記事ナビゲーション

  次月<<  2010年11月  >>前月





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

カレンダー/アーカイブ

10 << | 2010/11 | >> 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

 2010年11月の記事 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で3周年!
ですが、コメントは来年の年始の挨拶にでも回します。
とりあえず、いつも来て頂いている皆様、ありがとうございます。今後ともごひいきによろしくお願いいたしますっ!




その後もAngelaは忙しく大陸を駆け回っています。
Angelaだけを追いかけても、大陸ではこれだけたくさん大きなイベントが行なわれているわけで、ほとんど毎日どこかでお祭り騒ぎが行なわれているようです。そのせいか、以前なら即日大きく報道されていたものが、音楽イベント如きは小さな報道が遅く出てくるようになった気がします。



中国童装文化節開幕式 大型文芸晩会(2010年11月18日)
Angela125-0118日から2日間、浙江省湖州市で行なわれた子供服のイベント。その開会式に呼ばれました。革ジャンで決めています。歌ったのは「歐若拉」「看得最遠的地方」。出演は他に、香港の謝霆鋒 (ニコラス・ツェー)、大陸から孙楠 (スン・ナン) など大物歌手が何組が出たようですが、コンサート部分はほとんど報道されていません。最近は新浪微博が頼りです。

新浪微博のファンクリップ
※会員しか見られないページがあることに気付きました。登録のし方はお聞きください。



“星耀中華・U酷之夜” 国際巨星超級演唱会(2010年11月19日)
Angela125-02安徽省合肥市体育場で行なわれた6万人規模の国際的な大規模音楽イベントです。3時間で16組が出演し、台湾からはAngelaと梁静茹 (フィッシュ・リョン)、陶 (デビッド・タオ)、香港から成龍 (ジャッキー・チェン)、大陸から張靚穎 (ジェーン・チャン)、韓国からwonder girls、ロシアからは5オクターブ半の音域を持つというヴィタスという人が出ています。Angelaは「隱形的翅膀」と「親愛的那不是愛情」を歌いました。AngelaとFishが同じステージに立つのは、昨年7月11日の山東省済南市での音楽イベント以来です。

イベント公式ページ …各歌手の写真クリックで高画質写真がたくさん出て来ます。Angelaは10枚。
娱乐大视野-张韶涵-搜狐 …高画質写真2枚。
11月18日19日张韶涵欢乐中国行_爱稻草网 …前記18日のイベントと合わせたダイジェスト動画あり。



“2010無線音楽在你身辺” 歌友会(2010年11月26日)
Angela125-03浙江省寧波市で行なわれた歌手3人のファンミーティングのようです。台湾からAngelaとベテラン彭佳慧 (ジュリア・パン) に、大陸の若手魏晨 (ビジョン・ウェイ) の3人で、どういう組み合わせでしょう。イベント会社以外の報道はされていません。Angelaが歌ったのは「歐若拉」「親愛的那不是愛情」「喜歡你沒道理」。最初登場した時マイクが死んでいて、「歐若拉」のサビのところまで聞こえなかったようです。
ビジョン・ウェイという人は2008年にalanと大陸でデュエット曲を出したことがある人です。(→以前の記事へ

11月26日张韶涵动感歌友会唱响宁波_爱稻草网 …動画と写真と記事。動画はファンとのお遊びがメインです。
张韶涵 魏晨 彭佳慧歌友会现场靓照大放送 - 139社区 …ページのずっと下のほうにファンクリップがたくさんあります。



Angela125-04璀璨麗水 甌江情 群星大型演唱会
 (2010年11月28日)
浙江省麗水市体育館で行なわれた全11組が出演した大型音楽イベント。中国移動通信がスポンサーで地元テレビ局で生放送されたようです。台湾からはAngela、王力宏 (ワン・リーホン)、許茹芸 (バレン・スー)、信、動力火車が出演しました。Angelaが歌ったのは「歐若拉」「親愛的那不是愛情」「喜歡你沒道理」。珍しく上記イベントとブーツが同じです。それとこのところ衣装は黒か白かグレーが多いです。

