記事ナビゲーション

  次月<<  2008年11月  >>前月





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

カレンダー/アーカイブ

10 << | 2008/11 | >> 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

 2008年11月の記事 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今宵はグラスを傾けながらレネなどいかが?

RENE_01劉若英 (リウ・ルオイン)。通称レネ・リウ。台湾の女優であり歌手。
どちらかと言うとメインは女優と言ったほうがいいでしょう。女優の歌い方と言ったらいいのか、その歌の主人公になり切って、とても暖かく説得力のある歌い方をする人です。どの歌を聴いてもどこか人生を歌うシャンソンのようにしっとりと響いてきます。
デビューは1995年、女優として映画「少女小漁(少女シャオユー)」でいきなり主役に抜擢され、台湾アカデミーの最優秀主演女優賞を獲得します。同時にそのテーマ曲を含むアルバム「少女小漁」で歌手デビューします。と言ってもその前年1994年に、「飲食男女」という企画物コンピレーションアルバムの中で「世間情歌」という曲を歌っていますので、それが歌手デビューと言ってもいいかも知れません。
レネの初期のアルバムには台湾の大御所歌手である陳昇 (ボビー・チェン) が大きく関わっていて、プロデュースに加え楽曲提供からデュエットもしています。歌手としてのレネは陳昇に育てられたようです。
また、レネは初期のアルバムでKiroroの曲を2曲カバーしています。
 ●「很愛很愛你」…「長い間」のカバー
 ●「後來」…「未来へ」のカバー

女優としてのレネは、私は彼女の映画は1本しか観ていませんが、他に予告篇やドラマ風MVを観ていても、一度演技に入ると、あのいつも寝起きのようなポヤンとした表情からは想像が出来ないような別の人格が入ったようになります。いわゆる「憑依型」の女優のようです。


「我很好」 2008年1月 →歌詞 →iTunesストアweb試聴

我很好 01. 我很好
 02. 熊
 03. 落跑新娘
 04. 給你
 05. 還是一樣
 06. 梔子花
 07. 靜靜坐著
 08. 口香糖
 09. 12月3日,北京
 10. 訓練
 11. 不能跟情人說的話 (合唱 范瑋)

デビュー以来、企画物を除くと通算17枚目のアルバムです。
調べてみると、レネはデビューアルバム以来、作詞作曲も多く手がけてきて、今回もトラック6,7,10を作詞作曲しています。表題曲「我很好」は五月天 (メイデイ) の阿信が作詞、JS (Justin & Sophia)のジャスティン (陳忠義) が作曲しています。ジャスティンはいつもながらきれいなメロディを書きます。
ラストの范瑋 (ファンファン) とのレコード会社を超えたコラボ曲は私の大好きな曲で、ファンファンの記事でも書きましたが、2人ともよく似た声で、どちらが歌っているのかわからなくなるほどです。
私はこのアルバム以外に初期のベストぐらいしか聴いた事がなかったので、レネが今のようにどう変ってきたのかはわかりませんが、このアルバムに関しては、最初から最後までしっとりと大人の歌を聴かせてくれて、ちょっとお酒など飲みながら聴くととてもいい雰囲気です。日本酒よりも洋酒が合います。
レネは現在38歳。すでに「レネの歌」として完成されていて、どの曲がどうのと言うことは何も言葉はありません。その語りかけるような優しい歌声は、私としては思わずレネおねーさまと呼びたくなります。この良さはきっと若造にはわかるまい。へへ。

DVD
このアルバムの2ndバージョンのDVDには、「我很好」「落跑新娘」「訓練」のMV3曲と、上海で撮影された20分のミュージックムービーが入っていました。「我很好」MVはそれの短縮版です。この20分ムービーは、イメージ映像とドキュメンタリーが合体したような内容で、きれいな映像に加えてレネが上海の街で買物をしたり食事をしたりして、そこの店員との会話やレネの独言が入っています。
「訓練」MVはどこにでも現れる黄中平 (ホァン・チュンピン) 監督作品なのですが、気合いが入った映像です。いつものフォトジェニックな映像が今回は特に生かされていて、とても美しく仕上がっています。
それだけでなくMVは3本とも歌に合ってとてもしっとりとした美しい映像で彩られています。すっぴんのレネも出てきて、気取らない彼女のキャラが見えます。特にどれもレネのドアップが多く、これがまたツルツルのきれいな肌をしているのです。セクシャルな意味ではなく、映像を見ると単純にそう思います。逆に言うと、どの監督もドアップで撮りたくなるようなきれいな肌なのかも知れません。普通に見ていてもレネの顔はゆで卵を連想させますから。


デビューアルバムのMV
もはやお宝映像と言ってもいいかも知れない制服姿の初々しいレネが見られます。(と言ってもこの時すでに25歳)
 ●「冰點」MV
前述の陳昇 (ボビー・チェン) とのデュエット曲です。この曲は当時の陳昇のアルバムにも収められていて、陳昇の歌にレネがフューチャーされたようなデュエットで、レネはサビの部分でハモっているだけです。
ちなみにこのMVの監督は私の好きな台湾のMVの巨匠、周格泰 (チョウ・グータイ) 監督の作品で、私が見つけた周監督の最も古い映像です。1995年ですから。

