記事ナビゲーション

  次月<<  2012年07月  >>前月





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

カレンダー/アーカイブ

06 << | 2012/07 | >> 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

 2012年07月の記事 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「That Girl」のフル試聴がYouTubeにも公式に出ています。
張韶涵強勢回歸首波單曲 - That Girl 美妙官方完整版大首播! - YouTube

25日に公開されていたのですが、なぜかその日のうちに非公開になり、その後また公開されました。


myMusic音楽配信シングルチャートで現在トップ
Angela173-0127日にチャートインして一昨日と昨日がトップになっています。(当然前日の集計分が発表になります)
myMusic - 音樂 - 單曲榜

myMusic(旧ezPeer)とは、日本にはないタイプのクラウド型音楽配信サイトで、毎月定額料金を払えば専用アプリに一時的にダウンロードしてPCやiPhoneなどで音楽を聴き放題というシステムです。それの再生回数のチャートですね。登録していなくても30秒試聴はできます。
明日はどうなるか分かりませんので29日のスクリーンショットを撮っておきました。
訂正追記(08/06):定額聴き放題とダウンロード販売の両方があります。いずれにしても台湾以外からのアクセスでは利用出来ません

※ちなみにもう一つ台湾にはKKBOXという同じようなサイトがありますが、2010年の暮れに日本のKDDIに買収され、日本でもauからKKBOXが開始される予定だったようですが、未だに始まっていません。おそらく日本のレコード会社がどこも参加しなかったのだと思います。


プロデューサーJae Chongについて
「That Girl」をプロデュースしたJae Chong (ジェイ・チョン) という人は韓国人で、アメリカで音楽活動を始めてウィル・スミスもプロデュースした事があるようです。現在は台湾と韓国で活躍する超大物プロデューサーで、台湾では黃立行 (スタンリー)、蕭亞軒 (エルバ)、蔡依林 (ジョリン)、張惠妹 (アーメイ)、丁噹 (ディンダン)などに楽曲提供及びプロデュースをしています。(英語が堪能な人が多いです)
私はいつも思うのですが、台湾のCDはリズムセクションに力がないものが多いです。しかしこの人がプロデュースしたものは完全にアメリカの音になっているというか、リズムセクションに迫力があり、特にバスドラなどの低音は小さい音で聴いてもパワー感を感じる音で収録されています。同じ録音室で録ってもプロデューサーによっても音は変わります。
元々バンド活動をやっていたのか、この人のFacebookには遊びで神業のようなギターを弾いている動画がありました。

Angela173-02Jae ChongのFacebookを見ると、「That Girl」は2日かけて録音したようです。
この写真は6月28日のもので、英語で「初日Angelaと」と書いてあります。

Angela173-03翌日の写真はAngelaの微博にもアップされていました。
Jaeが指さしているiPhoneに書いてあるのは、彼が全面的にプロデュースしているAziatixという韓国の3人組ヒップホップユニットのロゴです。Aziatixは日本でもデビューしたようで、よくあるK-POPと違って、基本英語で完全にアメリカの音です。そのメンバーの1人の李玖哲 (ニッキー・リー) は台湾でも活動していて、Angelaとも微博で会話していましたし交流があるようです。Jaeとニッキーはアメリカ時代に知り合ったそうです。

 ● Jae ChongのFacebook

前にも書きましたが、Angelaが福茂唱片にずっといたら「That Girl」のような曲を歌うことはなかったでしょうし、Jae Chongのような大物プロデューサーと出会う事もなかったかも知れません。
今までのAngelaの曲がダメだと言うわけではありませんが、アルバムごとにあれこれ変化を付けようとしてしても、同じようなメンバーで狭い範囲での変化しかありませんでした。「第5季」を聴いた時にそれを思っていました。
果たしてアルバムはいつ出るのか、FIRの阿沁 (アチン) も1曲プロデュースしたようですので、これも期待です。阿沁はギタリストとしてはイマイチですが、作曲家とプロデューサーとしては素晴らしい才能を見せてくれますし、FIRのアルバムはどれも音がかっこいいです。

