記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

10 << | 2017/11 | >> 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

> tags
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

カテゴリ : 「JS (Justin & Sophia) 」の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜渋谷のクラブAMRAXで行なわれたAWAのデビューシングルリリースパーティー。それにゲスト出演したJSを見に行きました。(同行者zuihongさん)

JS09-01
188cmと175cm(+ハイヒール) の背の高い2人は、店内に現われるとすごく目立っていました。私の頭のてっぺんがソフィアの目の高さぐらいで「写真いいですか?」と話しかける時も見上げる感じです。もちろんこのあとスリーショットも撮らせてもらいました。(私がしゃがんでいるように写ってます^^)

ハウスミュージックがガンガン鳴っている店内でどう見ても場違いな我々。このパーティー、朝までやったようです。とにかくJSだけが目当てで行きましたから、予定では夜11時20分ライブ開始と聞いていて、なかなか始まらないので帰れるのか心配になりました。少し遅れて11時45分頃ライブが始まってトップがJSでホッとしました。
ゲストなので仕方ありませんが、4曲やっただけで「えっ? もう終わり?」という感じでした。
しかし観客は30人ぐらいで、ものすごく贅沢な状態で見る事が出来ました。JSを目当てに来た人はごくわずかだったと思いますが観客達はとても歓迎ムードでした。台湾からJSを追いかけて来た2人の女の子もいました。
やった曲ですが、1曲目がなんだったのか分かりません^^;。そのあとは新曲「聽見」の英語バージョン「Take A Chance」、名曲「遇見未來」のハウスミックス英語バージョン、最後は中島美嘉の「Will」でした。「遇見未來」はどんなアレンジで聴いても素晴らしかったです。
2人はそんなに多くはしゃべりませんでしたが、ソフィアは普通に日本語で話していて、ジャスティンはちょっと片言の感じで、途中で詰まってしまうと続きをソフィアが話すという感じでした。
終わって2人は一度引っ込んだのですが、お姉の司会者がもう一度ステージに呼び出すと、なんとソフィアの誕生日だったようでケーキが出て来ました。ソフィアへのサプライズです。観客にも少しずつシャンパンが振る舞われ、全員で乾杯しました。
上の写真を撮らせてもらったのはそのあとです。
AWAの歌も聴きたかったのですが登場は最後という事で、このあと我々は大急ぎで駅に向かいました。

ちなみに入場料にはAWAのCDが付いていて、その中にはジャスティンのアレンジバージョンも入っています。

観客が何人か写真やビデオを撮っていたので、私も撮らせてもらいました。ブレブレですが。
JS09-03
JS09-04

家に帰ってから彼らのFacebookを見たら、会場から写真をアップしていました。
JS (Justin+Sophia) - Facebook 2012/07/29 午前1時頃

この次は普通のライブハウスとかで良い子の時間にやってね。



 ○ 傷心量販店 …ジャスティンのブログ
 ○ 蘇菲亞的秘密 …ソフィアのブログ
 ○ JS (Justin+Sophia) …JSのFacebook
 ○ Justin Chen …ジャスティンのFacebook(ログインが必要)
 ○ Sophia Chen …ソフィアのFacebook(ログインが必要)
 ○ JSinspire …JSのYouTubeチャンネル
 ○ JSsophia …ソフィアの個人的YouTubeチャンネル(ブログの動画倉庫?)


JS全記事へ

スポンサーサイト


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : JS Justin&Sophia ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ

と言ってもソロライブではありません。
“AWA”という女性アーティストのデビューCDのリリースパーティーにゲスト出演します。

7月28日(土) 22:00開始
 JSの出演は23:20から35分間を予定。
東京渋谷 AMATE-RAX
 →詳しくはこちらで。

おっと、ちょっと良い子の時間ではありませんね。都内でも遠方の方は覚悟が必要です。

AWAのデビューシングル「愛の行方 - Love Unlimited」は、オリジナルバージョン以外に5種類のリミックスが入っていて、そのうちの1曲はなんとジャスティンが担当しているのです。また、AWAをプロデュースをした松井寛が、5月に出たJSの新譜「聽見」で1曲アレンジを担当しています。思った通りジャスティンは日本での音楽活動の開拓をやっていたようです。
 →AWA 愛の行方 - ジャスティンのremix試聴
 →AWA「愛の行方」CD詳細

