PK」MV …曹格 (ゲイリー・ツァオ) とのデュエットですが、ドラマ部分よりも2人が歌っているところのほうがかっこよくていいです。この時2人とも一緒に撮影されているのですが、狙いなのかはっきりしたツーショットがありませんね。ラストが意味不明ですが、恋の駆け引きを表しているのでしょうか。監督は鄺盛 (クァン・ション)。

ai-qing-zhi「愛情之所以為愛情」MV …どこかの店を借り切って撮られたと思われますが、陰影を生かしたきれいな映像です。たくさんのブリキのおもちゃはこの店のものでしょうか。素朴なアニメーションとの絡みが味わいがあって面白いです。監督はMOX.光&小眼。

あとの物を観ると、レコード会社的にどの曲に力を入れたかと言うことが予算の配分でよく分かりますが、予算のないものもそれぞれの監督がアイデアを凝らしてそれなりにいいものを作っていると思います。このDVDが出るまで発表されなかった「找個人」と「兒歌」に関してはカラオケ用に作られたと思われるもので、Fishは出てきません。

■「敗犬女王」サントラCD

忘れてはいけません。この2ディスクのメインは「敗犬女王」サントラCDです。
まず、これにはFishの歌は入っていません。「沒有如果」「愛情之所以為愛情」のメロディのバリエーションが多く出てきます。1曲「不敢當」のメロディもありました。
テレビのサントラというのはハリウッド映画の壮大なフルオーケストラによる音楽と違って、あまりお金をかけられませんから、このCDのようにほとんど作曲家やアレンジャーの自宅でシンセの打ち込みで作られる場合が日本でも多くあります。それに特定のシーンのために作られるのではなく、予め必要になるであろう曲をたくさん作っておいて、音楽効果マンがそこから選曲してドラマに音を付けていくわけで、そのことを考えてあとからどうにでもなるようなアレンジをします。一番の基本はセリフなどを邪魔しないようになるべく音を薄くすると言うことです。
ですから、この手のサントラというのは、ドラマにハマった人以外は聞くほどのものではない仕上がりになっている場合が多くあります。決して出来が悪いと言うわけではなく、あくまでもドラマのバックに入ってこそ成立する音楽です。
と言っても中には予算と時間をかけてよくできたものもありますので、全てのテレビサントラがこういう場合とは限りませんが。

■ジャケット

海賊盤防止のことも考えてか、このジャケットはメタリックの紙の上に白インクでイラストを刷り込んでいます。スキャニングは不可能です。全体はハードカバーの本になっていて、本の内容は半分は「敗犬女王」からのフォトクリップ集で、残りはMVのビハインドザシーンのフォトクリップ集になっています。日本のCDなどと比べると、いつも台湾のアルバム類は豪華な装丁になっています。若干ディスクを収納する部分に問題はありましたが。


「情歌」歌詞翻訳中
現在、上海の友人の力を借りて「情歌」の歌詞の翻訳に挑戦しております。すでに全体像が見えていますが、素晴らしい歌詞です。泣けてきます。中国故事まで出てきて日本語でどう表現するか悩んでいます。期待される方は気長にお待ちください。




梁靜茹 liáng jìng rú リャン・ジンルウ

梁靜茹 次の記事へ
梁靜茹 全記事へ
梁靜茹 関連記事も含めた全記事へ
梁靜茹ディスコグラフィへ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 梁靜茹 梁静茹 フィッシュ・リョン 林書宇 音楽映像レビュー 台湾女性歌手 マレーシア出身 CDレビュー


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。