ちなみに、上のJae Chongとの2枚目の写真のバックに小さく「祐腎内科」という看板が見えます。私はこれを見逃しません。それを検索してこのスタジオを見つけました。
台北アリーナのすぐ近くのビルです。 ※ストリートビューへ
Angela173-04

この6階の矢印の窓ではないかと思います。



 [張韶涵/チャン・シャオハン/Angela Chang/アンジェラ・チャン/台湾]
 ○ 張韶涵 新浪微博 - 個人ブログ(未登録では最近の記事のみ閲覧可能)
 ○ 美妙音樂 - Facebook
 ○ 張韶涵 YouTubeチャンネル(プロモーション用)
 ○ 美妙音樂 YouTubeチャンネル
 ○ 張韶涵涵情脈脈後援會 新浪微博(ファンクラブ)
 ○ 張韶涵-涵情脈脈 - Facebook(ファンクラブ)

tenrinrin YouTubeチャンネル


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 張韶涵 张韶涵 アンジェラ・チャン 台湾女性歌手

昨夜渋谷のクラブAMRAXで行なわれたAWAのデビューシングルリリースパーティー。それにゲスト出演したJSを見に行きました。(同行者zuihongさん)

JS09-01
188cmと175cm(+ハイヒール) の背の高い2人は、店内に現われるとすごく目立っていました。私の頭のてっぺんがソフィアの目の高さぐらいで「写真いいですか?」と話しかける時も見上げる感じです。もちろんこのあとスリーショットも撮らせてもらいました。(私がしゃがんでいるように写ってます^^)

ハウスミュージックがガンガン鳴っている店内でどう見ても場違いな我々。このパーティー、朝までやったようです。とにかくJSだけが目当てで行きましたから、予定では夜11時20分ライブ開始と聞いていて、なかなか始まらないので帰れるのか心配になりました。少し遅れて11時45分頃ライブが始まってトップがJSでホッとしました。
ゲストなので仕方ありませんが、4曲やっただけで「えっ? もう終わり?」という感じでした。
しかし観客は30人ぐらいで、ものすごく贅沢な状態で見る事が出来ました。JSを目当てに来た人はごくわずかだったと思いますが観客達はとても歓迎ムードでした。台湾からJSを追いかけて来た2人の女の子もいました。
やった曲ですが、1曲目がなんだったのか分かりません^^;。そのあとは新曲「聽見」の英語バージョン「Take A Chance」、名曲「遇見未來」のハウスミックス英語バージョン、最後は中島美嘉の「Will」でした。「遇見未來」はどんなアレンジで聴いても素晴らしかったです。
2人はそんなに多くはしゃべりませんでしたが、ソフィアは普通に日本語で話していて、ジャスティンはちょっと片言の感じで、途中で詰まってしまうと続きをソフィアが話すという感じでした。
終わって2人は一度引っ込んだのですが、お姉の司会者がもう一度ステージに呼び出すと、なんとソフィアの誕生日だったようでケーキが出て来ました。ソフィアへのサプライズです。観客にも少しずつシャンパンが振る舞われ、全員で乾杯しました。
上の写真を撮らせてもらったのはそのあとです。
AWAの歌も聴きたかったのですが登場は最後という事で、このあと我々は大急ぎで駅に向かいました。

ちなみに入場料にはAWAのCDが付いていて、その中にはジャスティンのアレンジバージョンも入っています。

観客が何人か写真やビデオを撮っていたので、私も撮らせてもらいました。ブレブレですが。
JS09-03
JS09-04

家に帰ってから彼らのFacebookを見たら、会場から写真をアップしていました。
JS (Justin+Sophia) - Facebook 2012/07/29 午前1時頃

この次は普通のライブハウスとかで良い子の時間にやってね。



 ○ 傷心量販店 …ジャスティンのブログ
 ○ 蘇菲亞的秘密 …ソフィアのブログ
 ○ JS (Justin+Sophia) …JSのFacebook
 ○ Justin Chen …ジャスティンのFacebook(ログインが必要)
 ○ Sophia Chen …ソフィアのFacebook(ログインが必要)
 ○ JSinspire …JSのYouTubeチャンネル
 ○ JSsophia …ソフィアの個人的YouTubeチャンネル(ブログの動画倉庫?)