厳密に言うとこれがJSの日本初ライブではありません。2007年に名古屋薔薇祭りに絡めた、台湾ドラマ「薔薇のために」の日本での放送開始記念イベントで彼らは名古屋でステージに立っています。ただ、その時5曲歌ったらしいのですが、彼らの持ち歌は1、2曲だったようで、あとは他の人が歌ったドラマがらみの曲だったようです。いわゆる「営業」ですね。そう言う意味では今回がJSとしての日本初ライブと言っていいかも知れません。


でも時間がねえ…。じじいにはきついし場違いだしなあ…。



 ○ 傷心量販店 …ジャスティンのブログ
 ○ 蘇菲亞的秘密 …ソフィアのブログ
 ○ JS (Justin+Sophia) …JSのFacebook
 ○ Justin Chen …ジャスティンのFacebook(ログインが必要)
 ○ Sophia Chen …ソフィアのFacebook(ログインが必要)
 ○ JSinspire …JSのYouTubeチャンネル
 ○ JSsophia …ソフィアの個人的YouTubeチャンネル(ブログの動画倉庫?)


JS全記事へ


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : JS Justin&Sophia ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ

最近、全然新譜をチェックしていなくて、発売されてから気付くことばかりです。かつて応援していたのにまだ買っていないところが辛いところですが、兄妹ユニットJSの新曲アルバムとしては実に4年ぶりのアルバムが出ていました!
JSのことをここで書くこと自体、調べみると2年8ヶ月ぶりです。
JSはJ-POPから多くの影響を受けながら、都会的でおしゃれな音楽を創り続けています。また、このブログのJSの過去記事を読んで頂くと分かりますが2人とも半端ではない親日家で、おそらく現在では2人とも普通に日本語を話せると思います。
新譜はあまりにも長く待たされたので忘れかけてはいましたが、今でも彼らを応援しています。

「聽見」2012年05月03日発売
 →HMV  →百楽園  →YESASIA(香港・日本語)  →博客來(台湾)

JS07-01今回はブリティッシュロック、ハウス、トランスミュージックを取り入れたそうで、日本の作曲家松井寛(MISIAのデビュー当時に何曲か作曲している人)が1曲アレンジで参加しています。
彼らのアルバムは毎回違うレコード会社から出ていて今回は種子音楽(SEED MUSIC)からです。しかしJSはINSPIRE MUSICという独立事務所を持っていて、このアルバムは200万元(約540万円)を出資して自主製作したとのことですから、種子音楽とは販売契約を結んでいるのでしょう。

今回の一押しの表題曲「聽見」MVは、2004年の「遇見未來」以来のお金のかかったものが作られています。サウンドもかっこいいです。
JS【聽見】MV官方完整版 - YouTube

上のMVに予算をつぎ込んだのか、こちらはいたってシンプルな作りのMVです。
JS【一億元的日落】MV官方完整版 - YouTube
JSらしい美しいバラードです。
「1億元の日没」というのは、これはラブソングで、愛する人と一緒に見た日没は、どんなにお金を出しても買うことは出来ないというような歌だそうで、妹のソフィアが自分の体験を基に詞を書いたということです。

そのソフィアですが、彼女はお母さんになっていたのですね。JSのFacebookからもリンクが張られていた報道によると、様々な事情からソフィアはシングルマザーになったようです。今は兄のジャスティンも彼らの両親も子育てを応援しているようです。昨年の5月に赤ちゃんが産まれて、その成長記を時々ブログに動画を交えて「新米ママ」として書いています。子どものことは日本風に「Hiro」と呼んでいます。
また、今回の新譜にも「孩子」という子どものことを歌った曲が入っていて、MVも撮影されたようです。

もうひとつ驚いたのは、最近ソフィア個人のFacebookを見つけたのですが、2010年10月に「麥田出版に就職しました」と日本語で書いてあるのです。Facebookの基本情報にも「勤務先: 麥田出版」と書いてあります。
彼らはライブハウスを中心としたアンダーグラウンドでの活動がメインですから、やはり音楽だけで食べていくのはむずかしいのでしょうか。兄のジャスティンの方は、いろんな人にたくさん楽曲を提供していますし、JSの多くの作詞作曲は彼ですから、印税が結構入るのかも知れません。