11月28日张韶涵唱响璀璨丽水_爱稻草网 …動画と写真と記事。
地元テレビ局のニュース映像
新浪微博のファンクリップ

●許茹芸 (ルーユンおねーさん) の微博より。
※ルーユンおねーさんはブログの女王で、驚くほど広い交流範囲を持っています。
今天在飛機上碰見好久不見的小美人 張韶涵 發現她竟然是3C人哩! 又一個繼@梁靜茹之後的驚喜3C美少女!^^ (11月29日)
Angela125-05

“今日飛行機で久しぶりに美人さんに出くわした。張韶涵。彼女が3C[注1]人間だと言うことを発見した! また1人梁靜茹 (フィッシュ・リョン) の後に、3Cに驚喜する美少女が続く!^^”
 …かな?


イベント翌日、台湾への帰りの飛行機のようです。会場では互いに忙しいのでなかなか会えないのでしょうね。

[注1] 台湾で言う「3C」とは、「Computer」「Camera」「Cell-phone(携帯)」のことで、iPadやiPhoneを代表とする持ち歩くデジタルツールを指します。(大陸での「3C」は別の意味になります)
前にAngelaが台湾のトーク番組「佼個朋友吧」に出た時も、iPad、iPhone、ニンテンドーDSなどバッグの中からゴロゴロ出て来て、そのときの報道でも「意外にも張韶涵は3Cオタク女 (宅女) だった」と書かれてありました。Angelaのバッグは重そうです。いつかブログ始めてね。きっとブログ女王のルーユンおねーさんも「微博やりなさいよ。楽しいわよ!」と薦めたに違いありません。



今後の張韶涵スケジュール・12月もAngelaは忙しい!
12月9日 安徽省阜陽市 大型演唱会
12月18日 四川省綿陽市 大型チャリティコンサート
12月23日 広州 大型文芸晩会
12月24・25日 遼寧省大連市 クリスマス文芸晩会
12月31日~ 広州 湖南衛視年越しコンサート
2011年1月20日 北京 敬老コンサート



私がつかんでいないスケジュールもあると思います。新譜は来年旧正月が明けてからということらしいですが、確かにこんなスケジュールではレコーディングどころか、細かな打ち合わせをしているヒマもないのではと思ってしまいます。最近福茂唱片が北京に録音室を作ったようで、普段は第三者に貸し出しているのでしょうけど、ほとんど大陸へ行きっぱなしのAngela用に作ったとしか思えません。と言っても上海あたりにも作らないと用を成さないですね。



 ● Angela張韶涵 A6 官方資訊站 - Facebook
 ● 福茂唱片 - Facebook
 ● LinfairRecords (福茂唱片) YouTubeチャンネル
 ● LinfairRecords (福茂唱片) YouTubeチャンネル2
 ● angnation.com

tenrinrin YouTubeチャンネル

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 張韶涵 アンジェラ・チャン 許茹芸 台湾女性歌手

台湾で写真を撮ってきたスペシャル版3回目。
台北西門町で撮られたMV

今回は「西門町で撮られたMV」という切り口で何本かMVを紹介します。1度紹介したものが多いですが、せっかく行ったのでいろいろ撮ってきました。

西門交差点附近の地図とカメラ位置です。
Google20-01
※Googleマップで表示
「A」の位置から撮って来たのがこれ。
Google20-02

西門の夜景と言えば、全編西門で撮られたこのMV。
■張韶涵 (アンジェラ・チャン)「C大調」MV (2007年) …YouTube
xi-men-ding-01

こちらも同じ場所です。
■丁噹 (ディンダン)「閃光燈」MV (2008年) …YouTube ※画質悪し
Google20-03
こちらは午前中の西門のようです。

同じ場所でカメラを左に向けた「B」から撮られているのがこれです。
■蔡淳佳 (ジョイ・ツァイ)「星星眼睛」MV (2005年) …YouTube
Google20-05 Google20-06
このMVは写真の連写を多用しています。

