記事ナビゲーション





CDレビュー記事
音楽映像レビュー記事
Googleマップでロケ地めぐり
台北ひとり歩き(2010)



張韶涵 Wikipedia
 ↑ 私が大半を書いております。
張韶涵ディスコグラフィ (中断中)

プロフィール

ロビー
  … tenrinrin


カテゴリ

それぞれの歌手の最初の記事で基本的な歌手紹介をしています。(例外あり)
地域の区分けは出身地ではなく活動拠点で分けていますが、区分けがむずかしい人もいます。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー/アーカイブ

10 << | 2019/11 | >> 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

サーチ & タグリスト

普通にブログ内検索として使えます。検索後に記事中の検索ワードをハイライトさせることが出来ます。
ワードを入力するだけでタグの検索としても使えます。

丁&#22137;
アンジェラ・チャン 張韶涵 张韶涵 台湾女性歌手 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ シンガポール歌手 ジョイ・チュア ジョリン・ツァイ 蔡依林 陳綺貞 チアー・チェン 衛蘭 ジャニス Amusic 香港女性歌手 张韶涵 音楽映像レビュー マレーシア出身 フィッシュ・リョン 梁靜茹 梁静茹 ジャスティン&ソフィア 台湾グループ ライブ JS Justin&Sophia GoogleEarth Googleマップ ストリートビュー 芸能ネタ 五月天 メイデイ チャン・シュエン 張懸 iTunesストア オリ・ハン 杭士琁 2012年デビュー CDレビュー 金曲獎 大陸女性歌手 滾石唱片 艾敬 林書宇 シンディ・ワン 王心凌 黄中平 AppleTV 呉建豪 盧廣仲 ナオト・インティライミ G.E.M. 唐禹哲 王儷婷 シンガポール出身 オリビア・オン MIRAI Olivia Ong 王若琳 ジョアンナ・ウォン ジョアンナ・ワン 魏如萱 ウェイ・ルーシュエン バレン・スー 許茹芸 バレン・シュー 卓文萱 ジニー・チュオ MAKIYO 張韶涵ディスコグラフィ S.H.E Selina セリーナ 張韶涵2010 蕭亞軒 エルバ・シャオ 林俊傑 年越しコンサート 丁噹 ディンダン 台北ひとり歩き 台北 台湾 上海万博 古巨基 戴佩妮 易桀齊 台湾男性歌手 品冠 藤岡竜雄 ケルビン ウーズン ろまんす五段活用 2010張韶涵台北コンサートレポート 上海 2010張韶涵上海コンサートレポート 日本ロケ 劉若英 周杰倫 范瑋 郭靜 クレア・クオ 郭静 光良 周格泰 张靓颖 ジェーン・チャン 張靚穎 鄧紫棋 容祖兒 2008年デビュー 范曉萱 メイビス・ファン 范曉萱&100% ファン・ウェイチー アメリカ出身 ファンファン F.I.R. 飛兒樂團 大陸出身 アラン alan J-POP 庭竹 ジャスミン・ティン DTM 王菲 フェイ・ウォン マイケル・ウォン ステファニー・スン 孫燕姿 ホァン・ヤーリー 黄雅莉 上海での日々2 黃雅莉 デュエット 庾澄慶 YouTubeチャンネル 歌詞翻訳 オンライン放送 ペニー・ダイ 衛詩 王歌慧 ジル 楊丞琳 レイニー・ヤン 公主小妹 日本語表記 プリンセス・アイ 台湾原住民族 アイリーン・ダイ 戴愛玲 梁詠 ジジ・リョン 飛輪海 ジェーン・Z 梁靜茹ディスコグラフィ 北京流行音楽典礼 依拜維吉 イーパイ・ブイシー イー・ジエチー Y2J 神木與瞳 レネ・リウ カバー曲 上海での日々 北京オリンピック イボンヌ・シュー 許慧欣 蘇打緑 蕭賀碩 キャンペーンソング 北京歡迎你 北京欢迎你 「北京歡迎你」MV出演者リスト 2007年デビュー デビー・シャオ アンバー・クオ 郭采潔 百變張韶涵 ビクター・ウォン 四川省大地震 救援ソング エミリー・ウォン MAC MacでWindows Mac&PC 英名 許嘉凌 崇拜2nd 蔡淳佳物語 用語集

C-POP リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)
リンク切れチェック2012/06/17