ちなみに、麥田出版からはソフィアの自著が出版されています。2010年の夏にワーキングホリデーの制度を利用して夏休みのあいだ北海道へ行き、そこでアルバイトをしたときのことを書いた本です。
彼女のブログのカテゴリ「北海道夏日夢幻打工」をクリックすると、そのときの記事と写真が山のように出て来ます。JR美瑛駅で中国や台湾からの観光客相手の通訳兼ガイドをやっていたようで、地元の新聞にも彼女のことが取り上げられています。
ソフィアのブログ記事
ソフィアの著書「Wo-Ho!北海道打工度假去!」- 博客來(台湾)

ジャスティンは東京が大好きで、ソフィアは北海道が大好きのようです。
いずれにしても、彼らのブログをたまに見に行くと食い物の写真がたくさん出て来て、見ているといつもお腹が減ってきます。

Hi ソフィア! 新米ママとミュージシャン、頑張ってね!


 ○ 傷心量販店 …ジャスティンのブログ
 ○ 蘇菲亞的秘密 …ソフィアのブログ
 ○ JS (Justin+Sophia) …JSのFacebook
 ○ Justin Chen …ジャスティンのFacebook(ログインが必要)
 ○ Sophia Chen …ソフィアのFacebook(ログインが必要)
 ○ JSinspire …JSのYouTubeチャンネル
 ○ JSsophia …ソフィアの個人的YouTubeチャンネル(ブログの動画倉庫?)


JS全記事へ


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : JS Justin&Sophia ジャスティン&ソフィア 台湾グループ

並外れた親日のジャスティンが遂に東京暮らし

久しぶりに台湾の超親日兄妹ユニットJSの2人のブログをのぞきに行くと、なんと兄のジャスティンが東京で暮らす準備をしているという記事がありました。
傷心量販店 - 開始在東京生活

彼は作詞家でもあるので、ブログの文章はいつも詞のような文章です。
最初の6行を訳してみると…

  今年の末に始まる
  台北と東京の半々の生活
  中途半端だった日本語をマスターすることを決心
  同じくいっそう台北での仕事を効率よく行わなければ
  (写真を指して) 僕のこの携帯
  東京暮らしの鍵を開く

ということで今彼は東京に来ていて、写真と文面からすると、東京の友人S君宅にホームステイして日本語学校に通っているようです。
そのS君というのは、70年代のアイドル兄妹ユニット「ポップコーン」のお兄さんだそうで、あのウインクの「淋しい熱帯魚」を書いた人だそうです。(←誤り・S君の友達の話でした)
「台北と東京の半々の生活」というのは何を意味しているのでしょう。
今までの彼の言動から推測すると、日本での音楽活動の開拓しか思いつきません。今まで何度も来日していて、それはその足がかりをつかむためのもので、そして年末から始めると言う東京での生活はその第2段階ではないかと思います。それで日本語をちゃんとマスターしないとどうにもならないと言うことを彼は前から分かっていたわけですね。

彼はいわゆる哈日族 (ハーリーズウ=日本オタク) というより、とても日本のことを勉強していて「知日派」と言ったほうがいいでしょう。彼のブログをひも解いていくと、東京のいろんなところをうろうろして、あれこれ考察しています。10年以上東京に住んでいる私より、彼のほうが東京に関してはある面ではるかに詳しいです。今回のブログ記事では友人S君の案内でまた東京のいろんなところを観光しています。

  今度は日本の友人の案内で、僕は更に東京の真実を知り始めた

明らかに彼はこよなく日本を愛しています。特に東京を。
日が暮れるまで観光したあと、最後にこんな詩的な言葉で締めくくっています。

  おやすみ東京
  君の過去現在未来
  全てが僕に親しみを感じさせる


加油、Justin !

 ● 傷心量販店 …ジャスティンのブログ
 ● 好旅行 Backpacking …ジャスティンの日本旅行記事メニュー
 ● 蘇菲亞的秘密 …ソフィアのブログ
 ● ソフィアの(個人的)YouTubeチャンネル



JS全記事へ


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : JS Justin&Sophia ジャスティン&ソフィア 台湾グループ

台湾の兄妹ユニットJSのシングル「Somewhere」が来月出ます。
おりしも昨日彼らのブログのことを書こうと思ったら、その記事がブログにアップされていました。

曲目
Somewhere-00 01. Somewhere (Justin Version)
 02. Somewhere (Sophia Version)
 03. 殺破狼 (through the fire remix)
 04. Heaven (in the breeze remix)
 05. Somewhere (extended remix)
 06. Somewhere (original demo)

