記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

10 << | 2017/11 | >> 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

カテゴリ : 「日記 」の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには私のC-POPライフなどを紹介してみます。

最近、いろんな方法でパソコンとテレビをつなぐことが出来るようになってきました。私は今年の初め頃からAppleTVを買って楽しんでいます。iPhoneやMacなどのApple社の製品です。

AppleTV
AppleTV-01わずか8,800円のこの小さな箱で、私のC-POPライフが格段に豊かなものになりました。
テレビでYouTubeを観たり映画をレンタルしたりは、最近のテレビ自体にもその機能は付いていますが、このAppleTVの特徴はそれ以外に、ホームネットワークを通じて、パソコンの中のiTunesの再生リストをテレビで観ることが出来るところです。
 ● Apple Store - AppleTV

C-POPのCDを買うと、よくボーナスDVDが付いてきますので、私は以前からその中のMVはすぐにmp4に変換してiTunesに入れて、いつでも観られるようにしてあります。いちいちディスクを出してくるというのはめんどくさいですから。それで現在うちのiTunesの中の「ミュージックビデオ」に設定したムービーファイルは700本を超えております。そして、iTunesの中には「C-POP MVベスト」という再生リストを作って、その中に私の好きなMVが現在172本入っております。
AppleTV-02
しかし今までそれはうちのMacのモニターでしか観られませんでした。

かつての第一世代AppleTVは、2万円以上して、中にハードディスクが入っていて、そこにいちいちコピーしないと観られませんでしたが、今のものはハードディスクは入っておらず、パソコンのハードディスクへ直接読み込みに行ってiTunesの再生リストをテレビで表示してくれます。
AppleTV-03AppleTVの操作は基本的にiPhoneと同じで、再生リストの中身をシャッフル(ランダム)で再生することが出来ます。
「C-POP MVベスト」をシャッフルで再生すると、これはもう私の好きなミュージックビデオだけを流すテレビ局のような状態になります。うちのテレビにはいつも私の好きなC-POPのMVがランダムに流れることになりました。次に何が出て来るか分からないところがミソです。
AppleTV-04
AppleTV-05AppleTV-06AppleTV-07
AppleTV-08AppleTV-09AppleTV-10
AppleTV-11AppleTV-12AppleTV-13
AppleTV-14AppleTV-15AppleTV-16
AppleTV-17AppleTV-18AppleTV-19
この「ベスト」の中には、曲が好きでもMVが嫌いなものは入れていません。逆に曲はイマイチでもMVが面白いものは入れてあります。こういうものは別にずっと観ている必要はなく、音楽として流れているわけですから、こうやってブログを書きながらとか何かをしながらちらっと画面を見ると、その歌手が歌っているのが見えると言うのはとてもいいもんです。BGMと同時にBGVになるわけです。

mp4(H264)ならどんなアスペクト比(縦横比)でも、どんなフレームレート(コマ数)でも再生できます。(最大1920×1080/秒30フレーム)
例えば、今までのC-POPのMVは従来型の4 : 3の画面によく上下に黒身が付いていますよね。私はその余分な黒身を適当に切ってmp4に変換しています。その方が今の16 : 9のテレビに映したときに大きく映るからです。

最近のテレビ
DVDというのは90年代前半に作られた古い規格で、今のフルハイビジョンと比べると6分の1ほどの画素数しかありません。当初、DVDやパソコンの中の小さなムービーファイルを今のテレビで見た所で、ぼけぼけになると思っていました。(初期のハイビジョンテレビではぼけぼけになります)
ところが、2009年あたりからテレビのアップコンバート(拡大表示)の機能が高級機から順にどんどん進歩して、DVDもYouTubeの小さな画面も、それなりに充分視聴に堪えられる画質でテレビで表示できるようになってきました。新しいものは安いものでもきれいに観られます。
逆にそれがブルーレイレコーダーの普及を遅らせている原因かも知れませんが、テレビが古くても新しいブルーレイレコーダーを買えば、レコーダー自体にもアップコンバート機能が付いていますので、昔のDVDもきれいに再生してくれます。

AppleTV-20VCD(注)から取り込んだ映像もそれなりに観られます。VCDはDVDの更に4分の1の画素しかありませんが、パソコン上で見た感じをそのまま拡大して表示してくれる感じです。

