記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

04 << | 2017/05 | >> 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

カテゴリ : 「Y2J (神木與瞳) 」の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可愛い2人ですがパワフルです。

今年8月に台湾でデビューしたユニットです。
男の子のほうが﨟銘偉 (ライ・ミンウェイ) 、通称ユーミン。女の子が黃美珍 (ホァン・メイジェン) 、通称ジェーン。通称の頭文字をとってY2Jなのでしょうが、間の「2」はわかりません。
2人とも台湾原住民族で、ユーミンがタイヤル族。ジェーンはプユマ族で、アーメイ (張惠妹) と同じ村の出身だそうです。
タイヤル族の言葉で「ユーミン」は「神木」を意味し、そしてジェーンが小瞳 (トンちゃん) という愛称で呼ばれていたことからユニットの中国語名が「神木與瞳 (シェンムウユートン)」となったそうです。
台湾原住民たちはみんな歌がうまいと言われているそうですが、この2人の豊かな声量もそこから来たのでしょうか。とても聴いていて心地いいものがあります。
2人は台湾の人気オーディション番組「超級星光大道」に別々に登場して人気を得ました。そしてレコード会社の企画でユニットとしてデビューしたのです。そのデビューアルバムは骨太でパワフルな仕上がりになっています。

「為你而活」CD+DVD 2008年8月 →歌詞  →iTunesストアweb試聴

Y2J_0101. 為你而活
02. 武裝的薔薇
03. 愛在末日前
04. 理由
05. 愛鍊
06. Be Your Love
07. 草戒指
08. 終結
09. 美麗
10. 不放
11. 法仔鼓
12. Se-Ma-Se-Nay Ku
13. 理由/愛鍊

ヘビーでドラマチックなロックが中心です。とは言ってもC-POPの王道はバラードですから、このアルバムもゆったりとしたというか、ズシリと重いリズムの曲が多く、そこにヘビーギターとパワフルな男女のハーモニーが乗ってきます。私はこの音は全然きらいではありません。前回紹介した衛蘭の新譜とともに今ヘビロテ状態です。
1曲目表題曲の「為你而活」は、ほかに表現が見つからないのですが、1969年のキングクリムゾンの名曲「エピタフ」を連想させす。パクリではありませんがオマージュを感じさせ共感しました。素晴らしくドラマチックでかっこいい曲です。
2曲目の「武裝的薔薇」も、昔バンドをやってた頃を思い出して血が騒ぎます。
かと思えば7曲目「草戒指」は普通の(ロックではない)歌い上げバラードで、美しい曲です。染みてきます。2人の歌唱力が生かされています。それからジェーンの歌声はディンダン (丁噹) にちょっと似ています。
9曲目、アップテンポの「美麗」はバリバリのヘビメタで、ここからヘビメタ系に入っていきます。
11曲目「法仔鼓」はユーミンのソロで、彼の一族の民謡をアレンジしたものかと思われます。
12曲目ジェーンのソロ「Se-Ma-Se-Nay Ku」のほうはプユマ族の言語のようで、不思議な響きを持った歌詞です。歌詞というより叫びのような感じで、歌詞カードに歌詞がありませんでした。これはプユマ族に伝わる民謡かも知れません。
実質この12曲目がラストの曲で、トラック13は4,5を編集でつないだ短いダイジェストです。最近の台湾のCDにはこういうのがよく入っていて、店頭プロモーション用かと思われます。
このアルバムにはいろんなヘビーロック系の曲が入っていますが、とにかく「これでもか!」とバリエーションが出て来てあきさせない上、どの曲もよくできています。確かに欧米のヘビーロックに比べるとややパワー不足かも知れませんが、それは日本の多くのものも同じです。しかし昔バンドをやっていた私には大いに共感できるところがありますし、あのころブリティッシュロックばかり聴いていた私には、このアルバムはなかなかのツボです。

DVD
オマケのDVDには上にリンクを張った3曲のMVと、ライブハウスのような小さなステージのライブ映像3曲が入ってました。そのライブ映像には感極まって涙を流しながらもしっかり歌うジェーンと、その涙をぬぐうユーミン。目立ったステージパフォーマンスなど全くないのですが、一途に歌う2人が写っています。
これからどうなっていくのか、まだまだ未知数の2人ですが実力は充分感じます。
ちなみにそのバックでドラムを叩いていた人は、陳綺貞 (チアー・チェン) のバックでいつも叩いている人でした。
それから「武裝的薔薇」MVの監督とジャケ写は黄中平 (ホァン・チュンピン) です。このジャケ写、F.I.R.「飛行部落」のジャケ写とポーズが似ています。

ソロ曲について
ちょっと芸能ネタ的な話です。
このアルバムでユーミンがソロで3曲、ジェーンが2曲歌っています。
それぞれ1人でコンテスト番組に出たということは、やはりソロデビューを夢見ていたのでしょう。しかしレコード会社的にはちょっとソロではキャラが弱いと考えてユニットにしたのだと思います。そして人気が出たらソロデビューという目論見というか、彼ら2人にもそれを約束しているのではないかと推測されます。とりあえずのユニットというところでしょう。
確かに仲のいい男女ユニットは「あんなカップルになりたい」というあこがれでファンになる人が多く出てきます。3人組ユニットのF.I.R.は、フェイと阿沁がファン公認のカップルになってしまいました。しかしもし破局するようなことがあればユニットは解散の危機になる可能性があります。
Y2Jの2人は、すでにそこそこの人気は出ているようで、仲良くなればそれはそれでファンが増えてレコード会社は歓迎で、それが破局すればソロデビューさせればいいということでしょう。プライベートな男女の関係も商売に結びつけるのは、どこの国の芸能界も同じだと思います。あくまでも推測ですが、なんとなくそんな流れのような気がします。
いずれにしても今の2人を見ていると、まだ運命共同体のように見えます。
私としてはこの2人はずっと仲良くこのユニットを続けていってほしいと思っています。企画で作り出されたユニットとは言え、2人の声の絡みは素晴らしいですから。


スポンサーサイト


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Y2J 神木與瞳 台湾原住民族 2008年デビュー CDレビュー 音楽映像レビュー 台湾グループ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。