「Somewhere」が新曲で、「殺破狼」「Heaven」は以前の曲のリミックスです。
5月12日発売で、2人のブログで預購開始日が違っていますが、昨日から始まっているようです。
かつて私は「殺破狼」を聴いて彼らに注目しました。
 ● JS 【Somewhere】EP博客來4/24開始預購
 ● I'm taking you SOMEWHERE...4/23預購開始
 ● 台湾の通販ページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
JSのブログ

さて、今回書こうとした本題です。
JSの2人は大の親日家で、彼らのブログを見ると、日本へ来たときの写真や記事がたくさん出てきます。この親日ぶりは日本人としてはとても嬉しいものがありますし、彼らの視点で見た「日本」というものが興味深く見えます。前々から1度彼らのブログを詳しく紹介したいと思っていました。
上にもリンクを張りましたが、改めてトップページを…

 ● 傷心量販店 …ジャスティンのブログ
 ● 蘇菲亞的秘密 …ソフィアのブログ

まず妹ソフィアは、2007年4月から、3ヶ月ほど日本へ短期留学していて東京の日本語学校に通っています。その日本滞在中に「Tokyo Days」と題して日本語タイトルでブログ記事をたくさん書いています。
 ● 2007年4月のブログカレンダー
学校の寮は、あまりにも遠くて狭くて最初は泣きそうになったようですが、多国籍の学友たちと仲よくなって、花見に行ったり伊藤由奈のコンサートへ行ったり、楽しいTokyo Daysを満喫したようです。そして帰る日が近づいてくると、きれいな日本語でこんな記事を書いています。
 ● 【Tokyo Days】帰りたくない!
私は上海で日本語ペラペラの3人の華人に出会いましたが、メールを貰うと3人とも変な日本語を書いてきます。なかなか日本語の文章と言うのは複雑怪奇でむずかしいようですが、ソフィアのこの文章はヘタな日本人よりもきれいです。おそらく話すほうもかなりできるのではないかと想像されます。
兄ジャスティンのブログを見ると、その「Tokyo Days」の後半にジャスティンも来日して、2人で渋谷のラジオ局の番組に出演したり、雑誌「中国語ジャーナル」の取材を受けたようです。

次はお兄ちゃんジャスティンのブログですが、これが日本旅行の記事メニューです。
 ● Category : 好旅行 Backpacking
東京、大阪、名古屋と、何度も来ています。ほとんどはソフィアと2人で来ているようで、どの記事も写真を中心に書いています。このブログを始める以前にもかなり来日しているようで、2008年8月の記事では、「13歳で初めて訪日して以来、これで11回目だ」「もう新宿で迷うことはない」などと書いています。
最初の記事では日本旅行をする人へのアドバイスが書かれていて、「日本を自由に旅するなら日本語は必須だ。大部分の日本人の英語力は台湾には及ばず、高学歴の日本人でもスムーズに英語を話す人は少ないらしい。外来語は全てカタカナで書くからだ」と書いてあります。正にそうですね。彼も最初は驚いたのでしょう。そして「とりあえず50音をマスターすれば多くの発見がある」と、アドバイスしています。
日本語は世界の中でも特殊な文法を持っていますから、日本人は外国語を覚えるのが大変なんですよね。
一番新しい旅行記事の「大人の東京」は、昨年のクリスマスシーズンに来日したときの記事で、この時は東京から箱根温泉をのんびり一人旅したようです。鏡を利用したりしてセルフ写真をうまく撮っています。
とにかく彼の旅行記事には食い物の写真がやたら出てきます。その解説もかなり詳しく書いていて、写真もうまく撮れているので見ているとお腹が空いてきます。

更に彼らのブログを見て行くと、2007年8月31日にJSは「名古屋薔薇祭り」でステージに立っているのですね。台湾ドラマ「薔薇之戀」の日本での放送とのタイアップでもあったようです。
 ● 名古屋薔薇祭紀實
この時5曲歌ったそうです。
「薔薇之恋」オフィシャルブログにはソフィアが日本語でコメントを入れていました。
 ● 『薔薇之恋』オフィシャルブログ : 無事終了!名古屋Music & Talk
やはりきれいな日本語です。


今年の1月にも新曲入りデモ録音集「The JS Moments」が出ましたし、このところ彼らは頑張っているようですね。
JS 加油 !!

JSの次の記事へ
JS全記事へ


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : JS Justin&Sophia ジャスティン&ソフィア 台湾グループ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。