QRコード

QR

タグ : 「丁&#22137;」の記事

台湾で写真を撮ってきたスペシャル版3回目。
台北西門町で撮られたMV

今回は「西門町で撮られたMV」という切り口で何本かMVを紹介します。1度紹介したものが多いですが、せっかく行ったのでいろいろ撮ってきました。

西門交差点附近の地図とカメラ位置です。
Google20-01
※Googleマップで表示
「A」の位置から撮って来たのがこれ。
Google20-02

西門の夜景と言えば、全編西門で撮られたこのMV。
■張韶涵 (アンジェラ・チャン)「C大調」MV (2007年) …YouTube
xi-men-ding-01

こちらも同じ場所です。
■丁噹 (ディンダン)「閃光燈」MV (2008年) …YouTube ※画質悪し
Google20-03
こちらは午前中の西門のようです。

同じ場所でカメラを左に向けた「B」から撮られているのがこれです。
■蔡淳佳 (ジョイ・ツァイ)「星星眼睛」MV (2005年) …YouTube
Google20-05 Google20-06
このMVは写真の連写を多用しています。

これは誠品116の前の広場で撮られています。
■丁噹 (ディンダン)「我愛上的」MV (2009年) …YouTube ※画質悪し
Google20-07 Google20-08
カメラは「C」の位置からで、今と看板が変わっていますが「TAMAGO YA」という喫茶店の名前で分かります。このMVには何度もこの広場が出て来ます。

ジョイの「星星眼睛」から、この横断歩道は「D」のカメラ位置からです。
Google20-09 Google20-10

Angelaの「C大調」は西門紅楼でも多く撮られています。
xi-men-ding-02
taiwan04-09
これは最初の地図の「E」のカメラ位置で、オープンカフェになっているところです。


西門附近で撮られたMVとしては、以前にも紹介したこれ。
■張韶涵 (アンジェラ・チャン)「再快樂一點」MV (2009年) …YouTube
Google08-04
このMVについてはロケ地めぐり[8]で、たくさん書いています。

この歩道橋が下の写真なのですが、色が塗り替えられていました。

Google20-13

ストリートビューでも見える写真では値打ちがありません。歩道橋の上を撮ってきました。
Google20-14 Google20-15
エレベーターが付いた豪華な歩道橋ですが、ここは下に横断歩道があるので誰も利用していないようです。おまけに階段に囲いがあるので、踊り場がホームレスの住み家になっていました。ベンチの下にも家財道具が…。

歩道橋から撮ったこの景色を見ていてあとから気付きましたが…
Google20-16

ジョイの「星星眼睛」もここで撮られていました。
Google20-17 Google20-18
更に先日、YouTubeでAngelaのデビュードラマ「MVP情人」の一部を見ていたら、この歩道橋からの景色が出て来ましたから、けっこう撮影で使われる歩道橋かも知れません。人が少ないこともあると思います。

Google20-19この歩道橋は西門交差点から北へ500mのところにあるわけですが、そこから交差点にかけて「再快樂一點」MVは撮られています。

下のシーンは「F」の位置で、歩道橋の上から撮られていたのが判りました。
Google08-11

「G」から見た横断歩道は、ストリートビューより分かりやすい写真を撮りました。
Google08-06 Google20-20

Google08-08

「H」の位置から撮られたシーンは3面パノラマを撮ってきました。

Google20-21
taiwan05-04
MVは、CDショップ佳佳唱片の下の店の中から撮られているようです。


これは「I」の位置から交差点に向けて撮られています。
Google08-13

ストリートビューでも見られますが、一応撮ってきました。
Google20-22

西門町ではありませんが、ついでなので、ディンダンの「閃光燈」MVに出て来た「LOVE」のモニュメント。台北101の前にあるものですね。
Google20-23 Google20-24s

ちなみに、Angelaのもの以外はどれも黄中平 (ホァン・チュンピン) 監督が撮っています。

スペシャル版はこれで終わりです。
たった1回台湾へ行っただけで、Angelaのコンサートレポから始まって、台湾ネタ9本目の記事でした。すごいネタ効率の良さですね^^。




Googleでロケ地めぐり 全記事へ

関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 張韶涵 アンジェラ・チャン 丁噹 ディンダン 蔡淳佳 ジョイ・ツァイ

台湾で写真を撮ってきたスペシャル版2回目。

■張韶涵 (アンジェラ・チャン)「真的」MV (2006年) …YouTube

Google19-01これはロケ地めぐりシリーズ第2回でも紹介しましたが、空から見た画でしか紹介できませんでした。今回は細かく写真を撮ってきました。
アルバム「潘朵拉」よりAngelaの名曲のひとつで、ぷるんぷるんのAngelaが出てくるMVです。共演はドラマ「愛殺17」でも共演した陸廷威 (ルー・ティンウェイ)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Google19-02まずMRT市政府駅の近くにある「台北市議会」隣の「市民広場」という場所。MVの前半はここがメインです。


