記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさに待望のアルバムです。

VoiceOfEARTH(CD+DVD)「Voice of EARTH」2009年3月4日
 ジャケ写はDVD付きのもの


 →iTunesストアweb試聴


やっとアルバムを出してくれました。
デビューからわずか1年あまりのあいだに8枚ものシングルが出されましたが、それらのA面曲が全て入っていて、新曲もたくさん入っています。シングル曲もこうやって通して聴くと、改めてalanの実力を実感します。そしてその伸びやかな声に感動します。
デビュー曲「明日への讃歌」で、チベットフェイクと呼ばれるチベット民謡独特の超高音の発声法に私は衝撃を覚えましたが、作り手側としてはそれは「つかみ」であって、毎回それが出て来るとうるさいだろうと考えたのか、次のシングル「ひとつ」では影を潜めましたが、坂本龍一プロデュースの「懐かしい未来」で復活しました。彼もその声に注目したからだと思います。そしてその後のシングル曲には時々それが見え隠れしています。あの声は何度聴いてもすごい! 魂の声というものを感じます。しかし、それだけがalanの魅力ではなく、一途なまでにその歌を表現しようとする歌声というか姿に胸を打たれます。
また、alanはしゃべるとたどたどしい日本語なのに、歌は全く違和感のない完璧な日本語だということにも改めて驚かされます。

alanはデビュー曲から「世界平和」と言うものをテーマに歌い続けています。「世界平和だ?」「なにそれ」と、そんな言葉は普段の日常からするととても陳腐な言葉に聞こえてしまいます。究極の理想論です。しかし、かつて旧ソ連のゴルバチョフ元大統領も言いました。「世界平和はたとえ単なる理想であっても、理想は持ち続けないと実現できません」と。
alanの一途な歌声を聴いていると私は優しい気持ちになれます。世界中の人間がその仏様のような気持ちになれば「世界平和なんて簡単じゃん!」と思ってしまいます。ほんの一瞬ですが…。

1曲目に「天女」という序曲のような楽曲が入っています。ボーカルは歌詞のないチベットフェイクを中心にした幻想的な曲です。私は以前に「alanはもしかしたら天使なのかも知れない」と書きましたが、「天使」の東洋的概念は「天女」です。スタッフたちもきっとそう思っているに違いありません。alanは間違いなく天使であり天女です。その神々しいばかりの歌声が証明しています。


「レッドクリフ part II」のテーマ曲「久遠の河」のシングルも4月8日にリリースされるようです。


alan Official Website

alan 次の記事へ
alan 全記事へ



関連記事


テーマ : j-pop - ジャンル : 音楽

タグ : alan アラン J-POP 大陸出身 CDレビュー


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


Untitled

私も「明日への讃歌」のチベットフェイクに衝撃を受けのめりこんで行きましたが中低音での力強い歌声も魅力だなと思いました。
そして最近ではバラードでの優しくて伸びやかな歌声に涙してしまいます。
日本語にこだわらずもっとワールド・ワイドに活躍して欲しいです。
神々しいばかりの歌声、まさしく月の仙女ですね^^

Untitled

e-68 こんばんは、alangさん。
まさに「音楽に、国境、民族の格差なく」ですね。
alanの歌声なら、言語に関係なく伝わるものがあると思います。

Untitled

昨日はお疲れ様でした。
彼女の魅力は生歌聴いてみないことには分からないと思いますね!
歌に国境はないのですがやはり日本人の悪い部分が見え隠れしてしまうところが惜しいです。

Untitled

e-68 どうもですmeronpanさん。
私はまたまたalanの生歌を聴けませんでした。
次の機会はまたよろしくお願いします。

Untitled

こんばんは。
つい先ほど、NHK総合の「エコうた」という番組にALANが出てました。
ハイビジョンの衛星中継のため、画像と
音声がずれずれだったのですが、
「高音の発声」と「歌うと上手な日本語」を
初めて聞いて、うわ、・・・、スゴイ。
ホントに驚きました。

Untitled

e-68 わっ! しまった! 見るの忘れてた~っ!
昨夜 (超深夜) は「MTVアワード」の案内役でもalanが出ていて、それは見ましたが。
う~~、残念…! ×10

>ホントに驚きました。
でしょ?

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。