これは誠品116の前の広場で撮られています。
■丁噹 (ディンダン)「我愛上的」MV (2009年) …YouTube ※画質悪し
Google20-07 Google20-08
カメラは「C」の位置からで、今と看板が変わっていますが「TAMAGO YA」という喫茶店の名前で分かります。このMVには何度もこの広場が出て来ます。

ジョイの「星星眼睛」から、この横断歩道は「D」のカメラ位置からです。
Google20-09 Google20-10

Angelaの「C大調」は西門紅楼でも多く撮られています。
xi-men-ding-02
taiwan04-09
これは最初の地図の「E」のカメラ位置で、オープンカフェになっているところです。


西門附近で撮られたMVとしては、以前にも紹介したこれ。
■張韶涵 (アンジェラ・チャン)「再快樂一點」MV (2009年) …YouTube
Google08-04
このMVについてはロケ地めぐり[8]で、たくさん書いています。

この歩道橋が下の写真なのですが、色が塗り替えられていました。

Google20-13

ストリートビューでも見える写真では値打ちがありません。歩道橋の上を撮ってきました。
Google20-14 Google20-15
エレベーターが付いた豪華な歩道橋ですが、ここは下に横断歩道があるので誰も利用していないようです。おまけに階段に囲いがあるので、踊り場がホームレスの住み家になっていました。ベンチの下にも家財道具が…。

歩道橋から撮ったこの景色を見ていてあとから気付きましたが…
Google20-16

ジョイの「星星眼睛」もここで撮られていました。
Google20-17 Google20-18
更に先日、YouTubeでAngelaのデビュードラマ「MVP情人」の一部を見ていたら、この歩道橋からの景色が出て来ましたから、けっこう撮影で使われる歩道橋かも知れません。人が少ないこともあると思います。

Google20-19この歩道橋は西門交差点から北へ500mのところにあるわけですが、そこから交差点にかけて「再快樂一點」MVは撮られています。

下のシーンは「F」の位置で、歩道橋の上から撮られていたのが判りました。
Google08-11

「G」から見た横断歩道は、ストリートビューより分かりやすい写真を撮りました。
Google08-06 Google20-20

Google08-08

「H」の位置から撮られたシーンは3面パノラマを撮ってきました。

Google20-21
taiwan05-04
MVは、CDショップ佳佳唱片の下の店の中から撮られているようです。


これは「I」の位置から交差点に向けて撮られています。
Google08-13

ストリートビューでも見られますが、一応撮ってきました。
Google20-22

西門町ではありませんが、ついでなので、ディンダンの「閃光燈」MVに出て来た「LOVE」のモニュメント。台北101の前にあるものですね。
Google20-23 Google20-24s

ちなみに、Angelaのもの以外はどれも黄中平 (ホァン・チュンピン) 監督が撮っています。

スペシャル版はこれで終わりです。
たった1回台湾へ行っただけで、Angelaのコンサートレポから始まって、台湾ネタ9本目の記事でした。すごいネタ効率の良さですね^^。





関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 張韶涵 アンジェラ・チャン 丁噹 ディンダン 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ

台湾で写真を撮ってきたスペシャル版2回目。

■張韶涵 (アンジェラ・チャン)「真的」MV (2006年) …YouTube

Google19-01これはロケ地めぐりシリーズ第2回でも紹介しましたが、空から見た画でしか紹介できませんでした。今回は細かく写真を撮ってきました。
アルバム「潘朵拉」よりAngelaの名曲のひとつで、ぷるんぷるんのAngelaが出てくるMVです。共演はドラマ「愛殺17」でも共演した陸廷威 (ルー・ティンウェイ)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Google19-02まずMRT市政府駅の近くにある「台北市議会」隣の「市民広場」という場所。MVの前半はここがメインです。