YouTube
YouTubeでは720P以上のHD(ハイビジョン)動画が増えています。これをテレビで観ると地デジ並にきれいに見えます。台湾も来月でアナログ放送が終了だそうで、最近は各レコード会社もMVをHDでアップしています。これはありがたいことです。
しかしAppleTVでYouTubeを観るのはあまりお勧めできません。「おすすめ動画」や「トップレート」など、アメリカのものしか出て来ませんし、検索が日本語に対応していないからです。今後のアップデートを待ちたいところですが、日本語変換機能を入れるとなると容量がでかいですからむずかしいかもしれません。
YouTubeにアカウントを持っていればAppleTVからログインして、自分の再生リストを観ることが出来ますので、そうやって好きなものを観るしかないでしょう。
AppleTVではYouTube以外の動画サイトもいろいろ観られますが、全てアメリカのものです。
Podcastは日本のものを多く見聞きできます。

AppleTV-21
しかしこれ、YouTubeのHD動画です。むちゃくちゃクリアです。
 ● 梁文音 我們都別哭 MV - YouTube


AppleTV-22

私がYouTubeにアップした、Angelaの上海公演のときの映像再生リストです。720Pで上げてあります。これもきれいに観られます。(私の場合はわざわざYouTubeで見なくても、元ファイルがiTunesに入っているんですけどね)
 ● 2010 張韶涵 潘朵拉星球演唱會 上海站 - YouTubeプレイリスト

※ちなみに「ハイビジョン」という言葉は海外で言っても通じません。HD(High Definition/高精細)と言います。日本の映像業界でも裏方ではHDと言ってます。DVDなど従来型のビデオはSD(Standard Definition)と言います。

映画の予告編
AppleTV-23iTunesストアにアカウントを持っていればオンラインで映画をレンタルできるわけですが、アカウントを持っていなくても予告編は見放題です。日本のものも観られますが、アメリカの最新の物はブルーレイ並みの高画質で観られます。

オーディオ・写真
AppleTV-24AppleTVはオーディオも再生してくれます。iTunesに取り込んだCDを再生すると、各ファイルにジャケ写の画像を貼り込んであればそれをテレビで表示しなが再生してくれます。AVアンプにつながっていればサラウンドで音楽を聴けます。もうCDプレーヤーというものは必要なくなりました。
それに、Macの場合だとiPhotoに入れたアルバム写真をiTunesを介してテレビで観ることが出来ますので、オーディオを再生しながらスライドショーも出来ます。Windowsではどういう形になるのかちょっと分かりませんが、同じようなことは出来るはずです。

エアプレイ
ホームネットワークがWiFiになっていれば、iPhoneやiPad、iPod touchに入っている動画をエアプレイという機能を使って、AppleTVを介してテレビで観ることも出来ます。
この夏に出るMacの次期OSでは、そのエアプレイが導入されて、MacのデスクトップもAppleTVを通してテレビに表示できるようになるとのことです。これは最近のHDMI端子付きのWindowsPCでも出来るようですが、MacはOSのアップグレードだけで出来るようになります。最近Apple社はiPhoneに力を注いでいて、MacにはiPhoneの機能が遅れて入るという現象が起きています。

リモコン
AppleTV-25アルミ製でAppleらしいシンプルなリモコンです。この小さなリモコンでほとんどの操作は事足りますが、手持ちのブルーレイレコーダーやDVDプレーヤーなどのリモコンにコントロールを割り当てて、早送り、早戻し、30秒スキップなど、いろいろできるようにもなります。
またMacの場合は、このリモコンをMacに向けると、AppleTVのメニュー画面がMacのモニターに現われて、そこで操作することも出来ます。元々MacOSの中にこの機能が組み込まれているようです。
ほかに、リモコンを使わなくても、iTunes側で操作してテレビに映すことも出来ます。

AppleTV-26iPhone、iPad、iPod touchを持っていて「Remote」という無料アプリをダウンロードすれば、それらがリモコンにもなります。
 ● App Store - Remote

アップデート
AppleTV-27ときどきAppleTVがアップデートを確認して「アップデートしますか?」と聞いてきます。アップデートすると新しい機能が追加されたりトップページのデザインが変わったりします。
以前は1080のフルHDサイズには対応していなかったのですが、3月頃だったかにアップデートが出て再生できるようになりました。
なんと、これを書いている最中に新しいアップデートが見つかりました。「今すぐアップデート」を選択すると勝手にアップデートしてくれます。今回は映画の予告編がフルHD化したことと、接続の信頼性が改善されたとのことです。