彼女だけではないのですが、こうやって台湾ポップスの歴史を発掘していくのはとても楽しいです。ベテラン歌手ほどその対象になるわけで、いろいろ研究しています。またぼちぼちとその研究成果も書いていきたいと思っております。


スポンサーサイト


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 劉若英 レネ・リウ 范瑋 台湾女性歌手 カバー曲 CDレビュー

更新が滞っておりますが、飽きたわけではありません。
前にこのブログの不具合があったときに仕事も忙しくなり、怠け癖がついてしまいました。
人のせいにしていてはいけません。
紹介したい歌手がたまっておりますし、既出の歌手のニューアルバム紹介もほったらかしになっております。
以前より多少更新頻度は下がるかも知れませんが、頑張っていろんな歌手を紹介していきますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------

久々の更新になってしまいましたが、前回からの想い出話の続きです。

素晴らしい通訳

CGプロダクションの経営者Y氏は、新会社で我々の仕事のためだけに、20人ほどのCGスタッフを中国中から雇い入れました。ほとんど20代の若いスタッフばかりで、その中にはメジャーの香港映画に関わったスタッフも6人いました。20人のうち女の子が5人だったかな。それにその人数分以上の高速PCが導入され、かなり広いワンフロアがやはり我々の仕事のためだけに設けられ、その端に私専用の部屋が設けられました。私はまるで重役になったような気分でした。
Y氏の会社では編集も請け負っていたので、ベテランの編集マンCさんと、通訳も兼ねた日本語が少し出来る事務の女の子も雇われました。
事務の女の子は、私はユキちゃんと呼んでいて、彼女の日本語の発音はとてもきれいなのですが、通訳としては本人もかなり心もとなかったようで、彼女の彼氏(日本人)のその友達である日本人のS君が通訳補助でやってきました。S君はアルバイトです。
S君は上海の大学へ通う日本人留学生ですが、これも通訳としてはかなり心もとないところがありました。
しかし、このS君とユキちゃんのコンビが、互いに助け合いながら私を助けてくれることになります。

CGスタッフは更に増え、20人を超えましたが、どうしても彼らと私とのあいだに壁がありました。
一人一人説明して仕事の指示を出しても、「わかりました」と言うだけで、的を外したものしか上がってきません。「わからないことがあれば質問してくれ」と言っても、何も質問がありません。私は日本でやっているように彼らと気さくに話し合いながら、彼らの考えも聞きながら仕事を進めたかったのです。
S君はいつも大学が終わって午後からの出勤でした。編集マンCさんは30代前半で知識人で、かなり私とウマが合ってすぐに仲良くなれました。それで昼飯はいつもユキちゃんと編集マンとの3人で行っていました。

ある日早めに昼飯から戻ると、CGスタッフの1人がすでに仕事を始めていました。
なんとなくその隣に座って、軽く仕事のアドバイスをしながら「君はどこから来たの?」とか聞いて世間話をしてみました。
そこへS君がいつもより早めにやって来て通訳を手伝ってくれました。
やがて食事から戻ったスタッフが1人2人と我々の周りを囲み始め、私を中心に輪になって話に加わってきました。
彼らも日本人や日本に興味があるようで、いろんな質問をしてきました。
「私たちのような仕事をしている人を日本ではなんて言うの?」
「CGクリエーターだよ」
と、初めは仕事に関わるような質問ばかりでしたが、
「日本の女はどうしてミニスカートばかりはいてるんだ?」
「おい、俺にそんなこと聞いてもわかんねえよ。高校の制服にミニスカートが多いからじゃないのか。でもそんなにみんなはいてないぞ」
いつしか談笑になっていきました。
スタッフの中のちょっと生意気そうな1人が調子に乗ってとんでもない質問をしてきました。
「日本人はうんこを食うと聞いてるけど本当か?」
通訳のS君も言いづらそうに「なんか、こんなこと聞いてきてますが」と言いながら通訳。
それは昔からの日本人を悪く言う荒唐無稽な話として伝わった話でしょう。彼らもそんなことはウソだとわかっていても、ここに日本人がいるのだから1度聞いてみようというノリだったようです。
ほかのみんなは「日本人にそんなこと聞いていいのか?」と思ったようで、一瞬静まり返りました。
「食うか! そんなもん!」
と、私が笑いながら大声で言うと、通訳を介さずともそのリアクションでわかったようで、緊張が解きほぐれたようにみんなはドっと笑いました。遅れてS君が通訳。
すかさずユキちゃんが、「もう! みんな◯◯さんに変なこと聞いちゃダメ!」と言っているのがこれも通訳される前に私にもわかりました。
その一件がきっかけで、彼らと私とのあいだの壁が消えてなくなりました。
彼らにしても、昔からのたくさんの日本人を悪く言う噂などで、日本人に対して恐れがあったのかも知れません。
「日本人は腹黒い」「ずる賢い」など。
しかし私もそうですが、習慣や国民性の違いなどはあっても、みんな同じ人間だということに彼らも気付いたわけです。
その日を堺に、私は彼らと冗談が言い合えるようになり、仕事の質問攻めに遭うことになります。
こちらが要求したこと以上の作業をし始めて、「これは高予算の映画ではなくてテレビの仕事なんだから。こんな細かいことしてちゃ間に合わないよ」と言い聞かせるほどの状態にまでなりました。
日本のいろんな作品を見せたこともあったようで、日本に負けるかという気合いもかなり出てきたようです。それは日本がハリウッドに負けるかという感覚に似ていました。
とにかく彼らは私を信頼してくれていることが伝わるようになりました。