関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : JS Justin&Sophia ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ

「That Girl」大陸の動画サイトでフルで聴けます。
張韶涵強勢回歸首波單曲 - That Girl 美妙官方完整版大首播!
何度も聴いていると耳に焼き付きます。

配信は今日始まったはずなのですが…、美妙音樂のFacebookには着うたのことは書いてありますが、普通のダウンロード販売はどこにも見当たりません。

Angela172-01美妙音樂からはイメージジャケ写の画像は発表されています。
Photoshopでいじり過ぎで、写真ではなく絵になってしまっていますね。前の契約時の画像もそうでしたが上手な画像処理ではありません。ここまでいじられるとリアリティがありません。

(画像クリックでオリジナルページへ)


「That Girl」はカバー曲でした。
↓オリジナル版です。
EuphoriaOK - I'm That Girl - YouTube

ユーフォリアOKというフィンランドの女性デュオユニットです。いろいろ調べましたが日本ではまだ全く紹介されていません。フィンランドは意外にポップスなどの音楽がさかんな国なのですが、台湾と同じく人口が少ないのでロシアあたりがお得意様になっているようです。ロシア語のサイトからいろいろ情報が出て来ますし、上のYouTubeへのコメントもロシア語だらけです。
これを聴くとほぼアレンジは同じですね。テンポも同じですが、Angelaのほうはキーが高いので私にはノリがいい感じがして耳に心地いいです。色っぽさでは若干負けてますが。



スカイダイビングの映像
前に蘋果日報の動画報道のリンクを張りましたが、そのオリジナル映像がAngelaのYouTubeチャンネルに上がりました。
張韶涵 - 生命中的大挑戰系列 [高空跳傘篇] - YouTube

今後このチャンネルにいろいろ上がると思います。プロモーションが終わるとこういうチャンネルはぴたっと更新が止まることが多いですが。
それにしても「That Girl」のMVが出て来ませんね。



 [張韶涵/チャン・シャオハン/Angela Chang/アンジェラ・チャン/台湾]
 ○ 張韶涵 新浪微博 - 個人ブログ(未登録では最近の記事のみ閲覧可能)
 ○ 美妙音樂 - Facebook
 ○ 張韶涵 YouTubeチャンネル(プロモーション用)
 ○ 美妙音樂 YouTubeチャンネル
 ○ 張韶涵涵情脈脈後援會 新浪微博(ファンクラブ)
 ○ 張韶涵-涵情脈脈 - Facebook(ファンクラブ)

tenrinrin YouTubeチャンネル


関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 張韶涵 张韶涵 アンジェラ・チャン 台湾女性歌手

GoogleマップやGoogleEarthを使ってのMVのロケ地探しシリーズ。
今回のロケ地は普通のweb検索がメインで見つけました。まだアルバムが出ていない最新のMVです。

■梁靜茹 (フィッシュ・リョン) 「愛久見人心」MV …YouTube
(アルバム「愛久見人心」は8月10日現地発売予定です)

Google32-01ある古書店を舞台にした夫婦の物語です。歌と相まって胸に迫るものがあります。私はもう何十回も観てしまいました。美しいMVです。先週このMVのレビューを書いた所なので、ストーリーはそちらをご覧ください。
監督は呂來慧 (ルイ・ライホイ)。女性です。FishのMVでは古くはデビューアルバムの「彩虹」MVをallureの名前で撮っていて、その後は「親親」「101」などを監督しています。ノスタルジックな雰囲気の作品が多く、この人の作品には古い日本家屋が時々出て来るようです。

