記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

08 << | 2017/09 | >> 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

カテゴリ : 「黄雅莉 (ホァン・ヤーリー) 」の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大陸から台湾へ。ビュアでストレートな声が魅力です。

Ya-Li_01大陸でデビューして、今年台湾へ連れて来られたと言う珍しいケースの歌手です。

黃雅莉 (ホァン・ヤーリー/簡体字:黄雅莉)。現在20歳。ヤーリーは大陸の国民的人気コンテスト番組だった「超級女声」で、2005年に6位に入りデビューしました。この番組は視聴者投票がメインではあったものの、それなりに実力を持った歌手が多く出ています。特にこの2005年は、張靚穎 (ジェーン・チャン)、李宇春 (クリス・リー)、周筆暢 (チョウ・ピーチャン) など、この番組で大ブレイクした人がいて、ヤーリーも含めた4位以下の何人かもそれなりにブレイクしたものの上記3人の陰に隠れたような感じでした。また、この年は大陸でボーイッシュが流行り、李宇春、周筆暢とともにヤーリーもボーイッシュ路線で売り出されました。しかし男の私が見ると、大陸のボーイッシュと言うのは宝塚の男役のように男になり過ぎてちょっと引いてしまうところがあります。ヤーリーはワルガキ風のイメージでデビューしました。


ZaiZai「崽崽」2006年12月

この時17歳。元気一杯の少年が歌っているようなアルバムで、その元気さとストレートで伸びやかな声にインパクトがあります。楽曲がちょっと子供っぽいのですが、多重に重ねられたボーカルアレンジが面白く、聴いていて気持ちがいいです。結構私はこのアルバムが好きです。
「崽崽」MV
「蝴蝶泉边」MV
「无聊」MV


その後東京とシンガポールでボイストレーニングなどを受け、「超級女声」関係のコンピレーションアルバムなどで新曲を単曲でいくつか出していますが、いまいち鳴かず飛ばずだったようです。ちなみにその単曲の中にはJSの「殺破狼」のカバーもあります。
2008年に入ってヤーリーの活動はほとんどなく、このままではレコード会社 (天娱传媒) との次の契約更新はないと見たのが台湾の福茂唱片で、同社はヤーリーの才能に目を付けて獲得にかかり、半年かかって昨年6月に正式契約をしました。この時大陸では「黃雅莉台湾福茂唱片加入!」と、けっこう話題になったようで、大陸から台湾への移籍と言うのは大きなステップだということがわかります。しかしずっとヤーリーの活動がないため、忘れられないうちに昨年12月にまず大陸で希望に満ちたシングル曲「我還能飛翔」が出されました。そして今度はワルガキではなくちょっとボーイッシュな女の子として先月(09年6月)にやっと台湾でアルバムが出されたのです。


Ya-Li-Bu-Pa.jpg「雅莉不怕」2009年6月19日
     →iTunesストア台湾web試聴
 01. 戀愛絕句選 →MV
 02. 懵懂
 03. 相愛的人都等在這地方 →MV
 04. 不一定快樂
 05. 歌詞裡的他
 06. 我還能飛翔
 07. 明天的你和我
 08. 愛光臨
 09. 火星愛月亮
 10. 臨床實驗

ヤーリーとしては2年半ぶりになる2ndアルバムです。全体にライトロック系で爽かな雰囲気です。大陸時代に比べると垢抜けて音がおしゃれになっていますが、最初は前ほどのインパクトは感じませんでした。しかしとてもいい曲いいメロディがたくさん入っていて、ちょっと聞き込むとけっこうハマってきます。ヤーリーの素直な歌声も魅力的です。
福茂唱片御用達の王雅君 (ワン・ヤージュン) が作詞や作曲で5曲参加していていて、アルバム全体のプロデュースにも参加しています。全体のストリングスアレンジも福茂お馴染みの阿滾 (アグァン) が担当していて、福茂唱片が総力を挙げているように思えます。
3曲目の「相愛的人都等在這地方」の曲を書いたのは易桀齊 (イー・ジエチー) で、これが彼らしいいいメロディで心に響いてくる感じです。4曲目は王雅君作詞で曲は福茂唱片の姉御ファンファン (范瑋) ねーさんが書いていますが、これもいい曲です。6曲目、大陸で先行して出された「我還能飛翔」は詞曲ともに王雅君が書いていて、ヤーリーの伸びやかな声を活かした素晴らしい歌い上げ曲になっています。7曲目もいい曲で、広い大地をしっかり歩いていくような勇気の湧くメロディです。これには中国の古楽器でしょうかチャルメラのような音が使われていて、素朴な味わいが出ています。9曲目がまた素晴らしい曲で、少し1stアルバムを思わせる素朴な懐かしさを感じる叙情曲で、私のかなりのお気に入りになりました。心に響きます。ラストはちょっとユニークでポップなロックで、後半にやはり1stを思わせる1人多重ボーカルが入ってきて面白いです。これを1曲目に持ってきてもいいほどです。
とにかくこのアルバムは全体に心に染みるメロディというのがたくさん出て来ます。それにヤーリーの一心に歌う素直な声が心地良く、アルバムとしても1つの方向性でとてもまとまったものになっています。実は先行MVを見てあまり期待せずに買ったのですが、なかなかの当たりでした。
ただ残念なのは短い曲が多く、4分を越えるのは2曲しかありません。どの曲ももうちょっと聴かせてほしいと思ってしまいました。

ヤーリーにとっては新たな一歩であり、台湾では新人ですから2回目のデビューと言ってもいいかも知れません。福茂唱片は少数精鋭でやっていて、郭靜 (クレア・クオ) 以来新人は出ていませんでしたので、今かなりの一押しのようです。福茂唱片の三姉妹と呼ばれるファンファン、Angela、クレアとともに「四姉妹」になれるでしょうか。
残念ながら台湾のアルバムチャートでは五大唱片に一週だけ16位に入っただけです。クレアとのデュエット曲などを1曲入れておけばもう少し違っていたでしょうけど。ルックスが弱いと言うのも原因でしょうか。なんだかんだ言っても若手の歌手はいくら実力があってもルックス次第というところがあります。このジャケ写いまいちですよね。誰だこの写真撮ったのは! あ、毎度お馴染み黄中平 (ホァン・チュンピン) 監督でした。中の歌詞カードには可愛く撮れているものがたくさんあるのにどうしてこれを使ったのでしょう。一番上に貼った釈由美子風の写真を使ってもらいたかったです。前記の三姉妹は黄監督にいいジャケ写をいつも撮ってもらっているのに、今回はちょっと失敗です。新人の場合はそんなことで売り上げを大きく左右するのですから。黄監督仕事し過ぎです!


 ● 黃雅莉 公式サイト(台湾) …壁紙何枚かあります。
 ● 黄雅莉 ブログ(大陸)
 ● 福茂唱片 黃雅莉のページ
 ● LinfairRecords (福茂唱片) YouTubeチャンネル



黃雅莉/黄雅莉 huáng yǎ lì ホァン・ヤーリー

スポンサーサイト


テーマ : 中国・台湾ポップス C-pop - ジャンル : 音楽

タグ : 黃雅莉 黄雅莉 ホァン・ヤーリー 大陸女性歌手 CDレビュー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。