 ※Googleマップで表示


ここは野外ステージになっていました。太極拳のグループがいたので、ちょっと撮りにくかったです。
Google19-03

ここでプロデューサーの阿滾 (アグァン) がピアノを弾いています。
Google19-04
Google19-05
MVの方はかなりのワイドレンズなので遠近感が強調されています。

Google19-06 Google19-07
Google19-08 Google19-09
Google19-10 Google19-11

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
後半の舞台は上記広場から450mほど東へ行った新光三越信義店の歩道橋です。5つある新光三越のビルをつなぐ渡り廊下でもあります。
Google19-12 Google19-13
 ※Googleマップで表示

3人が鉢合わせするのは、歩道橋の階段です。
Google19-14
Google19-15

その階段を登ったところがここ。
Google19-16
Google19-17
MVの当時は右側に建物がなかったようです。今は赤い柱のところから渡り廊下が出ています。奥の角にある店はハーゲンダッツで、あまりに暑かったのでここで休憩しました。日本語の分かるお姉さんがいました。

同じ場所から反対側を見たのがこれ。違う場所として撮られています。
Google19-18
Google19-19
MVではこの2人が携帯で話しますが、全く同じ場所だったのです。この歩道をずっと行くと台北101まで行けます。

Google19-20 Google19-21


実はこの場所で、このMVも撮られています。
■丁噹 (ディンダン)「我愛他」MV (2009年) …YouTube
Google19-22 Google19-23
ディンダンが殺人者になってしまうサスペンス劇場風MVです。深夜に撮っているようですね。なんと、どちらのMVも男が浮気して裏切る話です。

まだスペシャル版のネタは尽きません。


※追記(2012/06/05):蕭亞軒 (エルバ・シャオ) の「不遠」MV('06年)もここで撮られていました。




関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 張韶涵 アンジェラ・チャン 丁噹

今回は台湾で写真を撮ってきたロケ地です。スペシャル版です。
このロケ地では3本もMVが撮られていたのです!

■張韶涵 (アンジェラ・チャン)「喜歡你沒道理」MV (2006年)
まず、アルバム「潘朵拉」からAngelaのMVのこのヒョウタン型の公園。
Google18-01 Google18-02

■五月天(メイデイ) + 陳綺貞(チア-·チェン)「私奔到月球」MV (2007年)
五月天のアルバム「離開地球表面」でチーチェンをフューチャーしたこの曲も、同じ公園で同じアングルから撮られています。
Google18-03 Google18-04

■卓文萱 (ジニー・チュオ)「一句話」MV (2008年)
Google18-05ジニーのアルバム「超級喜歡」から、このMVにもちらっとこの公園が夜景で出て来ます。


3本とも黄中平 (ホァン・チュンピン) 監督の作品です。この監督はMVの数を撮り過ぎて、何年も前からロケ場所のネタが尽きていると思われますので、同じ場所で撮られたMVを多く見ます。

この何の変哲もない児童公園をわざわざ台湾で撮ってきました。Google18-01
Google18-06
2006年当時とは遊具が変わってます。ヤシも1本減ってます。
石畳に見える床はウレタンのような素材でできていて、歩くとソフトでした。
Google18-02
Google18-07
Google18-12 Google18-13
3面撮ってつないだパノラマ写真です。
Google18-08

なぜこの場所が判ったか
2007年に「私奔到月球」MVを見た時に、Angelaの「喜歡你沒道理」MVと同じ公園だと気付いていましたが、場所までは特定できませんでした。
Google18-09どうしてこの場所が特定できたのかと言うと、2009年にジニーの「一句話」MVを見ていて、「あっ、またあの公園だ」と気付き、更に夜景の画面から後ろに高速の高架があるのではと気付き、3本を見比べて、特に五月天のMVから「もしや後ろに見えているカーブした高架は高速の出口では?」と思ってGoogleマップで調べてみました。台北は東京ほど広くありませんので、いくつか高速の出口を調べたらこのヒョウタン型の公園がすぐ見つかりました。そこまでに2年かかりましたが^^。
Google18-10
Google18-11
ストリートビューではちらっとしか見えませんが、これが決め手でした。