 ※Googleマップで表示


ここは野外ステージになっていました。太極拳のグループがいたので、ちょっと撮りにくかったです。
Google19-03

ここでプロデューサーの阿滾 (アグァン) がピアノを弾いています。
Google19-04
Google19-05
MVの方はかなりのワイドレンズなので遠近感が強調されています。

Google19-06 Google19-07
Google19-08 Google19-09
Google19-10 Google19-11

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
後半の舞台は上記広場から450mほど東へ行った新光三越信義店の歩道橋です。5つある新光三越のビルをつなぐ渡り廊下でもあります。
Google19-12 Google19-13
 ※Googleマップで表示

3人が鉢合わせするのは、歩道橋の階段です。
Google19-14
Google19-15

その階段を登ったところがここ。
Google19-16
Google19-17
MVの当時は右側に建物がなかったようです。今は赤い柱のところから渡り廊下が出ています。奥の角にある店はハーゲンダッツで、あまりに暑かったのでここで休憩しました。日本語の分かるお姉さんがいました。

同じ場所から反対側を見たのがこれ。違う場所として撮られています。
Google19-18
Google19-19
MVではこの2人が携帯で話しますが、全く同じ場所だったのです。この歩道をずっと行くと台北101まで行けます。

Google19-20 Google19-21


実はこの場所で、このMVも撮られています。
■丁噹 (ディンダン)「我愛他」MV (2009年) …YouTube
Google19-22 Google19-23
ディンダンが殺人者になってしまうサスペンス劇場風MVです。深夜に撮っているようですね。なんと、どちらのMVも男が浮気して裏切る話です。

まだスペシャル版のネタは尽きません。


※追記(2012/06/05):蕭亞軒 (エルバ・シャオ) の「不遠」MV('06年)もここで撮られていました。



Googleでロケ地めぐり 全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 張韶涵 アンジェラ・チャン 丁噹

GoogleマップやGoogleEarthを使ってのMVのロケ地探しです。「だからどうした」の世界ですが、見つけた時の快感は分かる人にしか分からないでしょう。




■丁噹 (ディンダン)「花火」MV

Google03-01ディンダンが阿信とデュエットしたおしゃれな曲です。
こういう、場所が特定できそうなMVを見ると、分析好きの私としてはついGoogleマップで探したくなってしまいます。特に最近は台北にもストリートビューができたので、この上なく便利で嬉しいです。

Google03-02
まず、MV冒頭のこの場所ですが、遠景に台北101と白い橋(麥帥二橋)が見えていて、手前に河と広大な河川敷が見えます。そして手前に何も建物がないので川沿いのビルだと言うことが分かります。日ごろからGoogleマップで台北をうろうろしている私は、すぐに大体の場所が判りました。こういう時は本当にストリートビューが便利です。

窓の格子の形からして、このビルの丸いところから見た景色です。
Google03-03
※ストリートビューにリンク

Google03-04なんとGoogleマップにMVと同じ場所で撮られたユーザーの写真がありました。
このビルから、ほぼ真南にカメラを向けた映像です。



         ※Panoramioにリンク


では、このディンダンと阿信が後半に出会う場所はどこでしょう。
Google03-05
バックの特徴的なビルが目印です。撮影隊の段取りとして、すぐ近くで撮られているはずですので、ストリートビューで近辺をうろうろしてみました。

Google03-06
※ストリートビューにリンク
まさにこの場所です! 交通量は少なそうですが、車を止めて撮影したのですね。

※2012年追記 : 「節々が痛い」のHOさんがこの場所を取材して写真をいろいろ撮ってこられました。




■范瑋 (ファンファン)「放電」MV
■陶 (デビッド・タオ) & 蔡依林 (ジョリン・ツァイ)「今天你要嫁給我」MV

この2本のMVは同じ公園で撮影されています。

Google03-08
前に別の記事でちらっと紹介したことがありますが、まずファンファンの「放電」MVの前半で演奏しているこの場所。

これは台北市内の新生公園というところの「A」の8角形の植木の迷路の内側です。
Google03-07
※Googleマップにリンク

後半で演奏しているバックの白い塔は「B」です。これはストリートビューでちらっと見えます。
Google03-09 Google03-10
※ストリートビューにリンク

ほかに、冒頭で男が走り出すバックの建物は、となりの中山美術公演の台北市美術館です。
Google03-11 Google03-12
※ストリートビューにリンク

これも道路を挟んだ「林安泰古厝」という建物の門。
Google03-13 Google03-14
※ストリートビューにリンク

ほかにも見ていくと、この公園周辺で撮られているのが分かります。ただ、男が台湾各地の名所旧跡の前を走り抜けるシーンは、写真の上に男を合成しています。
MVは普通1日で撮り上げます。昼間ロケをして、日が暮れる頃にスタジオに入ってグリーンバックの前で合成用の画を撮ったのでしょう。