AppleTVの但し書き
基本的にパソコンが起ち上がっていて、その中でiTunesが起ち上がっていないと当然iTunesの中身を再生することは出来ません。また、パソコンがスリープした状態ではAppleTVからパソコンにアクセスすることは出来ません。私はMacのモニターだけスリープするように設定してあります。
ホームネットワークがWiFiの場合は、AppleTVのコミュニティの会話を読んでいると、よくアクセスが途切れることがあるようです。しかしうちはWiFiもAppleのものを使っているせいかあまりそれはありません。たまにありますが、AppleTVの電源を引っこ抜いて再起動させると直ります。ホームネットワークがApple以外の場合は有線LANでつないだほうが無難かも知れませんが、これもアップデートごとに改善はされていると思います。
また、専門的な話ですが、インターレースのビデオには対応しておりません。そのまますだれ状の線が出ます。mp4に変換するときにインターレースを削除するか、変換ソフトによってはブレンドすることも出来ますので、そのほうがきれいに見られます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私はMacユーザー歴が今年で丁度20年目です。Apple社はときどきユーザーが頭に来ることをやりますが、ツボにハマるものを次々出してきます。AppleTVもその人の生活に合ったいろんな使い方が出来ると思います。
常人には変人にしか見えなかった天才スティーブ・ジョブズが亡くなったので、今後どうなるかは分かりませんが。


スポンサーサイト


テーマ : Apple - ジャンル : コンピュータ

タグ : AppleTV

このブログを休んでいるあいだに、日本の危機と言ってもいい、想像を絶する大変なことが起きてしまいました。
私の住む東京もまだ食料不足が続いていますが、被災地の人たちのことを思うと「こんなことで文句を言っていられない」と思って毎日をおくっております。
被災地にはまだ取り残されている地区もあります。報道には出て来ませんが、被災地と連絡をとった人のブログによると、餓死した子供がいるとのことです。
もっと機動力はないのかと思いますが、避難場所だけで2000を超えていますし、その後起きた新潟・長野の大地震と、原発事故避難者も考えると、被災は想像を絶する広範囲に渡っているのだと思います。
なんとか一刻も早く、全ての避難場所に物資を届けて欲しいと願うばかりです。

C-POPのブログですから、中華圏のいろんな報道も見ております。
中華圏でもほとんどリアルタイムで地震も津波も原発事故も報道されていて、ネット上の反応もとても高い関心を持って見ていて、中国からも応援の声を多く見かけます。

義援金が各国から集まっているようです。
日付的には一昨日、18日夜に台湾の大手テレビ・ラジオ局10局合同のチャリティ番組「相信希望」が放送され、なんと21億円もの義援金が集まりました。
これには、ジュディ・オング、ビビアン・スーも参加しました。
この義援活動のテーマ曲「Believe」を作曲したのは、F.I.R.のイアン先生こと陳建寧 (チェン・チェンニン) で、多くの台湾歌手によって合唱されました。
本当に「ありがとう台湾!」です。
ネット上では「PRAY FOR JAPAN(日本のために祈りましょう)」という活動が行なわれていて、YouTubeには、世界中から「日本頑張れ」の応援ビデオがアップされています。YouTube内で「PRAY FOR JAPAN」で検索すると無数に出て来ます。
世界中へ「ありがとう!」です。

私の仕事も打撃を受け、この大災害が落ち着いた頃に襲ってくるであろう更なる大不景気のことを考えると滅入ってしまうのですが、世界中からの被災地への応援メッセージは、少なからず私にも勇気を与えてくれます。
みんな、それぞれの立場で頑張るしかありません。

みなさんも、頑張ってください!


今日は日記です。

私の知人が日曜バンドをやっていて、3年ぶりのライブをやるから来てくれと言われ、今日新宿一丁目のライブハウスへ行ってきました。
ほとんどみんな子供がいる、おじさんおばさんバンドで、「矢沢永吉フルコピーバンド」でした。
バックコーラスまでいる9人の大所帯バンドで、200人入るかなという部屋に一部立ち見が出るほど、それぞれのメンバーの身内が集まり大盛況でした。
その私の知人は、撮影機材とともに撮影クルー一式貸し出す撮影会社に勤めていますので、業務用カメラ3台を出してプロのカメラマンたちがそのライブを収録しました。もちろんノーギャラです。私もよく知っている会社で、いろんなライブ中継を撮ってきた連中なので慣れたものです。ほかにプロのスチルカメラマンや、更にはメイクさんまで入っていました。ただ、いつもの仕事と違って学園祭ノリで、みんな楽しそうでした。
音は日曜バンドにしてはなかなかのもので、もう7年もやっていると言うことで、こなれたものです。その7年前と言うのは、高校時代にやっていたバンドの再結成だったそうです。ボーカルは最近孫が出来たと言うことですが、当然矢沢永吉になり切って歌っていました。
見ていて私もまたバンドをやりたくなってしまいました。