 ※Googleマップで表示


この場所はMRT昆陽駅から北へ道路距離1.5Kmほどのところにある公園です。Angelaのコンサートをメインに8月に台北に行った時にここへ行ったわけですが、あらかじめストリートビューで公園のあたりを見てみると、周辺はタクシーなど拾えそうにない何もない郊外でした。1.5Kmというのも片道だとタクシーを使うには微妙な距離です。かと言って、昆陽駅を降りた時、行きはタクシーで行ったとしても、あの暑さの中を歩いて戻ってくる気にはなりませんでした。駅前に停まっていたタクシーに乗り込み、日本語は全く通じなかったので、プリントアウトした地図を出して、「ここへ行ってしばらく待っててくれ」「そのあとこの駅に戻ってくれ」というのを英語と中国語と手振りで説明しました。なんとか通じたようです。あの何の変哲もない公園でタクシーの運転手は「こいつ、何しにきたんだろう」と思ったでしょうね。
なぜか台湾のタクシーの運転手で日本語が分かる人は少ないそうです。

黄監督は、週1本ぐらいのペースでMVを撮っている感じですから、ほかにこの公園で撮っているものがあるかも知れません。

このシリーズの次回も、台湾で撮ってきたスペシャル版です。





関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 張韶涵 アンジェラ・チャン 五月天 陳綺貞 卓文萱 黄中平

今回は短いビデオも何本かアップしています。

台北101を下から見上げました
8月8日、この日も台北駅前をうろうろしてから、MRT市政府駅へ行きました。目的は台北101なのですが、市政府駅周辺にもMVのロケ地がいくつかあり、その写真を撮りながら向かいました。
とにかく暑かったのを覚えています。

taiwan06-01駅前に新光三越信義店というのがあります。駅から101に向かってこの新光三越の大きな建物が5つもあり、巨大ショッピングタウンになっています。

taiwan06-02



ここでも音楽イベントなどがよく行なわれるようです。私が行った時はクラシックのイベントの準備をしていました。
しかし、集まるところには集まっていたのですが、日曜日なのに意外に人が少なかったです。8月は暑いのであまり外に出ないのでしょうか。

taiwan06-03
ショッピングタウンを通り抜けると101がどーんとあります。
高さ509m。2008年までは世界一高かった建物です。

私は高いところはあまり好きではありません。ですから、101は「下から仰ぎ見たい!」という発想しかありませんでした。


taiwan06-04つながった隣のビルがショッピングビルになっていますが、高級ブランドショップが並んでいて、およそ私には縁のない所でした。
ここまで来るとさすがに団体ツアー客がたくさんいました。中国からも来ています。ガヤガヤ賑やかなのですぐわかります。


こちらが101の正面になるのでしょうか、これも何度かMVに出て来た「LOVE」のモニュメントです。
taiwan06-05
※Googleの台北ストリートビューはこの通りから始めたのでしょうか、Googleのスタッフたちがこの前で手を振っているのがストリートビューに写っています。

上海でもよく見かけましたが、華人達は写真を撮る時こういうポーズをさりげなくやります。
taiwan06-06
taiwan06-07
下から見上げた101は、背景が空だけなので生で見ても巨大感を感じませんが、少し離れたところから対象物と一緒に見ると巨大感を感じます。
東京タワーは、上から4つ目の節ぐらいの高さです。


このあとは、もうひとつロケ地の写真を撮りに、市政府駅から3つ目の昆陽駅へ向かい、そのあとそこから夕陽を見に淡水へ向かいました。


淡水の夕陽
淡水 (タンシュイ) は、淡水河河口にある台湾で最も夕陽が美しいと言われる台北旅行の観光定番スポットです。台北駅からMRTで40分かからないぐらいでした。