今回のこのMVのメイン舞台となっているその古い日本家屋風の古書店。
Google32-02
Google32-03
Google32-04
Google32-05

ここは宜蘭市の宜蘭駅前にある「THE WALL 賣捌所 (うりさばきじょ)」という軽食喫茶&ライブハウスで、台北にあるライブハウス「THE WALL」の別館です。昨年4月頃にオープンしたそうで、毎週土曜日の夕方にはここでライブが行なわれます。MVでは大量の本を運び込んで古書店に仕立て上げたわけです。映画並みに大掛かりな撮影を行なったわけですね。

このMV中でFishがミニライブをやっているところは店の裏庭です。
Google32-08
ここは普段はオープンカフェになっていて、実際のライブは店内で行なわれます。ちなみにここでFishが着ている服は、Fishのマネージメント会社の社長が個人的に収集しているヨーロッパのアンティーク服をFishにプレゼントしたものだそうです。

店の住所からマップ検索してストリートビューで見てみましたが、2009年撮影なのでまだ店はオープンしておらず、史跡博物館です。 ※ストリートビューへ
Google32-06


「うりさばきじょ」なんて変な名前が付いていますが、これは日本統治時代にタバコと酒の売り捌き所「宜蘭煙酒賣捌所」と呼ばれていた建物で、数年前に修復保存され宜蘭県の県定古跡にも指定されていて、県内にはもう一軒あるようです。

Google32-07どうやって見つけたか
いつも探すための手掛かりを探すところから始めるのですが、今回の手掛かりはMVの店の表にある看板の「うりさばきじょ」という日本語しかありません。これを試しにひらがなのままGoogle台湾で検索してみると、店のFacebookや、たくさんの写真付きブログ記事が出て来たのです。画像検索でも山のように写真が出て来ます。

The WALL 賣捌所 UriSabakiJo - Facebook
とある台湾のブログ記事1
とある台湾のブログ記事2 …この人は台湾で日本風情を味わえる場所をやたら訪れているようです。

この店のFacebookをずっと見ていくと、昨年は江美 (チャン・メイチー)、張懸 (チャン・シュエン)、先月はソロ活動中のF.I.R.のFaye、昨日は旺福樂團がライブをやっていました。このMV撮影の事は書いてありませんが、完成したMVの紹介はしてありました。

ライブスケジュールなどはこちらで。(THE WALL各館)
THE WALL LIVE HOUSE on iNDIEVOX

別のブログ記事から店のメニューを拝借してきました。英語も書いてあります。(昨年の7月のものです)
Google32-09

写真がたくさんあるMVのメイキング記事です。
ユニバーサル台湾の記事 2012/07/19



 [梁靜茹/リャン・ジンルウ/Fish Leong/フィッシュ・リョン/台湾]
 ○ FishLeong靜茹Fish - Facebook (ログインが必要)
 ○ ユニバーサル台湾 YouTubeチャンネル
 ○ 梁静茹 - 新浪微博 (未登録でも最新のいくつかの記事は見られます)



関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 梁靜茹 梁静茹 フィッシュ・リョン 台湾女性歌手 マレーシア出身

アルバム発売日は現時点で未定...
毎日喜んだりがっかりしたりですが、いい話もあります。
昨夜の報道に美妙音樂の総支配人の発言が出ていました。「発行の詳しい時期は現在検討中で、適切な時期を待ちたい」とのことです。
「適切な時期」というのはやはり福茂唱片との係争の成り行きを見てと言う事だろうと思います。となると8月末というのはちょっと望み薄かも知れません。
そういう意味でアルバムの事は一切発表せずにとりあえずシングルだけ出して来たのだと思います。
美妙音樂よ、金で解決してくれ!