それらのことでは、S君とユキちゃんの通訳がとても私に貢献してくれました。
それまで私に着いてくれた中国人通訳は、どうしても私とのあいだに壁を作っていましたが、この2人は違い、友人と言ってもいいほど仲良くなれました。
確かに翻訳には2人とも心もとないところはありましたが、通じなかったときなど「じゃあ、別の言い方してみようか」と、彼らに相談できました。この2人との出会いは大きかったです。

話は戻りますが、その「うんこ」の話があった夜に、編集マン、S君、ユキちゃんらと4人で食事に行き、そのときその「日本に対しての昔からの悪い噂」のことを編集マンに聞くと、彼は申し訳なさそうに「そうなんです。中国には日本のくだらない悪い噂がたくさんあります」と言って、そのひとつを聞かせてくれました。
ここでその内容を書くと怒り出す日本人がたくさんいるような話です。しかしあまりのくだらない話に一緒に笑いました。
編集マンは私を友人だと思ったから話してくれたのです。

中国人は日本人のように簡単に人を信用したりしません。ところが、一旦信用するとものすごくその人を大事にしますし、信頼します。何かのきっかけがあれば贈り物をくれたり、こっちが引いてしまうほど親切にされます。
それは長い歴史が作り上げた国民性なのでしょう。自分の家族と友人はとても大事にしますが、それ以外の他人は極端に言うと「どうなろうと知ったことではない」というぐらい大事度の落差があります。と言っても食事で相席になった人に話しかける気さくさや陽気さも持ち合わせています。
その彼らの習慣や国民性を理解できると、そのベースにあるのは同じ人間ということです。
国家が国際的に批判されるようなことをやっても、国家と国民は別物です。国の妙な政策の中で、国民はそれに対処してなんとか生き抜いているわけです。我々の国も似たようなものではないでしょうか。

プロジェクト頓挫

さて、私の仕事がスムーズに動き出した頃、撮影現場も、とてもスムーズに動き出していました。日本スタッフと中国スタッフが互いに専門用語を覚え合って、とても仲良くやっていました。
しかしそれは1年間向こうへ行っていた間の最後の3ヶ月の話です。
我々を雇っていた日本のプロダクションの資金が尽きたのです。
相次ぐトラブルで1年で52話作るはずが、たった3話しかできていない状況で莫大な無駄金を使い、予定していたスポンサーも降りてしまったのです。
「上海でのビジネス」というものを熟知した人間がスタッフ内に1人もいなかったのも原因の一つだと思います。
上海では仕事が順調に動いていても、明日何が起こるかわからないところです。

2007年4月末、日本はゴールデンウィークに入り、中国は5月1日から労働節で1週間休みになるため、我々は一時帰国することになりました。
しかし、再び上海へ戻ることはなく、このプロジェクトは中断となりました。
事実上頓挫です。
私はみんなと「じゃあね!」と別れたきりです。彼らも日本語で「じゃあね!」と言っていました。
みんなとちゃんとお別れができなかったのが心残りです。

結局、私も含めて日本のスタッフには未だに一部のギャラが支払われておらず、それどころか中国側のCGプロダクションや撮影所にもお金が支払われていないままです。
「日本人は腹黒い」「ずる賢い」をやってしまったように思え、私も被害者ではあるものの上海のみんなに日本側の人間としてとても申し訳ない気持ちになりました。

小春日和のカレーしかし、それから1年近くたった今年の2月に、編集マンからS君の翻訳を通してメールが来ました。
「あなたのことが懐かしい。当時お世話になったことに感謝している。再びお会いできることを待ち望んでいる」という内容です。それは言葉が出ないほど嬉しいメールでした。
私は申し訳ない気持ちを書いてS君にメールを送りました。
それの返信は、「誰も日本を恨んではいません。あれはそちらの上の人間がやったことなのでしかたありません」と言うことでした。
その言葉で私にはひとつ区切りがついたような感じでした。
しかし、編集マンは会社を離れ、雇われていた20人以上のCGスタッフは全員解雇になったようです。編集マン以外は一生会う機会はないでしょう。

上海では様々なことを学びました。結局仕事は形にはなりませんでしたが、私はC-POPにハマって帰って来ました。

ちょっとオチが付いたところで、長文読んでいただいてありがとうございました。
次回から普通のC-POPの記事を書きます。

※写真は左からユキちゃん、編集マンCさん、監督。昨年の4月19日、小春日和の中、昼食で一緒にカレーを食べました。





関連記事


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

タグ : 上海 上海での日々




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。