まず、淡水駅の西側に広がる老街と呼ばれる繁華街をうろうろしてみました。
taiwan06-08
駅側から見た賑やかな公明路です。
taiwan06-09
さすがに日曜日とあってほとんど原宿竹下通り状態なので、とりあえず公明路は後回しにして、河沿いの環河道路を歩いてみました。

taiwan06-10 環河道路も人が多く、ほとんど祭りの夜店状態です。どうやらここでは、毎日お祭りをやっているようです。


YouTubeに短いビデオをアップしております。歩きながらモニターをほとんど見ないでの撮影なので手振れで目が回るかも知れませんが、雰囲気は伝わると思います。
YouTube - 台湾 淡水環河道路 …1分56秒

次は公明路を駅と反対側(西側)から歩いてみました。
YouTube - 台湾 淡水公明路 …1分58秒
ちなみにこの通りはストリートビューでも入っていけます。

taiwan06-11どこか地方の温泉街のノリがあります。途中に見える怪しげな「捜奇博物館」は、あとで調べてみると、見た感じの通り、世界中から奇っ怪なものを集めた祭りの見せ物小屋的な博物館でした。


ここから河口にある漁人碼頭へ向かいます。バスはよく分からないので駅からタクシーに乗りました。10分くらいです。

漁人碼頭、フィッシャーマンズ・ワーフですね。
taiwan06-12
港の上に白い橋がかかっていて、ここから夕陽をみんなは見るわけですが、私はビールを買ってこの先の堤防の先のほうまで行きました。

橋の上から2面撮ってつないだパノラマです。
taiwan06-13
taiwan06-14
矢印のところがちょうど休息所のようなところの影になっていたので、そこに座って陽が落ちるのをのんびり待っていました。 ※Googleマップで表示

曇りがちでしたが、雲がとても速く流れます。きっと夕陽は見えると確信しました。
taiwan06-15

ビールがうまい。
taiwan06-16
ぼーっと対岸を見ていると頭が空白になっていきます。

あ、虹だ…。
taiwan06-17
ビデオを撮っているあいだに消えました。

ふと、隣に誰かの気配を感じて横を見ると、なんとHOさんがニコニコ笑いながら立っているではないですか!
昨夜一緒に飲みに行って、「明日は夕方淡水に行ってます」という程度しか言ってなかったと言うのに、この広い観光地でどうやって私を見つけ出したのでしょう。
きっと私が気付くまで隣でじっと待っていたに違いありません。笑わせてくれますHOさん。

このあとは、Angelaがどうしたのとか、アリエルがどうしたのとか、オヤジ2人でまたまたC-POP談義に興じながら、一緒に夕陽の写真を撮りました。

雲の流れが速いので、夕陽が様々な顔を見せます。
taiwan06-18
taiwan06-19taiwan06-20
taiwan06-21

ビデオも撮っております。
YouTube - 台湾 淡水の夕陽 …30秒

日が沈んで振り返ると、橋がライトアップされていました。
taiwan06-22

少なくともここは、オヤジ2人で来るようなところではなさそうです。
taiwan06-23

ここにはタクシー乗り場というのがありませんでした。貸し切りのタクシーが駐車場でたくさん待っていました。前にも来たことがあるHOさんのぼんやりとした記憶で、バス乗り場までけっこう歩きました。HOさんがいて良かったです。
このあとは2人で、また台北駅附近で飲みながらC-POP談義に深夜まで興じました。


最終日
翌日最終日は、朝ホテルに送迎車が迎えに来て、来る時とは別のガイドさんが付いて、免税店に寄らされて帰りました。別の送迎車でしたが、来る時一緒だった2人の女性達と免税店で出逢い、帰りも同じ飛行機でした。


初めての台湾は楽しかったです。
日本語がいろんなところで通じました。買い物で下手に中国語で話しかけるよりも「あの、すみません」と言った方が、店の奥から日本語の分かる人を連れてきてくれたりして、にこやかに対応してくれます。どこでも日本語が通じるわけではありませんが、通じなくてもなんとかしようとしてくれます。みんなとても親切でした。
また行きたいです。





関連記事


テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

タグ : 台湾 台北 台北ひとり歩き




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。