総支配人はアルバムの内容についても触れています。
「このアルバムは韶涵が自分で総合プロデュースして作ったもので、彼女の強い想いで曲が選択されている。ファンには全てが新鮮な感じを与えるだろう。しかし、今までの暖かい曲風も引き継いでいる。ダンス曲は2、3曲だ」

ニュースソース
徹底擺脫過去? 張韶涵新歌大走電音風 - ETtoday 新聞雲 2012/07/20

「That Girl」のインパクトはつかみのためのものでしょうね。そして様々な状況から見てアルバムは確かに完成しています。とにかくAngela自身がプロデュースしたというのは物凄く期待します。
突然アルバムが出来上がったように見えますが、やはりAngelaは昨年あたりからいろんな人に声をかけて自費で製作を進めていたのだろうと思います。
となると、妹がマネージャーをやって、ほとんど独立レーベル的にアルバムが作られた事になります。全く秘密裏に製作が進められたのでCMの介入も受けていないかも知れません。
最近の多くの若手シンガーソングライターや、梁靜茹 (フィッシュ・リョン)、許茹芸 (バレン・スー) などなど、台湾では今多くの人が独立レーベルを作って、レコード会社のくだらない企画やCM企業の介入を嫌って自分たちの音楽を作れる環境を作っています。販売やプロモーションだけメジャーのレコード会社にやってもらうわけです。プロモーションもMV製作を含めて自分たちでやる場合もあるようです。
Angelaもいつか自分のレーベルを起ち上げなさい。

昨日書き忘れましたが、今回のアルバムの総製作費は2000万元(約5200万円)以上かけているそうです。MV製作などプロモーションも含めてでしょうけど。日本の物価の価値に当てはめると、その3倍近い金額になります。どんな人が製作に参加しているのか、正に好期待です。

どんどん独言化していきます。
福茂唱片ですが、もう金の問題ではなく意地とかプライドで訴えている気がします。福茂の社長に関しては、私は上海と台北のAngelaのコンサート会場で2回見たことがあるのですが、この人は父親から会社を受け継いだ二代目ぼんぼんで、なんとなくのほほんとしていて、Angelaに対して「もうめんどくさいから好きにさせてやれよ」と思っているような気がします。おそらくこの社長の奥さんではないかと思いますが、福茂の総監督吳怡芬という人がきゃんきゃん言っているのではないかと思います。今度の事でマスコミに対して発言しているのはいつもこの人です。女の意地で訴え出すと例え敗訴しても次にどんな手を打ってくるか…。こわ。
台湾のレコード会社の慣例で、歌手が移籍して新しい会社で新譜が出る時に、前の会社は強力なベストアルバムを出して新譜にぶつけてきます。ある意味内容によってはこれはファンは大歓迎です。Angelaは福茂で7曲録音しているわけで、ほかにも今までにお蔵入りになった曲はあるはずです。それらを入れた2枚組でも3枚組でもいいので新曲+ベストとして、ついでにベストMVのDVDも付けて出してくれ! ほかにもアルバム未収録の「瞬間移動」とか「誰的烏托邦」とかあるだろーが。買ってやるからそれでチャラにしてくれ福茂さん! まだあるぞ。2010年のツアーで、北京公演はCM用にビデオが撮られているはずなので、全曲撮っていなくてもあるだけでも出してくれ~!



 [張韶涵/チャン・シャオハン/Angela Chang/アンジェラ・チャン/台湾]
 ○ 張韶涵 新浪微博 - 個人ブログ(未登録では最近の記事のみ閲覧可能)
 ○ 美妙音樂 - Facebook
 ○ 張韶涵 YouTubeチャンネル(プロモーション用)
 ○ 美妙音樂 YouTubeチャンネル
 ○ 張韶涵涵情脈脈後援會 新浪微博(ファンクラブ)
 ○ 張韶涵-涵情脈脈 - Facebook(ファンクラブ)

tenrinrin YouTubeチャンネル


関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 張韶涵 张韶涵 アンジェラ・チャン 台湾女性歌手




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。