Google03-15さて、2006年にジョリンがデビッド・タオとデュエットして大ヒットした「今天你要嫁給我」MVも上記新生公園内で撮られています。
まず上の「A」の植木の迷路で撮られたのがこのカットです。

2人が楽しくラップをやっているバックの建物は同じ新生公園の「C」の建物で「養生館」と言うそうです。これはGoogleEarthのほうに3Dギャラリーがありました。
Google03-16 Google03-17

※追記:2011年からこの公園内にもストリートビューで入れるようになりました。




■河濱公園の堤防
松山 (ソンシャン) 飛行場の東側、河川敷の河濱公園に、飛行機の発着用に堤防が赤白に塗られた部分があります。この場所で撮られたMVがいくつかあります。
Google03-18

Google03-19
ストリートビューでも飛行場側から見ることが出来ます。


      ※ストリートビューにリンク

陳綺貞 (チアー・チェン)「還是會寂寞」MV
冒頭のシーンです。
Google03-20

梁靜茹 (フィッシュ・リョン)「如果能在一起」MV
これは主に河川敷公園で撮られています。
Google03-21

この場所はほかのMVでもよく見かけます。

だからどうしたという話ですよね。しかし地図を見るのが好きな人はたくさんいると思いますが、これは2Dから3Dに奥行きが広がった面白さです。
またいくつか見つけたらこのシリーズは続けます。


Google Earth フリーダウンロードページ


Googleでロケ地めぐり 次の記事へ

これ以前の記事は台北にストリートビューが出来る前の物です
Google EarthでC-POPロケ地めぐり [1] へ
Google EarthでC-POPロケ地めぐり [2] へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : Googleマップ GoogleEarth ストリートビュー 丁噹 范瑋 蔡依林 陳綺貞 梁靜茹

やっとディンダンの顔が見えてきました。

ディンダンの1年2ヶ月ぶり3枚目のアルバムです。以前の2枚のアルバムでは彼女の実力は感じるものの、私は何か物足りなさを感じていました。しかし今回はちょっと違いました。


「夜貓」2009年9月29日 歌詞
Della
 01. 你為什麼說謊 →MV
 02. 花火 (with 五月天:阿信) →MV
 03. 夜貓 →MV
 04. 他說你沒用 (Rap: Magic Power樂團) →MV
 05. 全世界不懂無所謂
 06. 我愛他 →MV
 07. 突然想愛你 (with 周華健) →MV
 08. 親人
 09. 半帶電
 10. 可惜了
 11. 長大 (資生堂CMソング)

今回のアルバムを聴いて今までの物足りなさの理由が判りました。今までは楽曲がいまいちだったのです。もちろんいい曲はあったのですが、全体に地味と言うか「面白い曲」と言うのが少なかったように思えます。
ところがところが、今回は次々面白い曲が出て来るではないですか。先行オンエア曲以外は一切試聴を聴かずに、届いたアルバムで初めて聴きましたからその驚きは激しかったです。
1曲目「你為什麼說謊」はデビューアルバムの「離家出走」を思わせる今までのディンダンの延長のような曲で、後半のうなりが胸を打ちます。しかし、今まではそのあと1曲目を超える曲が出てこなかったので、なんとなく同じパターンかなと思いつつ聴いていると、2曲目「花火」は五月天の阿信とのデュエットで、阿信が書いたとは思えないおしゃれなメロディが聞こえてきます。1979年に「私のハートはストップモーション」という早過ぎたニューミュージックがありましたが、ちょっとそれを思わせる16ビートがかった軽やかな曲です。ここでちらっと「イルカの音」ホイッスルボイスを聞けますが、今回はほかには出てこないのがちょっと残念です。
ding-dang04-01次に出てくる表題曲「夜貓」が今回の売りの曲だったようですが、面白い曲ですねえ。音も凝りに凝っています。前回から出て来たダンス系の曲で、今回ディンダンは猫耳を付けてあらぬ方向へと向かっています。このアルバムにはもう1曲「半帶電」もダンスで、こちらもステージではセクシーなダンスを踊っているようです。これもディンダンのひとつの顔になっていくのでしょうか。
次々面白い曲が出て来ます。「他說你沒用」はMagic Powerというヒップホップ系のバンドとのコラボです。1stでも1曲ヒップホップをやっていましたが、ディンダンはこのあたりが好きなのかも知れません。
次の「全世界不懂無所謂」はロックですが、このわざと音を外した気だるい歌い方がうまいですね。このあたりでディンダンのボーカルセンスを感じます。
今回は何曲かロック色も出て来て、それらは朱敬然 (チュウ・ジンラン) というプロデューサーによるものと思われます。10曲目の「可惜了」もディストーションギターを前面に出したヘビーロックで、今までのディンダンにはなかった曲です。
バラードとしては、「我愛他」は今までのディンダンらしい曲で、なかなかいいメロディです。こういう曲はC-POPとしては外してはならない曲でしょう。「親人」もしっとりと沁みてきます。
「突然想愛你」はベテラン周華健 (エミール・チョウ) とのデュエットです。このオヤジは楽しそうに音楽をやる人で、ディンダンも楽しそうに歌っています。
ラストの「長大」も1曲目に匹敵する歌い上げバラードで、とてもいい曲です。
アルバムに統一感がないと言うのはC-POPでは当り前のようですので、それはとやかく言いません。それを前提にすれば面白い曲ばかりでまとまっています。ディンダン本人だけでなく、音も凝りに凝っていて気合いが入ったアルバムてす。
毎回ディンダンのアルバムで書いていますが、「I Will Always Love You」をステージで歌ったものを聴いてしまうと、まだあと一歩と言う感じもしますが、やっとディンダンの顔が見えてきたという感じがします。また次回に期待です。