本年もこの「ふりむけばC-POP」、よろしくお願いいたします。

私が新しい歌手を紹介するとき、「どこよりも詳しく」を心がけております。もちろんWikipediaにはとても詳しく書かれてある歌手もいますが、あちこちに散らばっている情報を集めて、更にその音楽を聴いて、そこから見えてくるその歌手の人となりなどを考察して、Wikipediaには書かれないことを書くようにしています。
左のカテゴリから好きな歌手を選んで、その最初の記事を読んでいただければ、その歌手の人物像が (ほぼ) わかるというようにしようと思っております。「亜州明星総覧」さんのような素晴らしい明星資料館もありますが、細かいデータはそちらにおまかせして、まだまだ明星の数は少ないものの、他にないことを書くように努力していきます。いや、努力だなんて、私は楽しくて仕方ないのですけどね^^。
それと、ここは資料館にはなれません。なぜなら私の好きな人のことしか書かないからです^^;。
嫌いな人の批判を書いてストレス発散のようなブログにはしたくありません。

映画評論家の故淀川長治という人がいましたが、あの人は映画雑誌などではかなり辛口な評論を書いていましたが、「日洋洋画劇場」での解説は、とにかく人々に映画の楽しさを伝えるように努力した人で、私の映画鑑賞の部分では子供の頃から淀長さんの解説を聞いて育ったところがあります。
私の好きな歌手でも好きであればこそその欠点も見えてきます。しかしそれをここで書いたところで誰も楽しくありません。なるべくその歌手の素晴らしい部分を伝えたいです。淀長さんのように。そしていつか日本でもC-POPが普通に聴かれるようになれば楽しいと思います。
ただ、仮にその時までこのブログが続いていたら、書くことはなくなってやめるでしょうけど。つまりC-POP普及工作員の使命は終わるわけです。
1年あまりでこんなこと書いてますが、あと1年続くかどうかわかりませんけどね^^;。


実はギョーカイの理不尽で非人道的なスケジュールのおかげでこの正月も自宅で仕事です(;_;)。
このご時世、忙しいことに越したことはありませんから「よし」としております。
前に更新が滞ったこともありましたが、どんなに忙しくてもテキストファイルに記事の下書きを少しずつ合間を見て書いております。


新春特別企画予告
それで明日、いや、もう今夜か。公開できると思いますが、新春特別企画^^として、梁靜茹 (フィッシュ・リョン) のどこよりも詳しいディスコグラフィ (+レビュー) をお贈りします。公式アルバムだけでなく、Fishの出ているものを私の知る限り全て網羅すると言うものです。と言ってもあまりにも膨大な量がありますので、何回かにわけて連載もの (?) で書いていきます。
好きな人のことに関しては世界中で誰もやらなかったことをやります!
もちろんFishだけでなく、上のバナーのAngelaやジョイのディスコグラフィもいつか書こうと思っております。と言っても、知っているつもりでも記憶が曖昧なことは調べ直さなくちゃいけませんのでその2人はもうちょっと先になると思いますが。期待される方はお楽しみに!


今日はC-POPと関係ない話です。

■ストリートビュー

日本では今月5日に公開され、現在首都圏と一部の都市部で広がっているGoogleマップの新しい機能で、私は今ハマっております。
下のリンクをクリックすると、Googleマップのページが別窓で開きます。

Googleマップ - 東京タワー

東京タワーの根元の画像が表示されていると思います。出ていなければ地図上の人物アイコンをクリックしてください。
画像内を上下左右にドラッグすると360度全天球を見渡すことができますし、道路上の矢印で移動もできます。そして人物アイコンを動かせば、青い道路の上なら好きな場所からこのパノラマを見ることができます。
これは特殊なカメラを積んだ車で、5mぐらいごとに撮影して回っているようです。
方向音痴の私にはとても便利な機能で、これで訪問先の建物を確認しておけば迷うことはありません。また、相手に「この建物ですよ」とメールで知らせることができます。
私のマンションも近所の喫茶店も見ることができました。昔住んでいたところを懐かしく散歩できました。
これはいずれ日本全国津々浦々に広がることでしょう。

ストリートビューは昨年の5月からアメリカの都市部で始まったようです。
現在日本では、首都圏と、神戸、大阪、京都、仙台、函館、札幌で、海外ではアメリカ、フランス、オーストラリアの都市部で見ることができます。
これはGoogle Earthの新しいバージョンにも付いていますが、地図と同時に見られないので、私には使いづらいです。「マップ」のほうが使いやすくて実用的です。

ただ、うちの近所など住宅街ですから、民家の庭まで少し高い位置からのぞき見ることができてしまいます。通行人の顔や車のナンバーなどところどころにぼかしを入れていますが、すでに物議が醸されているようです。写っていて困る人もいれば喜ぶ人もいますからね。公式ページではプライバシー的な問題の報告の仕方を説明しています。

ストリートビューの公式ページ

※ ストリートビューをここに貼り付けてみたのですが、なぜかIEだけ表示してくれませんでした。



テーマ : Google - ジャンル : コンピュータ

タグ : Googleマップ ストリートビュー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。