記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

07 << | 2017/08 | >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベストアルバムとはちょっと違ったベストです。

188と175。何の数字だかわかりますか? 兄妹ユニットJSの2人、ジャスティンとソフィアの身長です。この背の高い2人から今までに数々の美しい音楽が紡ぎ出されてきました。自分たちの曲だけでなく、多くの歌手にも楽曲を提供してきたのです。(主に兄ジャスティン) そのセルフカバー集に新曲3曲を付けたアルバムが先月出ています。
セルフカバーという謳い文句ですが、実は実際に使われたデモ録音集なのです。つまり各歌手へのプレゼンテーションとして彼らの個人スタジオで録音されたもので、レコーディングスタッフや歌手に「大体こんな仕上がりになるよ」ということを伝えるための仮録音です。
実は昨年6月に、このデモ録音集のMP3ファイルのCD-ROM版が出ていて、今回はそのオーディオCD版に新曲のディスクが付けられたものです。

「The JS Moments - JS的創作故事集」2009年1月8日

The JS MomentsCD 1 (新曲)
 01. 回憶的聖誕節 試聴
 02. 飛向札幌的班機 (中華航空形象歌曲)
 03. Harmonize

CD 2 (デモ録音集)
 01. The Moment (原唱:孫燕姿)
 02. 不後悔 (劉匇華 '天生天養' 原創版)
 03. A New Break of Dawn (JS'遇見未來'英文版)
 04. 凌晨三點鐘 (原唱:張智成)
 05. 最後倒數 (劉若英 '我很好' 原創版)
 06. 路 (原唱:梁靜茹)
 07. 不想想太多 (原唱:蘇慧倫)
 08. 逃生 (原唱:張信哲)
 09. 習慣 (原唱:楊丞琳)
 10. 威尼斯迷路 (原唱:許慧欣)
 11. 驚嘆號 (原唱:光良)
 12. 還是會想他 (原唱:何耀珊)
 13. 現在的我們 (原唱:蕭薔)
 14. 為冬天寫的詩 (原唱:羅美玲)
 15. 我比想像中愛你

まず新曲についてです。
1曲目は心がホットになるようなクリスマスソングで、よくできています。が、発売がクリスマスを遥かに過ぎてしまいました。彼らが悪いわけではないのでしょうが、1ヶ月ほど発売が遅れたのでしょう。このジャケ写にしても、ちょっとこれはつらいですねえ…。今年のクリスマスに聴いてあげましょう。
2曲目は中華航空のイメージソングです。新曲と言うよりリメイクで、2007年のシングル「Bianco」に入っていたものをアレンジし直したものです。この歌詞の主人公は彼との関係を修復するために旅に出て、札幌行きの便に乗るわけです。「寒冷前線は私たちの愛の境界線を通過する」なんて歌詞が出てきます。台湾では北海道旅行がとても人気があるそうです。
3曲目のジャスティンが歌う英語曲は、ニューヨークの仏教青年団が作った国連活動の曲ということで、JSの数少ないカバー曲ですが、ジャスティンが作りそうなメロディです。

デモ録音について。
デモ録音と言っても、彼らのものはよくできています。梁靜茹 (フィッシュ・リョン) に提供した「路」は、それが収められたアルバム「絲路」の発売当時の記事を読むと、「JSの2人は完璧なデモを作ってきた」という記述が見られます。もちろんFishの完成したものはちゃんとした録音スタジオで録られていますからデモよりも音に厚みがありますが、基本的には同じイメージで仕上がっています。許慧欣 (イボンヌ・シュー) に提供した「威尼斯迷路」などはほとんどそのままです。
女性歌手向けには妹のソフィアが歌い、男性歌手向けには兄ジャスティンが歌っていますが、張信哲 (ジェフ・チャン) への「逃生」は、張信哲の声が高いためかソフィアが歌っています。いずれにしても強力な兄妹音楽工房です。
ただ、よくできていると言っても、彼らの自宅の機材の状態によりますから、古いものは録音クオリティが低いものもありますし、完璧に近いものも、やはり本格的なスタジオで録ったものではありませんので、やや音は軽く聴こえます。原唱版を知っている曲は結構楽しめるのですが、知らなければ単なるデモ録音でしかないわけで、そのへんは割り引いて聴かなければなりません。と言っても本当にジャスティンは今までにきれいな曲をたくさん書いてきたことがわかります。
ラストの曲に関しては何も書かれてありません。没になった未発表曲でしょうか。没になる理由には出来が悪い場合ではないこともありますからね。
ちなみに孫燕姿 (ステファニー・スン) に提供した「The Moment」に関しては、JSは「白鶴」というタイトルで以前にちゃんとしたセルフカバーをしています。それがいつだったのか全く記録が見当たらないのですが、MVが存在します。映像を見ると、哥哥妹妹時代に彼らが先に歌った可能性もありますが。→YouTube

おそらくこれらのデモ録音が仕上がるまでには、何度もプロデューサーに聴いてもらっては「だめだめ、こんなんじゃ売れないよ!」などと言われながら、何度も直しているのではないかと想像されます。その都度「くそ! あのプロデューサーめ!」と思ったに違いありません。きっと。大体どこのギョーカイも同じですから想像がつきます。
自分たちの曲「遇見未來」のデモである英語曲「A New Break Of Dawn」も入っていますが、これもおそらく「英語じゃ売れないよ!」と言われたのかも知れません。このデモを聴くと、自分たちのアルバムでもプレゼンテーションをしてプロデューサーにお伺いを立てなければいけないということに彼らは不満を覚えて、レコード会社を離れてインディーズレーベルからシングルを出したのではないかと想像してしまいます。
確かに「売る」という視点で見ると、映像の世界にしてもプロデューサーの客観的な視点のほうが正しかったりします。映像も音楽もそれを職業とする限り売れなければ成立しないわけで、数百年前のヨーロッパの偉大なる作曲家たちでも王室がスポンサーになっていたりして、王様の好みに合わせて作曲したりしています。そのあたりが「アートと商売は相容れないけれども歩み寄らなければ何も出来ない」という永遠のジレンマでもあります。
ギョーカイ的な話になってしまいましたが、デモ録音というギョーカイの仕事の工程上のものを聴くと、どうしてもそんなことを考えてしまって素直に聴けないところがあります。

ジャケットの外箱に書いてありましたが、「路」を提供されたFishがジャスティンにメッセージを贈っています。
「こんなにいいメロディをとても楽しく何度も歌えるなんて、これからもあなたが書いた歌をもっと歌える機会があることを望みます!」

JSの次の記事へ
JSの全記事へ


関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : JS Justin&Sophia ジャスティン&ソフィア CDレビュー 台湾グループ


<< 未来の記事 HOME 過去の記事 >>




■コメント


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可 (管理者への一方通行コメント)
 



■トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。