C-POPの王道はバラードだと言われてきましたが、最近私が聴いている範囲ではバラード率が下がってきているように思えます。と言ってもやはりヒットするのはバラードなんですね。KKBOXの試聴ランキングを見ても、上位に入っているのはほとんどバラードで、ディンダンも「夜猫」発売から20位内に今も入っているのは「我愛他」「你為什麼說謊」で、表題曲の「夜貓」や「他說你沒用」は1度も20位内に入らず、今はずっと下のほうにあって、前回のアルバムのバラード「猜不透」に抜かれています。作り手もそろそろバラードばっかりに飽きてきているようにも思えますが、世間はそうはさせてくれないようで、バラードの王道は続いているようです。

ディンダンは大陸でもどんどん人気が出ているようで、特に今までのアルバムに歌いやすいバラードが多かったせいかカラオケでよく歌われるそうです。「カラオケ女王」の梁静茹 (フィシュ・リョン) の後継者だと一部で言われているようです。


丁噹 公式ブログ
相信音楽公式サイト - 丁噹紹介ページ
相信音樂 YouTubeチャンネル



丁噹 dīng dāng ディンダン (発音→)

丁噹 全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 丁噹 ディンダン 台湾女性歌手 大陸出身 CDレビュー

「夜猫」9月29日現地発売。

Della-00前回の「我愛上的」から1年2ヶ月ぶりです。
すでに先行曲「花火」と「我愛他」のフルMVが出ています。
KKBOX「花火」
KKBOX「我愛他」

「花火」は前回に引き続き五月天 (メイデイ) の阿信とのデュエット曲で、おしゃれなさわやかPOPですね。今回はほかに、ベテラン周華健 (エミール・チョウ) とのデュエットも入っています。

国内でも予約を開始しています。
夜猫 - ディンダン 丁當 - HMV

曲目など詳しい情報は中国語ですがこちらで。
博客來音樂館>丁噹 / 夜貓 …こちらは現在まだ予約開始ではなく、開始の通知をもらう状態になっています。

今までのディンダンの2枚のアルバムは、全然悪くはないのですが、私には何か物足りないというか、聴いていると「ディンダンはもっと歌えるはずだ」という気がして、常に「次に期待」という感じでした。さて今回はどうでしょう。


デビューに関する余談
前回のアルバムのことを書いて以降に知ったことですが、ディンダンは大陸出身で、大陸のパブで歌っているところを台湾のプロデューサーにスカウトされたそうです。前に書きましたが、ディンダンはスカウトされてから台湾でデビューするまで4年もかかっています。1stアルバムに入っている黃曉明 (ホァン・シャオミン) との大陸時代劇の主題歌のデュエット曲は、スカウトから2年目に録音されたものです。どうしてデビュー前に大陸からそんなものが出たのか疑問でしたが、そのときはまだ台湾でのデビューのメドが立たず、大陸で細かい仕事をしていたのだと思います。

相信音楽公式サイト - 丁噹紹介ページ

丁噹 次の記事へ
丁噹 全記事へ

関連記事


テーマ : 台湾ポップス - ジャンル : 音楽

タグ : 丁噹 ディンダン 台湾女性歌手 大陸出身